ローテーブルのおすすめ人気ランキングTOP22【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

仁木カデラ

東京生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科で家具デザインを専攻。
東京都内インテリアデザイン会社に勤務後、大手出版社編集局にてエディターを経験。
現在、フリーのライター。好きなことは、踊ること、花を愛すること。色っぽい心が人生を豊かにする。

    選び方のポイント

    • サイズで選ぶ
      →二人掛けのソファーだと、外寸が幅90cmから120cm、また3人掛けソファには、幅120cmから150cmとあわせるとバランスがよい。
    • 天板の形で選ぶ
      →初心者には長方形や楕円などのタイプを選ぶと、コーディネートのバランスが取りやすく扱いやすい。
    • 機能で選ぶ
      →目的に応じて、収納や折りたたみなどの機能がついているものを選ぶのも、空間を有効活用する一つのアイデア。
    • シーンで選ぶ
      →リビングルームで床にくつろぎながら使いたい場合は、高さ35cmのものを選ぶとちょうどいい。
    ローテーブル

    ローテーブルは、リビングルームなどをすごしやすく快適にしたり、インテリアをより充実させたりするために欠かせないアイテムです。
    ローテーブルを取り入れることで、ソファーや椅子など、ほかの家具とのコーディネートのバランスが調い、空間の見栄えが格段にUPします。
    本記事ではローテーブルの選び方のポイントなどとともに、いろいろな機能のついたものや、シンプルなものからおしゃれなものまで、値段にも着目して、さまざまなおすすめ商品を紹介していきます。
    お気に入りのローテーブルを見つけるきっかけにしてくださいね!

    目次

    ローテーブルの基礎知識

    ローテーブルとは、リビングのソファ前などに置かれる背の低いテーブルのことを言い、高さが低いので空間を広く見せてくれる効果があリ、ワンルームなどの空間に利用するととても便利で効果的です。
    ローテーブルの場合、基本的に卓上で食事はとりませんし、また作業用のテーブルでもなく、使い方としては、お部屋の中心に置いて簡単な飲み物などを置くための台として使うことが多いアイテムです。

    【こちらもCHECK】サイドテーブルに関連するおすすめ記事はこちら

    おしゃれなサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.21

    キャスター付きサイドテーブルおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.10

    ベッド向けサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.04

    ローテーブルのタイプ(種類)

    通常ローテーブルは前述した通り、ソファーの前などに置く高さ約35~40cm以下の低いテーブルのことを言いますが、リビングテーブルやセンターテーブル、コーヒーテーブルやカクテルテーブルなど、呼び名がいくつかあります。
    収納付きのローテーブルや脚を折りたためる折りたたみ式のもの、高さが変えられる昇降式のものや、天板の数を使い方にあわせて変更できる伸縮式のものもあり便利です。

    収納つきローテーブル

    リビングルームで使うAV機器のリモコンや、雑誌などが収納できるマガジンラックつきのローテーブル。

     

    折りたたみ式ローテーブル

    必要なときに出してきて設置でき、収納するときは畳んでしまうことのできる折りたたみ式のローテーブル。

     

    昇降機能つきローテーブル

    高さを簡単に変更できる昇降機能付きローテーブル。

     

    伸縮機能つきローテーブル

    天板の大きさを変更できる伸縮機能付きのローテーブル。

    ローテーブルの近年のトレンド

    ローテーブルはリビングルームの真ん中に置かれることが多いため、自然に視線も集まりやすく、おしゃれにインテリアコーディネートするための注目アイテムと言ってもよいでしょう。
    近年さらに貪欲に、魅力的なフォーカスポイント(空間の見せ場)となるようなデザイン性のある個性的な商品が、数多く提案されています。
    上級者目線の選び方でも説明しますが、異素材で組み合わせたローテーブルや、コンクリートやガラスなどの素材感を大胆に扱ったアート作品のようなドラマチックなアイテム、そして必要最低限の機能性と利便性を追求したムダのないすっきりとしたルックスの、ミニマルでシンプルなデザインのものなど、そのスタイルもさまざまです。
    カラーバリエーションも、ニュートラルカラー(グレーなどの中間色)やカラフルなものなど、空間をより魅力的にそして艶やかにするアイテムが多数製品化されています。
    近年は、リビングルームに華を添える美意識の高いアイテムとなるような、シンプルで洗練されたシックなデザインのものから色彩に富んだもの、マーブル柄の大理石など素材のパターンを生かしたものや、植物などの有機的な形状のものなどがトレンドです。
    ローテーブルの機能性とともに、バージョンアップされてきているインテリアのトレンドを上手に取り入れて、コーディネートをさらに楽しみたいですね!

    ローテーブルをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    ① サイズで選ぶ。

    ローテーブルは、リビングルームのソファーや一人掛けのアームチェアなどとあわせて置かれるので、ソファーや椅子の座面とサイズ感をあわせていくのが慣例です。
    二人掛けのソファーだと、外寸が幅90cmから120cm、また3人掛けソファには、幅120cmから150cmとあわせるとバランスがよいでしょう。
    高さについては用途や目的、空間全体から見たバランスや仕上げるイメージにあわせて選んでいきますが、リラックスすることを目的とする場合、ソファーやチェアの座面とローテーブル天板が同じくらいか、高くても約5cmのものが使いやすくて便利と言えます。
    例えば一般的な椅子やソファーの高さ40cmのものとあわせるとしたら、約40〜45cmのものを選ぶとほどよいサイズとなり、簡単な作業をしたい場合は、座面から8〜30cm程度の高さのものが好ましいでしょう。
    しかし、あまり高すぎるものを選んでしまうと、特に長方形など幅広の大きいサイズのものは圧迫感が出てしまい、せっかくのリビングのリラックス感がだい無しになってしまいます。
    天板の形状・サイズ・扱い方・家具同士のバランスにもよりますが、基本的にローテーブルは作業や食事に利用するテーブルではないので、はじめてローテーブルを導入する場合は、やはりソファーと同じくらいの高さのものを選ぶ方がよいです。

    ローテーブルで食事や作業をしたい場合は、目的によって柔軟に高さが変えられる、昇降機能があるものをおすすめします。
    またサイドテーブルとして利用するようなやや小さめのサイズのものも、リビングルームの空間の広さやコーディネート次第では、センターテーブルもしくはコーヒーテーブルとしてコーディネートできる場合もあります。
    リビングなどに置く一人掛けのソファーなどとあわせたり、もしくはアームチェアを二つ向かいあわせた真ん中に置くものを選んだりする場合は、幅60cm程度の丸型や正方形などにするとマッチするでしょう。

    ② 天板の形で選ぶ

    高さ・幅・奥行きを決めたら、今度は天板の形を確認しましょう。
    主にローテーブルは、長方形、正方形、円形、楕円、植物や生き物の形をモチーフにしてデザインしたような有機的に変形したタイプなどがあります。
    楕円形は空間に置くと、移動のための導線の確保がしやすいといった利点があり、丸いものは狭い空間で使用しても閉塞感が出にくく、長方形のものはコップや簡単な軽食などのお皿を置くときも並べやすいです。
    ソファーの前に置かれることが多いので、初心者には長方形や楕円などのタイプを選ぶと、コーディネートのバランスが取りやすく扱いやすいアイテムと言えるでしょう。

    ③ 機能で選ぶ

    ローテーブルには脚を折りたたむことができる折りたたみ式のものがあります。
    折りたたみ式は、使わないときはたたんで壁などに立てかけたり、クローゼットに収納できたりするので、一つインテリアアイテムを足すときに取り入れやすい家具と言えるでしょう。
    また高さの変えられる昇降式のものや、天板の数を変更できる伸縮式のもの、マガジンラックつきや引き出しのついた、収納機能があるものも便利です。
    目的に応じて機能がついているものを選ぶのも、空間を有効活用する一つのアイデアと言えるでしょう。

    ④ シーンで選ぶ

    基本的にローテーブルは、飲み物やちょっとしたものを置く台です。
    リビングルームの真ん中に置いたり、ソファーとセットにしたりしてコーディネートしていきます。
    上記のサイズで選ぶでも触れましたが、一人掛けのソファーやアームチェアなどとコーディネートする場合もあります。
    つまり、椅子やソファーとセットにして使われるのが、西洋から来たインテリアという分野におけるローテーブルの一般的な定義です。
    日本には床に座るという文化があるので、リビングルームで床にくつろぎながら使いたい場合は、高さ35cmのものを選ぶとちょうどいいでしょう。
    またローテーブルは足を入れる場所がないものがほとんどです。
    そのため脚を伸ばしながらローテーブルを使いたい場合は、天板の下のスペースがどのくらいか考慮する必要があるでしょう。

