タイプ別モニターアームおすすめ人気ランキングTOP15!デュアルモニターから27インチ以上対応品も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

藤堂泰寛

元IT管理部

サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 固定方法で選ぶ
      →大きく3種類ある固定方法のうち壁設置型やグロメット式は壁や机に穴をあけることになるので必ず確認する。
    • 取り付けるためのねじ穴の規格を確認する
      →27インチ以上の液晶モニターを使用する場合は通常の規格と合わないことがあるので必ず確認する。
    • 可動域と耐久性を確認する
      →可動域が足りなかったり最大重量をオーバーしていると使用できないので必ず確認する。

    今回はデスクトップパソコンの画面表示に使用される液晶モニターを、自在に動かすことができる「モニターアーム」についてご紹介します。
    モニターアームとは、液晶モニターの角度や位置をユーザーが望む位置や角度に調整できるパソコン周辺機器の1つです。
    液晶モニターは液晶テレビと同じく、置いた場所から動かすことはほとんどない機器ですが、モニターアームによってパソコンライフにどのような変化がもたらされるのでしょうか?

    本記事でモニターアームの基礎知識とメリット、そしておすすめの商品について見ていきましょう。

    目次

    モニターアームとは?

    FLEXIMOUNTS ガススプリング式液晶ディスプレイアーム モニターアーム 4軸 10-27インチ 1.5-5kg対応 M01…

    FLEXIMOUNTS ガススプリング式液晶ディスプレイアーム モニターアーム 4軸 10-27インチ 1.5-5kg対応 M01…

    モニターアームはパソコン周辺機器のなかでもマイナーな機器です。
    外観は上記の画像の様になっており、デスクや壁に固定して液晶モニターを動かすことができます。
    では、モニターアームでできることと、そのメリットについて見ていきましょう。

    モニターの位置調整が自由自在

    エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026
    エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026

    モニターアームは液晶モニターを立体的な空間で自由に動かすことができます。
    平面的な移動だけではなく、上下にも移動させることができるため、ユーザーの見やすい位置に固定できるのです。

    特に連日長時間パソコンを使用する方にとって、液晶モニターの位置は目・首・肩の疲れに直結します。
    適切な位置に移動させることで、これらの疲れを軽減させることが可能です。
    また、パソコンを使用するときに液晶モニターを引き出し、書類などを書く際は奥に移動させておくなど、デスク上の空間を快適に使うことができます。

    また、モニターアームは液晶モニターを移動させるだけでなく、回転させることも可能。
    動画などの映像を見る場合は横長の画面でいいのですが、問題は文章を読むときです。
    横長の画面は当然縦の長さが短いため、横書きの長文を見る場合は頻繁にスクロールする必要があります。

    しかし、文章を読むときに液晶モニターを回転し、画面を縦長にすればこの問題は解決します。
    1画面で多くの文章を読めるため、スクロールする回数も少なく快適です。

    この快適性を確かめてみたい場合は、スマホで簡単に同じことができます。
    文章が書いてあるwebページを開き、スマホを横に持って横長の画面で文章を見てみてください。
    たった数行しか画面に表示されないため、非常に読みにくくなります。

    液晶モニターは横長の画面が常であるため、普段はあまり気にしない点です。
    しかしモニターアームで液晶モニターを自在に動かすことで、よりユーザーが見やすい画面を表示させることができます。

    複数のモニターを搭載可能

    【九〇】液晶ディスプレイアーム デュアル モニターアーム 5軸(左右3軸、上下2軸)17~27インチ対応 クランプ式 グロメット式 (ダブル--2画面)
    【九〇】液晶ディスプレイアーム デュアル モニターアーム 5軸(左右3軸、上下2軸)17~27インチ対応 クランプ式 グロメット式 (ダブル–2画面)

    モニターアームの製品によっては、2つ以上のモニターを搭載し、自在に動かすことが可能です。
    液晶モニターを2つ以上使用する環境のことを「マルチモニター」や「マルチディスプレイ」と言いますが、液晶モニターの数が増えることで作業効率が飛躍的に増加します。

    最も効率が増す代表的な例は、資料を参照しながら文章を作成するときです。
    これは液晶モニター1台でも、それぞれのウインドウを交互に表示させれば作業はできます。

