眼精疲労に効果的!目に優しいデスクライトおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

なかむらひろこ

建築・インテリアの仕事に10年以上たずさわったあと、経験を活かしたライティングをしています。
インテリアコーディネーターの資格あり。お好みのインテリアへの一歩を、サポートできればうれしいです。

    選び方のポイント

    • 十分な明るさがある
      →一番重要な機能は、十分な明るさで手元を照らすこと。
    • まぶしくない
      →光源が見えないデザインになっているか、光源の向きを変更できるかが重要。
    • 光の色が適切である
      →演色性は、Ra100を最大に数値が大きいほど自然光に近い色になり、目への負担が減る。
    • デスクに明るさのムラがない
      →ライトが当たっている明るい面と、当たらない暗い面との差が少ないほど目に優しい。
    デスクワーク 眼精疲労

    勉強や仕事、読書をするときに手元を”正しく”照らせば、眼精疲労をおさえることができます。
    目に疲れを感じなければ、集中でき、効率もあがるもの。
    では手元を照らすデスクライトは、どのようなものを選べば目に優しいのか知りたいですよね。
    デスクライトにはさまざまなタイプがあり、照明器具に使われる特有の単位などもわかりにくく、選ぶときに迷ってしまうこともあるでしょう。

    そこで本記事では、どのようなデスクライトが目に優しいのかをわかりやすく解説します。
    タイプ別のおすすめ器具もランキング形式で紹介するので、チェックしてみてください。

    目に優しいデスクライトの選び方

    ① 十分な明るさがある

    スマホ タブレット

    デスクライトとして一番重要な機能は、十分な明るさで手元を照らすことです。
    明るさを確保すれば、目も疲れにくく、作業に長く集中できます。

    この明るさを表す単位は種類が多く、比較が難しく感じる部分。
    一般的に白熱球や蛍光灯は、40Wや60Wという消費電力の数値で、明るさをイメージします。
    例えば、40Wの電力を使用すればこの程度の明るさだと判断できます。

    LEDライトは消費電力が少なく、40W相当の明るさであっても40Wも電力を使用しません。
    消費電力では明るさを表せないため、LEDの明るさは光の束 lm(ルーメン)という単位で表します。
    具体的には、LED485lm以上が電球40W相当の明るさです。

    ほかに明るさの基準として、lx(ルクス)という単位も使われます。
    ルーメンはLEDライトそのものの明るさで、一方ルクスは照射された面の明るさです。
    照射された面とは、実際に作業する机上面の明るさです。
    デスクライトに近いほど明るくなりますから、一般的に光源から30cmと50cmの位置で明るさを表示します。
    勉強や読書に必要な明るさは、光源から30cmの面で500lxが目安です。

    ② まぶしくない

    デスクライト

    明るいデスクライトであっても、LEDライトが直接目に入りギラギラとまぶしくては目が疲れてしまいます。
    光源が見えないデザインになっているか、光源の向きを変更できるかが重要です。

    明るさの調節ができると、まぶしさを軽減できます。
    特に眼精疲労の原因とされるディスプレイへの映り込みには、調光機能が有効です。

    ③ 光の色が適切である

    デスクライト

    人は太陽の光で物を見るときが、もっとも無理なく色を認識できます。
    どれだけ自然光に近いかを表す数値が演色性です。
    演色性は、Ra100を最大に数値が大きいほど自然光に近い色になり、目への負担が減ります。
    デスクライトの演色性は、Ra80以上がよいでしょう。

    ほかに、色温度という基準があります。
    例えば白熱電球の光はオレンジ色、蛍光灯は青白く見え、これを色温度としてあらわします。
    オレンジがかった光は色温度が低く、リラックスしたいときに使うと効果的。
    逆に白い光は色温度が高く、活動的な色となり勉強などに適しています。
    色温度が変更できるデスクライトは、集中と休憩を効率よく切り替えることが可能です。

    ④ デスクに明るさのムラがない

    デスクワーク 夜

    デスク上のライトが当たっている明るい面と、当たらない暗い面との差が少ないほど目に優しくなります。
    そのため点光源のライトより、長方形などの光源の幅が広いタイプの方が、デスクの上を広く照らすことができ、おすすめです。

    またデスク上だけでなく、部屋全体の明るさのムラもおさえれば、さらに眼精疲労を減らせます。
    部屋の照明をつけたうえで、デスクライトを使用することが大切です。

    【こちらもCHECK】デスク周りに関連するおすすめ記事はこちら

    卓上カレンダーおすすめ人気ランキングTOP15!かわいいカレンダーも紹介【2018年最新版】

    2018.07.01

    ブックエンドおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれな木製のものも【2018年最新版】

    2018.07.01

    ペン立ておすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.31

    目に優しいデスクライトの最安値と価格帯の特徴一覧

    価格は1,100円程度から12,000円を超えるものまで幅広くあります。
    LEDランプのデスクライトも以前より価格が下がり、機能も充実して購入しやすくなりました。
    価格の違いは、明るさや調光などの機能面、素材と可動部品でおもに決まります。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約1,100円~3,000円~5,000円約6,000円~
    特徴クリップ式の軽量タイプが多い。
    調光はできない、または3段階程度。
    LEDライトの個数が少なく、明るさが足りないものも。
    3段階や無段階調光。
    色の変更などの機能つき。
    複数個のLEDライトを並べた面による光源。
    大手メーカー商品が多い。
    アームの可動部分が多く、光源を自由に動かせるため、机上を平均的に明るくできる。
    機能もひと通りそろっている。