    ローテーブルの上級者目線の選び方

    ①天板のデザインで選ぶ

    天板のデザインは、インテリアコーディネートをよりおしゃれにすることを考えながら選んでいきます。
    ローテーブルは特に上から眺めることが多いので、はじめて買う際の選び方のポイントでも触れましたが、天板の形などテイストで印象が大きく変わります。
    ナチュラルなコーディネートや空間に木材の暖かみをプラスしたい場合は、木製の無垢板を天板に使用したデザインのものを選んだり、現代的でモダンなインテリアスタイルには、透明感のあるガラスをあしらったローテーブルをスペースのアクセントとして利用してみたりと、ソファーをはじめとする周辺の家具との相性など、インテリア全体の統一感を揃えるとすっきりとコーディネートしやすいです。

    ② 素材感や印象で選ぶ

    ローテーブルは、お部屋の真ん中に置くアイテム。
    コーディネートに深みを持たせるためにも、素材感やローテーブルの持つ性質などの印象にも着目しましょう。
    ローテーブル単体でも、木製とメタル、ガラスとコンクリートなど、異素材を組みあわせたデザインのものも多くあります。
    アイアンなどの硬質の素材感を中心としたインテリアスタイルのなかに、温かみのある木製のローテーブルをあわせてみたり、アンティークやビンテージ調のインテリアスタイルに、軽やかなアクリル素材や透け感のあるガラスのローテーブルを取り入れてみたりするなど、同じテイストで調えすぎると重くなりすぎるスタイルも、あえて外しアイテムのように、素材感などが異なる要素を取り入れるとクールに決まるでしょう。
    また例として上記の写真のようなインテリアのコーディネートは、落ち着いた丸みを帯びたやわらかさを感じるフォルムの赤いスエード素材でできたソファーと、スクエアの重厚感があるずっしりとした印象のベージュの色味を持つ大理石のローテーブルを、家具同士の同じ特徴だけであわせるのではなく、あえて素材感をはじめとする形、色相(色味の違い)など、異なる性質を対比させていくと、メリハリのあるおしゃれ度の高い空間づくりが可能です。
    一方で異なる性質を持つアイテムをあわせたコーディーネートのなかにも、色味の調子や明度(色味の明るさの度合い)は類似性を持っており、視覚的にも動きのあるユニークな空間イメージと同時に落ち着いた印象も与えています。
    ローテーブルはリビングルームのアクセントアイテムとして遊び心を持つと、よりいっそうインテリアに奥深さと広がりをつくる、空間の魅力的なアイテムとなるため、無難にまとめるだけでなく、上級者のコーディネートにチャレンジするのもいいでしょう!

    ③ ローテーブルの複数の利用

    狭い空間に小さいローテーブルを、二つ三つと複数置くと使い勝手がよくなり、同時に空間も広く見せることができます。
    センターテーブルとして大きなものを一つ選ぶだけでなく、インテリアを効果的にアレンジするためにも、小さめのローテーブルを複数使いするのもアリです。
    上の写真のように小さめのサイズを2個使いすると、空間に変化をつけることができ、導線や使い勝手が変わるため、見た目もおしゃれで小回りの効くまた違ったスペース活用法となるでしょう。

    ローテーブルの最安値と価格帯の特徴一覧

    ローテーブルの価格は、およそ4,000円~155,000円ほどです。
    対応する大きさや、素材、機能や利便性、そしてデザイン性などで価格が変わります。
    ローテーブルの最安値と価格帯は以下の通りです。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約4,000円~約6,000円~20,000円約30,000円~
    特徴必要最低限の利便性とシンプルなデザイン。比較的安価な材料でできているもの。良質な素材でできていて、安定感のあるデザインと利便性を持った、使い勝手のいい人気商品。良質な素材で作られていて、デザイン性そして機能性のある商品。

     

    シンプルなローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    ここまではローテーブルの選び方についてお伝えしてきました。
    ここからは、シンプルなもの、折りたたみ式、2万円以下のおしゃれな商品、収納機能つきや昇降機能つき、そして天板伸縮式のおすすめ人気ランキングのご紹介です。
    インテリアデザイン会社でデザイナーとして勤続していた筆者が、おしゃれで良質なローテーブルのおすすめ人気商品をピックアップしてみました!