    しかし、液晶モニターが2台あれば片方に資料を、もう片方に原稿を表示させることで調べた画面を見ながら原稿を書くことが可能です。
    ウインドウを切り替えるといった億劫な動作を何回もする必要はなく、ちょっと調べたいことも隣の画面を見ればすぐわかります。
    面倒な操作を省略し、文書作成に集中できるため作業効率が飛躍的に向上するのです。

    この便利なマルチモニターも、本来はデスクのスペースを大きく占有するというデメリットがあるのですが、モニターアームがあれば問題はありません。
    デスク上のスペースは必要ありませんし、液晶モニターが1台で十分な場合は奥に移動させておくこともできます。

    デスクのスペースもすっきり!

    液晶モニターは自立できますが、自立部分の足は当然デスクのスペースを占有します。
    液晶モニターの製品によっては自立部分の足が大きいものもあり、その大きさは思った以上のものです。
    しかし、モニターアームは自立部分の足を必要とせず、デスク上の空間に液晶モニターを浮かせるため、その分のスペースを有効に活用することができるのです。

    広く占有されていた空間が開けるため、思った以上の開放感を得ることができます。
    何かと置き場に困るパソコン用スピーカーや、小物類の置き場所としても活用できるでしょう。

    さらに、自立部分の足がないため、デスクの掃除が簡単になるのもポイント。
    デスクの拭き掃除のため、重い液晶モニターをわざわざ持ち上げる必要もありません。
    空いたスペースに小物類を置いたとしても、液晶モニターがあるときに比べれば簡単に掃除ができます。

    モニターアームの取り付け方法は3種類!

    最もポピュラーなクランプ固定式

    1homefurnit液晶モニタアーム ディスプレイスタンド PCモニタアーム2画面 13-27インチ対応
    1homefurnit液晶モニタアーム ディスプレイスタンド PCモニタアーム2画面 13-27インチ対応

    上記画像の機器の下側についている「C字クランプ」でデスクの端に固定する方式です。
    モニターアームの固定方法としては最もポピュラーな方法になります。

    ただし、液晶モニターは軽いもので約3kg、重いもので10kg以上あるため、デスクの端への負担が大きい方法です。
    天板が強化ガラスでできたデザインデスクなどは、耐久力が足りないため使用することはできません。
    また、詳細は後述しますが、木製のデスクでも使用には注意が必要になる方法です。

    【こちらもCHECK】クランプ固定式の設置方法を解説している動画はこちら

    安定性抜群のグロメット式

    Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

    グロメット式はデスクの天板に穴を開けてボルトを通し、天板の裏から固定する方式です。
    デスクにあらかじめケーブルなどを通す穴があれば問題ないのですが、ない場合は自分で開ける必要があります。

    クランプ固定式に比べると制限が大きい方法ですが、固定する場所はデスクの隅ではないため大きな負担がかかりません。
    地震などの振動もそこまで大きな負担とはならず、安定性に優れた方法です。

    【こちらもCHECK】グロメット式の設置方法を解説している動画はこちら

    デスクのスペースを丸ごと使える壁設置式

    サンワダイレクト モニターアーム 壁面取り付けタイプ 3関節 ロングアームタイプ 耐荷重10kg 100-LA014
    サンワダイレクト モニターアーム 壁面取り付けタイプ 3関節 ロングアームタイプ 耐荷重10kg 100-LA014

    この方法はデスクではなく、壁にモニターアームを設置する方法です。
    デスクのスペースが完全に解放されるという大きなメリットがあります。

    ただし、この方法は壁にねじで固定するため、賃貸のアパートやマンションで用いるのは難しいでしょう。
    また、一度設置してしまうと簡単にデスクを移動できないというデメリットも抱えています。

    【こちらもCHECK】賃貸でもできる壁設置式の設置方法を解説している動画はこちら

    モニターアームおすすめのメーカー3選

    最高峰の性能を持つエルゴトロン

    エルゴトロン LX ウォールマウント モニターアーム 45-243-026
    エルゴトロン LX ウォールマウント モニターアーム 45-243-026

    ここからはモニターアームを取り扱っているおすすめの3つのメーカーを紹介していきます。
    まずはアメリカに本社を置く「エルゴトロン」です。

    このメーカーはモニターアームのパイオニア的存在であり、パソコン用の製品からプロが使用する医療用の製品まで幅広く取り扱っています。
    エルゴトロン製モニターアームが優れているのは耐久性とデザイン、そして最もモニターアームに求められる位置調整機能。

