穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

魚川 一之助

大の釣りマニア

小学生の頃から釣りが大の趣味で、エサ釣りからゲームフィッシングまで幅広い釣りを楽しんでいます。
なるべく丁寧で分かりやすい説明を心掛けていきますので、お役に立てれば幸いです。

    選び方のポイント

    • タイプごとの特徴の違い
      →ベイトリールはパワフルで最大巻き上げ長も長い一方、重量があるのが特徴。両軸リールは価格の面でベイトリールにまさっている。
    • ラインキャパシティー
      →使用する道糸を50m程度巻けるラインキャパシティーを設定している穴釣り用リールが最適。

    リール ライン


    穴釣りは消波ブロックの隙間にある穴に潜む魚を狙って釣るもので、基本的なタックル(釣り具)で楽しめる手軽さが魅力。
    ただしリールやロッドなどの選び方は非常に重要で、釣果に与える影響も大きくなります。
    この記事では穴釣り用リールにスポットを当て、選び方のポイントや使用上の注意点などについて解説しながら、おすすめ人気ランキングTOP6をご紹介します。

    穴釣り用リールの基礎知識について

    穴釣り用リールのタイプ(種類)は?

    消波ブロック 穴釣り

    一般的な釣りにおいて用いられるスピニングリールは、道糸を放出したり巻き取ったりするときにスプール自体は回転しないタイプ。
    操作は容易なのですが、スプールが回転しないので道糸の微妙な調節はしにくいという欠点があります。
    穴釣りでは道糸の微妙な操作を行う機会が多いため、スピニングリールは不向き。
    よってスピニングリール以外のリールのなかから、穴釣りに適した2種類のリールを取り上げ、それぞれの特徴を取り上げていきます。

    ① ベイトリール

    プロマリン(PRO MARINE) ベイトリール MC100 ミラクルキャスト 3号-150M 糸付

    プロマリン(PRO MARINE) ベイトリール MC100 ミラクルキャスト 3号-150M 糸付

    ベイトリールとは、スプール自体が回転して道糸を出し巻きするタイプのリールで、ブレーキシステムを搭載したもの。
    道糸を少しだけ出したり巻いたりする操作を行うことができ、道糸を巻き上げる際のパワーや速度も優秀です。
    特に大型の魚が掛かった場合や、素早い仕掛けの回収が求められる場面では重宝するでしょう。
    ただしベイトリールは重量があるところが欠点。
    穴釣りでは、ロッドを手で持ってアタリを待つことも多いので、リールの重さは注意したいポイントです。

    ② 両軸リール

    AOTSURI(アオツリ) リール 穴釣り 糸付ベイトリール 釣りライン付け ゴールド

    AOTSURI(アオツリ) リール 穴釣り 糸付ベイトリール 釣りライン付け ゴールド

    両軸リールは、スプール自体が回転するリールのうち、ブレーキシステムを搭載していないもの。
    ベイトリール同様道糸の細かな操作性に優れているのが特徴で、穴釣りでは小型のものが使われます。
    前述のベイトリールに比べて軽量なので、手持ちスタイルの穴釣りでも腕への負担はわずか。
    価格面でも同グレードのベイトリールと比較すると安価なので、初めて穴釣りに挑戦するという方にもおすすめです。
    欠点は道糸を巻き上げるパワーが弱く、大型の魚が掛かるとハンドルがもろに重くなること。
    ハンドル1回転ごとのライン巻き上げの長さも少なめなので、素早く障害物から魚を引き離したい場面では、それなりの速度でハンドルを回転させることが求められます。

    【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    穴釣り用リールの人気メーカーは?

    ベイトリール


    現在、多くのタックルメーカーが各種のリールを発売していますが、穴釣りに特化されたリールはほとんどありません。
    基本的には汎用性が高いタイプのリールのなかから、穴釣りに適したものを選んで流用する形となります。
    ここでは穴釣りに使うことができるリールを製造しているタックルメーカーを、大手とそれ以外に分けてご紹介します。

    大手タックルメーカーは?

    SHIMANO(シマノ) WH-RS81 リムステッカーUT Y49H98020

    SHIMANO(シマノ) WH-RS81 リムステッカーUT Y49H98020
    日本における2大タックルメーカー、「シマノ」と「ダイワ」。
    いずれも、穴釣りに使える高品質なベイトリール、両軸リールを製造しています。
    しかしベイトリールは一番安いものでも5,000円台であるため、タックルの破損が起こりやすい穴釣りで使うには惜しいかもしれません。
    なので大手メーカーのリールを穴釣りで使用したい場合は、両軸リールを選ぶのが現実的。
    シマノ製とダイワ製の釣り具は、性能や特徴に大きな違いがみられることが多いのですが、設計が単純な小型の両軸リールについては性能や特徴の差異は微々たるもの。
    価格も大差なく、どちらを選んでも大外れすることはないでしょう。

    【こちらもCHECK】シマノとダイワ製品のリールを紹介している記事はこちら

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.27

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    そのほかのタックルメーカーは?