    クランプ式の目に優しいデスクライトおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはデスクライトのタイプ別に、それぞれのランキングTOP3を紹介します!
    目への優しさのほか、機能や明るさ、価格のバランスがよいものを上位に選んでいます。

    最初のランキングは、クランプ式のデスクライト。
    クランプとは、机に固定するためのネジがついたコの字型の金具です。

    クランプ式は机にしっかり固定できるため、アームの可動範囲が広いものが多く、光源を希望通りの位置にもってくることが可能です。
    また、クランプ部分がコンパクトなので机を広く使うことができます。

    注意点は、壁や本棚にぴったり机がついている箇所には、クランプを取りつけられないこと。
    挟むことができるサイズが決まっているため、机などの厚さや形状の確認が必要です。

    3位 パナソニック LEDデスクスタンド

    パナソニック LEDデスクスタンド
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW33.8cm×アームH(11.1+36.0)cm
    重量:1.2kg
    消費電力:13W
    明るさ:427lm
    演色性:Ra85

    パナソニックのデスクライト。
    アームの可動部分が6か所あるため、思い通りの位置に光源を移動して照らせます。
    また低い位置で平行移動しても、バランスがとりやすく、光源部分を平行に保つことが可能。

    調光は5段階で、パソコン画面への映り込みも調整できます。

    くっきり読みやすいので、(公社)日本PTA全国協議会の推薦商品に認定されています。
    (公社)日本PTA全国協議会とは、「小学校および中学校におけるPTA活動を通して、わが国における社会教育、家庭教育の充実に努めるとともに、家庭・学校・地域との連携を深め、青少年の健全育成と福祉の増進をはかり、社会の発展に寄与する」ことを目的とした社会教育団体です。

    【こちらもCHECK】パナソニック LEDデスクスタンドのレビュー動画はこちら

    2位 KOIZUMI LED モードパイロットスリムアームライト

    KOIZUMI(コイズミ) LED モードパイロットスリムアームライト
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW70.3cm×アームH(32.0+29.5)cm
    重量:1.7kg
    消費電力:17W
    明るさ:1134lm
    演色性:Ra85

    照明器具や学習机などの家具メーカーのデスクライト。
    セードの幅が70.3cmあるので、机上面を広く照らすことができます。
    また用途にあわせて休憩モード・勉強モード・計算モードがあり、それぞれのモードにあった色と明るさが、ボタン操作で簡単に変更可能です。

    セードの角度を変えることができ、左右から光が届くので手の影もできにくく、まぶしさも軽減されます。
    毎日の勉強に負担のない十分な明るさがあり、特に子供の学習に適したデスクライトです。

    【こちらもCHECK】KOIZUMI LED モードパイロットスリムアームライトを紹介している動画はこちら

    1位 デスクライト PHIVE LED

    デスクライト PHIVE LED
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW34.5cm×アームH(41.5+41.5)cm
    重量:1.34kg
    消費電力:10W
    明るさ:500lm
    演色性:Ra85

    スリムなクランプ式で、高い位置から広範囲を照らすことができます。
    3か所の可動部分により、アームの動きもスムーズ。
    光源を平行にたもてるため、机上を平均的に明るくすることが可能です。

    タッチスイッチによる無段階調光はもちろん、メモリ機能も搭載されていて好みの明るさを再現できます。

    演色性もRa85と自然の光に近いので、色の確認をする作業にも向いています。
    やわらかい光は、目がチカチカしないので文字が読みやすく、長時間の読書や勉強も快適です。

    卓上式の目に優しいデスクライトおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは、卓上式の目に優しいデスクライトのランキングTOP3を紹介します!

    卓上式は、ライトのアームを支える部分がプレート状のものです。
    デスクの上に置くだけで設置でき、移動も簡単。
    作業にあわせて左右に置く場所を変えたり、アームを動かし手元に光が集中するように置いたりもできます。
    目に優しい機能もそろい、選択肢が多いタイプです。

    3位 LEDデスクライト exwell

    LEDデスクライト exwell
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW23cmxアームH40cm
    重量:739g
    消費電力:4W
    明るさ:400lm
    演色性:Ra80以上

    スマートなデスクライト。

    LEDライトが面光源となり、デスク上の明るさのムラが少なくなり、目が疲れにくく快適に使用できます。
    タッチパネルの無段階調光により、必要な明るさに調整が可能です。