    モニターアームは滑らかに動き、ユーザーの移動させたい場所へ片手で簡単に移動可能。
    止めた場所にぴたっと止まり、液晶モニターの重さで動くこともありません。
    モニターアームの性能に関しては、最高峰のメーカーであると言っても過言ではないでしょう。

    他社の製品と比べると価格は高めというデメリットはありますが、性能で選ぶならばエルゴトロン製モニターアームがおすすめです。

    コスパに優れたLoctek

    ロックテックLoctek ガス圧式デュアルアーム 10-27インチモニタースタンドD5DH
    ロックテックLoctek ガス圧式デュアルアーム 10-27インチモニタースタンドD5DH

    Loctekはエルゴノミクスに基づいたモニターアームやデスクなどを取り扱っているメーカーです。

    エルゴノミクスとは人間工学とも呼ばれ、人間の自然な動きにあわせて機器を設計するための学問のこと。
    機器がユーザーにあわせるため、ユーザーは自然な姿勢を維持し、パソコン作業につきまとう首や肩への負担を軽減させてくれます。

    本メーカーの特徴はコストパフォーマンス。
    価格は格安というわけでもなく、エルゴトロン製より高くはありませんが、性能は価格以上です。
    エルゴノミクスにもとづいてデザインされたモニターアームは動かしやすく、少ない力でも簡単に動きます。
    Loctekの価格帯では、アームの高さ調整をねじで行うのが一般的ですが、Loctek製品は片手で調整が可能です。
    中価格帯で優れたモニターアームをお探しの方に向いているメーカーです。

    格安モデルといえばサンコー

    サンコー USBポート&オーディオコネクタ付き 4軸式ガスショックモニターアーム(シングル)
    サンコー USBポート&オーディオコネクタ付き 4軸式ガスショックモニターアーム(シングル)

    サンコーは秋葉原に本店を構える国内メーカーで、多くのパソコン周辺機器を取り扱っています。
    取り扱っているモニターアームは基本的に格安モデルです。
    モニターアームの価格は可動域に直結するため、サンコー製モニターアームの可動域はそれほど広くはありません。

    しかし、とりあえずモニターアームを触ってみたいという方におすすめできるメーカーです。
    製品数も多く種類も豊富にあるため、選択肢が多いというメリットもあります。

    モニターアームの3つの選び方

    ① モニターアームの固定方法をチェック!

    サンワダイレクト モニターアーム デュアルモニター対応 上下2台設置 クランプ固定 100-LA031
    サンワダイレクト モニターアーム デュアルモニター対応 上下2台設置 クランプ固定 100-LA031

    モニターアームの固定方法はユーザーの希望によります。
    デスクの上を広く有効に使いたいのならば壁設置式ですし、それ以外であればグロメット式かクランプ固定式です。
    ただし、壁設置式は住まいの環境の大きく左右されるため、賃貸の住まいであれば自然にグロメット式かクランプ固定式を選ぶことになります。

    最も安定性の高い固定方法はグロメット式ですが、この方法はデスクにボルトを通すための穴が必要であるという大きな制限があります。
    自分で穴を開けることも可能ですが、そのような加工を加えたデスクは後に売ろうとしても値段がつかないため、その点を十分考慮する必要があるでしょう。

    逆にクランプ固定式にはなんら制限がありません。
    よって、ほかの2種類をまず検討し、使用したくない場合や設置ができないのであればクランプ固定式を選ぶようにするとよいでしょう。

    ② VESA規格を確認

    VESA規格とは「液晶モニターをモニターアームに取りつけるためのねじ穴の間隔」のことです。
    この規格は27インチモニターまでであればそれほど意識する必要はなく、大抵は「75mm×75mm」または「100mm×100mm」です。

    多くのモニターアームは「75mm×75mm」「100mm×100mm」に対応していますが、これが違うとモニターアームに液晶モニターを搭載することができないため、必ず確認するようにしましょう。
    また、27インチを超える大型モニターの場合は上記の規格ではないことが多いため、新たに購入しようとしているモニターアームが、お使いの液晶モニターのVESA規格に対応できるかをしっかり確認してください。

    ③ 可動域と耐久性にも注目!