    ファイターミニDX 色アソート

    ファイターミニDX 色アソート

    大手メーカー以外の国内メーカーでおすすめなのは、「浜田商会(「プロマリン」ブランド)」。
    穴釣りで使用可能なベイトリールと両軸リールとの両方を製造しており、入門者が手に取りやすい価格設定が魅力となっています。
    これ以外のメーカー品も多く存在しますが、使用中にいきなり分解してしまうような粗悪品もあるので注意してください。
    予算が許す限りは、大手タックルメーカーの製品を選んだほうがいいかもしれません。

    穴釣り用リールを初めて買うならここを必ず押さえよう!

    ① タイプごとの特徴の違い

    TAKAMIYA(タカミヤ) リール H.B concept 糸付小型リール パワーミニットII ブルー

    TAKAMIYA(タカミヤ) リール H.B concept 糸付小型リール パワーミニットII ブルー

    前述した通り、ベイトリールと両軸リールとでは特徴が異なります。
    ベイトリールは道糸の巻き取り力がパワフルで最大巻き上げ長も長い一方、重量があるのが特徴。
    そのため手持ちスタイルの穴釣りにおける長時間の使用には向かず、消波ブロックや堤防の上にロッドを置いてアタリを待つ場合や、水深が深くて大物が掛かることが予想される場合により活躍してくれるでしょう。
    対する両軸リールは価格の面でベイトリールにまさっているので、穴釣り入門者が初めて穴釣り用リールを購入するのに適しています。
    軽量で道糸の巻き取り力やスピーディーさには欠けますが、手持ちスタイルの穴釣りに活躍するでしょう。

    ② ラインキャパシティー

    釣り 糸


    穴釣りでは、使用する道糸を50m程度巻けるラインキャパシティーを設定している穴釣り用リールが最適。
    仕掛けをキャストする釣り方ではないので、長すぎるラインはムダになってしまうでしょう。
    またヨレにくいPEラインではなく、ヨレやすいナイロンラインやフロロカーボンラインが適当なので、長期間リールに巻いたままにしておくことは望ましくありません。
    少量の道糸を頻繁に交換していく使い方がベストでしょう。

    穴釣り用リールの上級者目線の選び方を解説!

    最大巻き上げ長が長い穴釣り用リールが望ましい

    メジャー 採寸


    穴釣りは、水中の障害物の陰に隠れて生活している根魚類をメインターゲットにしています。
    根魚類に奥深いところにがっしりと張りつかれてしまうと取り込みがほぼ不可能になってしまいますので、魚が掛かったら素早く道糸を回収し、迅速に障害物から魚を引き離さなければなりません。
    そのためリールの最大巻き上げ長が、魚のキャッチ率を大きく左右する重要な要素です。
    前述したように、両軸リールは構造上の理由から最大巻き上げ長が短く、最長でも40cm前後が限界。
    かたやベイトリールは、両軸リールの2倍以上の最大巻き上げ長がある商品もあります。
    魚のキャッチ率を上げるためには、重量や価格の高さに目をつぶってもベイトリールを使うのが適当といえるでしょう。

    穴釣り用リールの最安値と価格帯の特徴一覧について

    財布 電卓
    タイプ価格帯特徴
    ベイトリール約1,000円~約4,000円道糸の巻き取り時の速さや力強さが魅力。重量があり最低価格は高め。
    両軸リール約500円~約3,500円軽量で、1,000円以下で購入できるものもある。道糸の回収力は低め。

    ベイトリールタイプの穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP3

    釣り竿 リール


    穴釣りにおいては、消波ブロックや堤防にリールをこすって傷つけてしまいやすく、あまりに高価なベイトリールは使いづらいもの。
    しかしながら低価格帯のベイトリールは粗悪品も多く、安物買いの銭失いになってしまうケースもよく聞かれます。
    ここではベイトリールタイプの穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
    以下の3つの要素に特に注目した構成となっております。
    ① 扱いやすさ
    ② コストパフォーマンス
    ③ 最大巻き上げ長の長さ

    3位 プロマリン ミラクルキャスト


    自重:206g
    ギア比:5.8
    最大巻き上げ長:-(筆者計測時の最大巻き上げ長は62cm前後)
    最大ドラグパワー:4kg
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(3号)100m
    ラインの有無:ナイロンライン(3号)100mつき