    アームは、360度自由に動かせるので、グネグネ曲げて高さも角度も自由自在。

    USB給電による充電式のためコードレスで使用でき、ノートパソコンとともに移動して使う場合にも便利です。

    2位 KOWA 高効率LEDデスクライト

    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:W3.5cm×D46cm×H43.5cm
    本体重量:1.4kg
    消費電力:6.7W
    明るさ:1500lx(40cm)
    演色性:Ra80以上

    光源部分の拡散シートが、まぶしさをおさえてくれます。
    アームが6軸可動と多く、欲しい場所に明かりを届けることができます。

    明るさも十分あり、調光は4段階または無段階で変更可能です。
    スイッチを入れたときに、急にぴかー!っと明るくなりまぶしくないように、少しずつ明るくなります。

    1位 デスクライト TaoTronics LED

    デスクライト TaoTronics LED
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:W33cmxD18cmxH40cm
    重量:1.29kg
    消費電力:12W
    明るさ:410lm
    演色性:Ra93以上

    シンプルなデザインが印象的なデスクライト。
    細長い光源は、デスクの上を広い範囲で明るくしてくれ、目に優しくデスクワークに適しています。

    タッチセンサーの調光は、視覚的にわかりやすく明るさ調整も簡単。
    ヘッドの向きやアームの角度も変えられるため、まぶしさをおさえて、手元を確実に照らせます。

    また演色性がRa93以上と、ほぼ自然光で物を見ている感覚で机上を照らせる特徴があります。
    集中やリラックスなど5つの色温度のモードを備え、全体的にバランスがよいデスクライトです。

    【こちらもCHECK】デスクライト TaoTronics LEDのレビュー動画はこちら

    【こちらもCHECK】ライト・照明に関連するおすすめ記事はこちら

    クリップ式の目に優しいデスクライトおすすめ人気ランキングTOP3

    次はクリップ式の、目に優しいデスクライトのランキングTOP3を紹介します!

    クリップ式は、テーブルをはさんで固定するタイプのデスクライト。
    本体が軽いものやコードレスが多く、手軽に持って移動できます。
    ベッドのヘッドボード部分にはさむことで、寝る前の読書灯としても利用可能。
    はさむだけなので光源の向きを変えようとするとずれたりして、安定感はあまりありませんが、補助ライトとしては優秀です。

    3位 Catalast LED クリップライト

    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW15.5cm×アームH30cm
    重量:36.3g
    消費電力:5W
    明るさ:200lm
    演色性:Ra80

    自然光に近い色で、ちらつきも防止する目に優しいデスクライトです。
    フレキシブルアームはゴム製で自由度が高く、クリップで挟まずにそのまま置いて卓上タイプとしても使用できます。
    色温度も3段階に変更でき、調光もでき機能も充実。
    充電によりコードレスで使え、手元に明かりが欲しいときに役立ちます。

    2位 Wsky LEDデスクスタンド

    Wsky LEDデスクスタンド
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:W11cmxD5.5cm×H42cm
    重量:200g
    消費電力:2.8W
    明るさ:500lx
    演色性:明記なし

    アームはグネグネと自由に形を変えることができ、手元に影を作りません。
    クリップは滑り止めつきで、最大6.5cmまで挟むことができ、そのまま置くことも可能です。
    USBによる充電式で、明かりが必要な場所に気楽に移動できます。

    自然光に近い光で、ちらつきも少なく目に優しい仕様になっています。
    タッチセンサーで3段階の調光が可能です。

    1位 クリップライト HHZR04 デスクライト

    クリップライト HHZR04 デスクライト
    明るさ(ルーメン)
    調光
    角度調節機能
    総合おすすめ度

    サイズ:セードW24cm×アームH40cm
    重量:480g
    消費電力:8~10W
    明るさ:700lm
    演色性:明記なし

    クリップタイプは充電タイプが多いですが、こちらはACアダプタータイプで明るさが十分あります。
    アームも自在に動き、光源部分の幅が24cmありますので、広い範囲を明るくすることが可能です。
    調光は10段階、色もリラックス・読書・スタディの3モードに変更でき機能も充実。
    デスクライトとして勉強に使用できるほか、ベッドわきの読書灯、お部屋の補助ライトとしても幅広く利用可能です。

    Amazon&楽天のデスクライト人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    目に優しいデスクライトを使ってワークに集中しよう

    デスクライト


    眼精疲労は、肩こりや頭痛など、体の不調につながることがあるので注意が必要です。
    長時間集中する必要があるのか、短時間だけ手元を明るくするすればよいのかでも選ぶデスクライトは変わります。
    使用目的にあった上質な明かりを選び、効率よく集中できる環境をつくりましょう。

    【あわせて読みたい】インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

    間接照明おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.29

    ポールハンガーおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.08.18

    木製スツールおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.15

    キャスター付きサイドテーブルおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.10

    ペットボトル加湿器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.07.02

    ABOUTこの記事をかいた人

    なかむらひろこ

    建築・インテリアの仕事に10年以上たずさわったあと、経験を活かしたライティングをしています。
    インテリアコーディネーターの資格あり。お好みのインテリアへの一歩を、サポートできればうれしいです。