    グリーンハウス 液晶 モニターアーム 4軸 クランプ式 ガススプリング式 GH-AMCA02
    グリーンハウス 液晶 モニターアーム 4軸 クランプ式 ガススプリング式 GH-AMCA02

    モニターアームは液晶モニターを動かすための機器ですが、どの製品も自由に動かせるわけではなく、可動域が存在します。
    製品を選ぶ際にはこの可動域を確認するためにも、メーカーのサイトなどでしっかりと確認することをおすすめします。
    特に価格が安い製品に関しては可動域も狭いです。

    また、モニターアームは数kgある液晶モニターを丸ごと持ち上げて動かす機器。
    四六時中重いものを抱えることになるため、長期間愛用していくためにはモニターアームの耐久性も重要です。
    耐久性も可動域と同じく価格に比例する傾向にありますが、口コミなども参考になりますし、製品保証の長さも判断基準の1つになります。

    モニターアームの最安値と価格帯の特徴一覧

    モニターアームの価格は、およそ2,000~40,000円。
    売れ筋・人気の価格帯は約5,000~約20,000円であり、可動域と耐久性に優れた製品も数多くあります。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約2,000円~約5,000~約20,000円約40,000円~
    特徴可動域が狭い製品が多いです。可動域と耐久性に優れた製品も多く、コスパに優れた製品が多くあります。大型モニターを搭載できる製品が大半です。
    可動域、耐久性ともに優れています。

    モニターアーム(シングルタイプ)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはおすすめのモニターアームを以下の4つのランキングに分けてご紹介します。

    1. シングルタイプ
    2. デュアルタイプ
    3. 複数タイプ
    4. 大型モニター対応タイプ

    まずはシングルタイプのモニターアームランキングです。
    このランキングでは製品の「コストパフォーマンス」「可動域」「耐久性」に着目し、総合的に優れたものをランクインさせています。

    3位 サンコー MARMGUS192B

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:27インチまで
    • 荷重範囲:10kgまで
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式
    • 製品保証期間:1年

    ポールを中心とし、4軸アームでモニターを移動させるモニターアームです。
    前後の可動域は最大420mmあり、4軸のアームは折りたたむことも可能。

    また、アームはポールを中心に180度回転するため、モニターの横移動も自由自在です。
    アームにはケーブル配線クリップがついていますので、モニター関係のケーブル類をすっきり収納できます。

    【こちらもCHECK】サンコー MARMGUS192Bのレビュー動画はこちら

    2位 Loctek ガス圧式モニターアーム D9

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:10~27インチ
    • 荷重範囲:2.0kg~9.0kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:1年

    ガス圧式である本製品はモニターの重さによって固定強度の変更が可能。
    重いモニターでも位置が下がることなくしっかりと固定できます。

    また、モニターを360度回転可能なうえ、アームの関節部分も180度回転可能。
    動きもスムーズで、片手で簡単に位置調整が可能です。

    1位 エルゴトロン LX 45-241-026

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:34インチまで
    • 荷重範囲:3.2kg~11.3kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:10年

    本製品の特徴は優れた位置調整機能。
    アームは硬すぎずやわらかすぎず、モニターを自在に動かすことができ、ユーザーがモニターを止めたところにぴたっと止まります。

    10kgを超えるモニターを搭載しても、時間経過によって位置が下がることもありません。
    モニターアームができる当たり前のことにとことんこだわった製品です。

    耐久性にも優れているほか、万が一故障しても10年の長期保証が付属するため安心です。
    本製品はエルゴトロン製モニターアームのなかで最も人気があり、Amazonでは600件を超えるレビューがつく大人気商品となっています。

    ただし、34インチまでの大画面液晶モニターに対応していますが、VESA規格が大画面用のものに対応していないため、取りつけることができるモニターは限られる点には注意が必要です。

    【こちらもCHECK】エルゴトロン LX 45-241-026のレビュー動画はこちら

    モニターアーム(デュアルタイプ)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはおすすめのデュアルタイプのモニターアームランキングです。
    評価項目は上記のランキングと同様になります。

    3位 サンワダイレクト 100-LA025

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:34インチまで
    • 荷重範囲:2.0kg~10kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式
    • 製品保証期間:1年