    浜田商会のプロマリンブランドの穴釣り用リール。
    実際の釣りで使用可能なベイトリールとしては最安クラスの価格設定となっており、手ごろな価格で穴釣りを楽しめるでしょう。
    キャスト時にラインを放出しすぎるのを防ぐブレーキシステムの品質はそれほど高くありませんが、穴釣りはキャストをしないので問題ありません。
    なお低価格帯のリールにあらかじめついている道糸は、高品質な道糸と比較すると強度が半分程度なので、別途購入して交換することを強くおすすめしておきます。

    2位 Lixada ベイトキャスティング

    Lixada ベイトキャスティング


    自重:203g
    ギア比:6.3
    最大巻き上げ長:-(筆者計測時の最大巻き上げ長は67cm前後)
    最大ドラグパワー:-
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(3号)約150m
    ラインの有無:なし

    オレンジ色と黒色とを組み合わせたデザインが特徴的な、ベイトリールタイプの穴釣り用リール。
    最大の特徴は高いギア比が設定されている点で、実質65cm前後の最大巻き上げ長によって道糸を素早く回収できます。
    ハンドルノブは、人間工学にもとづいて設計された握りやすい形状でストレスフリー。
    同価格帯のベイトリールのなかでは最良クラスの、滑らかで不快感のないハンドル回転を形にしています。

    1位 アオツリ ベイトリール


    自重:-
    ギア比:7
    最大巻き上げ長:-(筆者計測時の最大巻き上げ長は70cm前後)
    最大ドラグパワー:4kg
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(3号)90m
    ラインの有無:なし

    ベイトリールタイプの穴釣り用リール、イチオシ商品がこちら。
    防錆加工が施されており、ほかの同価格帯の穴釣り用リールと比較しても海釣り全般での使用における安心感が違います。
    最大巻き上げ長が実質70cm前後あるため、道糸の巻き取りスピードが遅いことに起因するトラブルの低減にも大きく貢献。
    ブレーキシステムの違いで2種類のモデルがありますが、どちらを選んでも問題ありません。

    両軸リールタイプの穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP3

    【オルルド釣具】puchiシリーズ 穴釣り入門 軽量両軸リール 2号糸付 puchi-TL100 3カラー(レッド/ブルー / ゴールド) テトラ/防波堤などでの穴釣り・ヘチ釣り・探り釣り・前打ち釣り・落とし込み釣りに最適  ゴールド qb010101a03n0

    puchiシリーズ 穴釣り入門 軽量両軸リール 2号糸付 puchi-TL100

    次に両軸リールタイプの穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
    両軸リールタイプの穴釣り用リールは、道糸の回収スピードや巻き上げパワーの面ではベイトリールにおよびません。
    しかしコストパフォーマンスや軽量性の面では優れていますので、実用的な面であえてこちらを選ぶ意味は十分にあるでしょう。
    ここで取り上げた商品は、筆者が以下の3つの要素に特に注目して厳選したものです。
    ① 扱いやすさ
    ② コストパフォーマンス
    ③ 最大巻き上げ長の長さ

    3位 ファイターミニDX


    自重:87g
    ギア比(動力伝達用の2つのギアの周長比):3.6
    最大巻き上げ長:-(筆者計測時の最大巻き上げ長は35cm前後)
    最大ドラグパワー(人力でドラグを締めた際に設定できるドラグパワーの最大値):-
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(2号)80m
    ラインの有無:ナイロンライン(2号)80mつき

    浜田商会のプロマリンブランドの穴釣り用リールです。
    コストパフォーマンスの高さがポイントで、同価格帯のスピニングリールと比較してもしっかりと作り込まれています。
    両軸リールのスプ―ルの回転動作は、クラッチによって正転方向のみに回転、ブレーキが掛かった状態で正転方向と反転方向との両方に回転、ノンブレーキのフリー状態で正転方向と反転方向との両方に回転の3パターン。
    両軸リール初心者でもすぐに操作に慣れることができるでしょう。
    なお2号のナイロンラインが巻かれた状態で販売されていますが、穴釣りに用いる道糸としては細いので強度面で不安が残ります。
    実際の穴釣りで使う際は、3~4号の太さのラインを別途購入し、交換することをおすすめします。

    2位 ダイワ スーパーコロネット ST-10RL

    ダイワ スーパーコロネット ST-10RL


    自重:102g
    ギア比:4.1
    最大巻き上げ長:-(筆者計測時の最大巻き上げ長は37cm前後)
    最大ドラグパワー:実用耐力3kg
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(3号)50m
    ラインの有無:ナイロンライン(2号)80mつき

    大手メーカーダイワの穴釣り用リールです。
    「コロネット」は、長きにわたってモデルチェンジを重ねながら販売され続けている、小型両軸リールの代表的存在。
    現在では特筆すべき評価点はないものの、無難でこなれた使用感が多くの釣り人に支持されています。
    ライントラブルを防ぐ設計になっており、初心者でも扱いやすいのが魅力。
    ギア比は4.1で、穴釣りの際に不便さを感じる場面はほとんどありません。