    3位 NATURAL テーブル (ナチュラル テーブル)

    高野木工 NATURAL ナチュラル 105テーブル


    メーカー:TAKANO MOKKOU (タカノ モッコウ)
    シリーズ:NATURAL (ナチュラル)
    色:ナチュラルカラー
    サイズ:W1050×D500×H380mm
    材質:アルダー材ツキ板、アルダー無垢材
    天板の形状:長方形

    1942年に創業した福岡県の家具メーカー・高野木工のブランドによる、余計な装飾のないテーブルのみの機能を持つ、オーソドックな長方形の木製ローテーブルです。
    ファミリーからワンルームまで和室にも洋室にも相性がよく、空間に馴染みやすい日本の住環境に好まれる製品を、自社企画・自社製造でオリジナル家具として数多く提案してきたメーカーのこちらのローテーブル。
    長年のノウハウを生かしたブランドの製品だけあって、シンプルなフォルムでムダのないデザインが空間に馴染みやすく、ソファー前に置いて利用するのに最適な長方形のローテーブルとなっています。
    天板の表面はウレタン塗装になっており、飲みこぼしなどをサッと拭くだけで簡単に掃除がしやすく、またソファーに置くのに最適なサイズとフォルムです。

    2位 CREPE(クレープ) リビングテーブル90

    メーカー:TOCOM interior(トコムインテリア)
    シリーズ:CREPE(クレープ)
    色:ダークブラウン
    サイズ:W900×D500×H400mm
    材質:天然木化粧パーティクルボード(ウォルナット突板)、天然木集成材
    天板の形状:長方形

    1986年に大阪府摂津市にて創業した日本の家具メーカーあずま工芸が手がける、オリジナル家具のブランドTOCOM interior(トコムインテリア)の、癒しの雰囲気を漂わせる木製ローテーブルです。
    主張の少ないすっきりとしたフォルムは、リビングルームのソファなどとのコーディネートがしやすいので、はじめてローテーブルを購入する方には扱いやすい商品と言えるでしょう。
    シンプルで良質なデザインが、くつろぎの空間を演出するのにぴったり!
    プラスチック製樹脂で皮膜を作るウレタン塗装のため、飲みこぼしなど簡単に掃除ができてメンテナンスもしやすく、高級樹種のウォルナットの突き板(無垢材をスライスした薄い材質)で化粧が施され、大人の落ち着いたインテリアに最適です。
    こちらのランキングの商品はオーソドックスな長方形の天板ですが、同シリーズで楕円の天板の商品もあります。

    1位 Garden Living Table(ガーデン リビング テーブル)

     

    メーカー:TOCOM interior(トコムインテリア)
    シリーズ:Garden
    色:ブラック
    サイズ:W750×D450×H380mm
    材質:5mm厚強化ガラス(飛散防止フィルム加工)、スチール、粉体塗装
    天板の形状:長方形

    ブラックに塗装されたスチールのフレームがスタイリシュな、TOCOM interior(トコムインテリア)のローテーブルです。
    安全性のある5mm厚の強化ガラスのテーブルトップがリビングルームを演出します。
    ガラス製の天板やスチールであしらった工業的な素材感は、機能性や利便性を追求するスタイリッシュで人気のインダストリアルスタイルにもぴったりのアイテムです。
    テーブルの形状も、ソファー前に置くのに馴染みやすい長方形となっており、スチールでできた工業的なすっきりとしたフレームは、テーブルの強度などの機能を高め、なおかつソファー周りに置かれるAV機器のリモコンや雑誌などを整理できる利便性のある棚として設計されています。
    またスリムなスチールは、お部屋の中央に置いても閉塞感が出にくく、またガラスの天板でできているため、リビングを広く見せてくれる効果もあります。
    質のいい素材とデザイン性を兼ね備えたコストパフォーマンスのいいおすすめ商品です。

    折りたたみ式のローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 ワイエムワールド 4種類の天然木 木製 折りたたみ テーブル クワトロ