    本製品はガスの圧力によって位置を固定するため、無段階で自由な位置に固定することができます。
    従来の製品ではねじによって高さの調整が必要であったため、椅子に座ったまま片手で自由な位置に固定できるガス圧力式は大変便利です。

    また、高さの移動や水平移動をはじめ、画面を180度回転させることも可能。
    液晶モニターを使わないときはアーム折りたたむこともできるため、デスクのスペースを広く使うことができます。

    2位 Loctek ガス圧式モニターアーム D9D

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:30インチまで
    • 荷重範囲:2.0kg~9.0kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:1年

    ガス圧によって液晶モニターの位置調整強度を調整できるモニターアームです。
    ガス圧で強力に固定するほど液晶モニターを簡単に動かすことができなくなりますが、逆に位置を強力に固定させることができます。
    可動域もこの価格帯にしては広く、コストパフォーマンスに優れた製品です。

    1位 エルゴトロン LX 45-248-026

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:24インチまで
    • 荷重範囲:18.1kgまで(モニター1台あたり荷重範囲3.2 〜 9.1 kg、ノートPC荷重範囲1.1〜5.4kg、最大総重量18.1 kg)
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:10年

    2台の液晶モニターを横に並べる以外に、縦に並べることができるモニターアームです。
    縦に2台並べることができるため、モニターの可動域も非常に広いという特徴があります。

    モニターアームに求められる位置調整機能も非常に優秀。
    片手でスムーズに動かすことができ、微妙な位置調整にも反応します。
    また、液晶モニターの重さで微動することがないため、視線が微妙にずれることによる首の疲れもありません。

    さらに、金属製のアームは高級感漂うデザイン性を持っており、耐久性も優秀で、経年劣化によって位置の固定が甘くなるということもありません。
    製品保証も10年間と非常に長く、長期間に渡って使用できるモニターアームです。

    モニターアーム(複数タイプ)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは3画面以上を搭載できる数タイプのモニターアームおすすめ人気ランキングです。
    評価項目は上記のランキングと同様になります。

    3位 グリーンハウス GH-AMCG03

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:32インチまで
    • 荷重範囲:液晶モニター1台あたり8.0kgまで
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式
    • 製品保証期間:1年

    最大4台の液晶モニターを搭載できるモニターアームです。
    高さ調整はねじによって調整する必要はありますが、4本のアームは水平移動させることができるため、4つの画面をあらゆる方向に移動させることが可能です。
    ただし、可動域はそれほど広くない点には注意が必要となります。

    また、対応しているモニターサイズは32インチまでですので、ある程度の大画面液晶モニターでも搭載可能。
    ディスプレイの取り付け部分は取り外すことができるため、重い液晶モニターを持ちあげながらねじ止めをする必要もなく、液晶モニターを簡単に取りつけることができます。

    2位 FACE8 モニターアーム F156

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:24インチまで
    • 荷重範囲:液晶モニター1台あたり8.0kgまで
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式
    • 製品保証期間:-

    本製品は液晶モニターを3台搭載することができます。
    位置調整は、中央のモニターは高さ調整と画面の360度回転、左右のモニターはアームによって自在に動かすことが可能です。

    中央のモニターはねじによって高さ調整をする必要がありますが、左右のモニターはガス圧によって調整します。
    よって椅子に座ったまま片手で位置を調整し、そのまま固定することが可能です。
    この価格帯のモニターアームにしては性能がよく、コストパフォーマンスに優れた製品です。

    1位 Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム D8T

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:30インチまで
    • 荷重範囲:液晶モニター1台あたり9.0kgまで
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:10年

    3台の液晶モニターを搭載できるモニターアーム。
    中央のモニターは高さのみの調整ですが、左右のアームの可動域は広く、液晶モニターを360度回転させることも可能です。
    また、左右のアームはガス圧によって位置固定の強度を調整できるため、重い液晶モニターでも強力に位置を固定できます。

    さらに、液晶モニターの接続ケーブルや電源ケーブルはアームに収容することが可能。
    ケーブルで乱雑になりがちなデスク周りをすっきりさせることができます。

    モニターアーム(大型モニター対応タイプ)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは大型モニターに対応したモニターアームのランキングです。
    評価項目は上記のランキングと同様になります。