    1位 シマノ クラブデミ 20RL ブルー

    シマノ クラブデミ 20RL ブルー


    自重:87g
    ギア比:4.3
    最大巻き上げ長:43cm
    最大ドラグパワー:実用耐力3kg
    ラインキャパシティー:ナイロンライン(2号)150m
    ラインの有無:なし

    大手タックルメーカーらしく基本性能が優秀なシマノの穴釣り用リール。
    シンプルな外観ながら汎用性や堅牢性の高さが光ります。
    ギア比は小型両軸リールのなかでは比較的高い4.3となっており、最大巻き上げ長の延伸を実現。
    筆者も実際に所有していますが、コストパフォーマンスのよさと手堅い使用感を高く評価しています。

    おすすめの穴釣り用道糸もご紹介!

    釣り 糸 ライン


    実際の穴釣りでは、リール以外にスプールに巻く道糸も購入する必要があります。
    ここでは、筆者がおすすめする穴釣り用道糸についてご紹介していきましょう。

    サンライン 磯スペシャル ビジブルプラス 3号


    タイプ:ナイロンライン
    太さ:3号
    カラー:パッションオレンジ

    ナイロンラインタイプのメインラインです。
    消波ブロックの奥は太陽光が十分に届かず、道糸の位置や状態が把握しづらいもの。
    周囲の障害物に道糸を絡ませないためにも、この商品のように暗い場所でも視認性の高い蛍光オレンジのラインが適当です。
    ナイロンラインタイプの道糸としては比重が軽めなので、仕掛けが着底したときのたるみを防ぎます。
    150mボビン巻きでの販売ですので、一般的な穴釣り用リールであれば2~3回分の量があり、コストパフォーマンスも良好です。

    穴釣り用リールの使用上の注意点を解説!

    釣り竿 リール


    穴釣りは、釣り方自体は単純明快であるものの、タックルの扱い方に注意が必要。
    ここでは、穴釣り用リールの使用上の2つの注意点について取り上げていきます。
    入門者はもちろん、独学で自分の釣り方を確立した方も、ここで解説する内容を参考にして正しい穴釣り用リールの使い方をマスターしてください。

    ① サミングの必要性

    釣り竿


    サミングとは、仕掛けを下ろしたあとで道糸やスプールを指で押さえてラインの放出を調節すること。
    回転性能が高いリールの場合、サミングをしないとスプールが高速反転して道糸が勢いよく放出され、スプール上で行き場を失って絡まりバックラッシュを引き起こします。
    また水中の過剰な道糸は潮流に流されて周囲の障害物に接触し、傷ついたり根掛かりしたりする原因にも。
    仕掛けが落下している最中は必ずサミングをして、スプールの反転スピードの加速を調整するように心掛けましょう。

    【こちらもCHECK】サミングのコツを紹介している動画はこちら

    ② バックラッシュへの対処

    糸

    バックラッシュの発生はサミングを行うことで抑制できますが、いざ発生してしまった場合に備えて適切な対処法を学んでおくことは大切。
    バックラッシュが起こりそうになったら、素早くスプールを指で押さえて反転を止め、道糸をゆっくりと引っ張って整えましょう。
    バックラッシュが起こってしまった場合は、スプールを指で反転方向にゆっくりと押し回しながら、道糸を少しずつ引っ張っていってたるみをなくしていきます。
    スプール上で道糸が複雑に絡んでしまったり、その結果スプールが回らなくなってしまったりした場合は、道糸を切って対処しましょう。

    【こちらもCHECK】バックラッシュの直し方。基礎編の動画はこちら

    Amazon&楽天のリール人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    穴釣り用リールの選び方は慎重に!

    釣り竿 リール


    穴釣りの道具立てはシンプルですが、破損の可能性を考慮して適切なタックルを揃えましょう。
    快適に穴釣りを楽しむためにも、穴釣り用リール選びは慎重に行ってくださいね。

    【あわせて読みたい】穴釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    フィッシングシューズおすすめ人気ランキングTOP9!選び方の解説も【2018年最新版】

    2018.10.02

    今日からはじめる穴釣り入門!ロッド選びから時期や仕掛けまでを徹底解説

    2018.08.27

    穴釣り用タックルおすすめ人気ランキング!仕掛けとセット品も【2018年最新版】

    2018.07.30

    リール用オイル(グリス)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.15

    アジング向けメタルジグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.17

    ABOUTこの記事をかいた人

    魚川 一之助

    大の釣りマニア

    小学生の頃から釣りが大の趣味で、エサ釣りからゲームフィッシングまで幅広い釣りを楽しんでいます。
    なるべく丁寧で分かりやすい説明を心掛けていきますので、お役に立てれば幸いです。