    3位 Timerninety JLRY-XSQZJ

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:35インチまで
    • 荷重範囲:9.0kgまで
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)
    • 固定方法:クランプ固定式
    • 製品保証期間:-

    本製品は35インチまでの大型液晶モニターに対応した製品です。
    このモニターアームは液晶モニターとともに、キーボードまで移動させることが可能。
    座って作業をするときはデスク上にキーボードを置き、立って作業する場合はキーボードを浮かせて使用することができます。

    また、液晶モニターとキーボードの間にはスマホや手帳を置けるミニラックを搭載。
    自立部分の足には充電用のUSBポートも搭載されているため、ミニラックに置いたスマホなどを充電するのに便利です。

    2位 エルゴトロン HXデスクモニターアーム  45-475-026

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:42インチまで
    • 荷重範囲:9.1~19.1kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)、MIS-E(200x100mm)、MIS-F(200x200mm)に対応。
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:10年

    本製品では42インチまでの大型液晶モニターを搭載できます。
    42インチともなると、重量も非常に重いですが、本製品は問題なくモニターを移動させることが可能。
    可動域も広く、ユーザーが止めた場所に止まり、重さによってモニターが下に移動することもありません。
    ただし、デスクにかかる荷重は非常に大きいため、木製デスクなどに設置する場合は注意する必要があります。

    1位 エルゴトロン MX 45-214-026

    コストパフォーマンス
    可動域
    耐久性
    総合
    • 対応モニターサイズ:30インチまで
    • 荷重範囲:6.3kg~13.6kg
    • VESA規格:MIS-D(75x75mm、100x100mm間隔のVESA)、MIS-E/MIS-C(200x200mm)
    • 固定方法:クランプ固定式、グロメット式
    • 製品保証期間:10年

    本製品は30インチまでの大型液晶モニターに対応。
    また、荷重範囲が13.6kgまでと非常に広く、多くの大型液晶モニターを搭載することができます。

    本製品の特徴は耐久力。
    エルゴトロンならではの位置調整機能を大型液晶モニターで実現するため、従来の製品よりも耐久性が高められています。
    その分アームの長さは従来の製品より短くなっていますが、それでも可動域は広いです。
    重い大型液晶モニターを搭載しても動きは滑らかで、位置をしっかりと固定できます。

    モニターアームの使用上の注意点

    モニターアームを使用する際に注意したいのは、デスクにかかる負荷です。
    普段使用している場合は問題ありませんが、地震の揺れには注意が必要となります。

    地震によってデスクが揺れると、モニターアームに設置されている液晶モニターも揺れるため、設置部分であるデスクに通常以上の負荷がかかります。
    グロメット式ではそれほど問題はありませんが、クランプ固定式の場合はデスクの端に固定するため、揺れの大きさによってはデスクの天板を破壊してしまう場合があるのです。

    地震はいつくるかわからないため、設置時に対策する必要があります。
    天板が金属製の場合は対策する必要はありませんが、木製デスクの場合は下記の様な補強器具があればデスクにかかる負担を大幅に軽減できます。

    Amazon&楽天のモニターアーム・スタンド人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    画面が動くことの快適性を味わおう!

    今回はモニターアームについて説明してきました。
    液晶モニターの画面をあらゆる位置に表示できることは、パソコンでの作業効率を高めることにつながります。

    また、いままで経験しなかった位置に液晶モニターを配置し、動画などを鑑賞するのもよいでしょう。
    位置が違うだけでいつもとまったく異なる雰囲気で動画を楽しむことが可能です。
    どこにでも画面を表示できるという1つの自由を得るだけで、パソコンライフをさらに楽しいものにすることができます。

    【あわせて読みたい】おすすめのパソコン周辺機器を紹介している記事はこちら

    ゲーミングマウスおすすめ人気ランキングTOP9!無線・有線の違いやDPIの調整についても【2018年最新版】

    2018.10.19

    トラックボールおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.05

    外付けDVDドライブおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.09.04

    タイプ別液晶ディスプレイ(液晶モニター)おすすめ人気ランキング【2018年最新版】

    2018.08.31

    メカニカルキーボードおすすめ人気ランキングTOP10!軸や掃除方法も解説【2018年最新版】

    2018.08.15

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤堂泰寛

    元IT管理部

    サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
    パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。