    ワイエムワールド 4種類の天然木 木製 折りたたみ テーブル クワトロ


    メーカー:家具通販ワイエムワールド
    シリーズ:Yogear
    色:ブラウン
    サイズ:W800×D475×H360mm
    材質:MDFに天然木突板貼り、天然木パイン材、ラッカー塗装
    天板の形状:長方形

    4種類の天然木で彩られたテーブルトップがおしゃれな、使わないときは折りたたんで収納できるローテーブルです。
    棚が取りつけられるので、ちょっとした雑誌やAV機器のリモコンなど、リビングルームで使うアイテムを片づけることができます。
    また棚をつけず、すっきりとしたルックスとともに足が伸ばせる仕様にして、リビングルームのメインテーブルとして利用してもいいでしょう。
    丸みを帯びた天板とテーブルの脚には傷防止のパーツが取りつけられているほか、両側に頑丈なヒンジが設置されており、しっかりとロックする安全性の高いストッパーつきです。
    テーブルをしっかりと安定させると同時に、ロックを外せば女性でも簡単に折りたたむことができる手軽さも魅力と言えるでしょう。

    2位 フォールディングテーブル Kalm

     

    メーカー:ビーライン
    シリーズ:Kalm
    色:ブラウン
    サイズ:W1050×D450×H380mm
    材質:天然木ラバーウッド、天然木化粧板(ウォールナット)
    天板の形状:長方形

    美しい木目が印象的なフォールディングテーブルで、どんな空間にも馴染みやすい、シンプルで緩やかな円弧を描く長方形のデザインが魅力的です。
    取り外し可能な棚板を外し、足をゆったりと伸ばしながら使うこともできます。
    天板の裏にあるつまみを引くだけで簡単に脚を折りたためますし、脚の裏についているアジャスターで微妙な高さを調整することも可能なので、がたつきのストレスもなく使えるでしょう。

    1位 木製 ウォールナット ローテーブル 

    メーカー:クリエーション
    シリーズ:-
    色:ナチュラルブラウン
    サイズ:W1200×D800×H340mm 折りたたみ時 高さ140mm
    材質:ウォールナット突板(天板)ラバーウッド無垢(本体)
    天板の形状:長方形

    ウォールナット突板を(無垢板をスライスした薄い板状の材料)ぜいたくにあしらった、木目の美しいローテーブルです。
    ウォールナットは木材のなかでも人気がある高級な樹種で、質のいいものは非常に希少価値があります。
    洋室にも和室にも馴染みやすいデザインで、ずっしりとした安定感のある無垢でできた4本の脚は、使わないときは折りたたむことも可能です。
    脚の根元についているフックレバーを引くだけで簡単に折りたため、高さ14cmまでコンパクトにできます。
    重厚感のあるルックスで幅も奥行きも大きめのローテーブルは、リビングのアクセントアイテムとして十分に活躍してくれるでしょう。

    2万円以下のおしゃれなローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 CARBO KIDS MINI TABLE (カルボ キッズ ミニ テーブル)

    メーカー:ISSEIKI (イッセイキ)
    シリーズ:CARBO KIDS (カルボキッズ)
    色:ナチュラル
    サイズ:W690×D300×H320mm
    材質:アルダー無垢材
    天板の形状:長方形

    ベトナムに自社工場を持つ日本の家具ブランド、ISSEIKI (イッセイキ)のお手ごろ価格の子供用テーブルです。
    子供用の家具として提案されているシリーズですが、使い方次第では、少し低めのソファーにあわせるローテーブルとして、また一人暮らしなどの狭い空間でも活躍してくれるでしょう。
    天板の下には無垢でできた幕板(天板の下につける横長の板)が施されており、小さいサイズですが、大きなサイズの無垢材テーブルと同じようなつくりになっていて強度もあり丈夫です。

    2位 ease 120テーブル  (イーズ 120テーブル)

    メーカー:TAKANO MOKKOU (タカノ モッコウ)
    シリーズ:ease
    色:ナチュラル、ダークブラウン
    サイズ:W1200×D420×H320mm
    材質:強化紙、プリント
    天板の形状:長方形

    1942年に創業した家具メーカー・高野木工のブランド、TAKANO MOKKOU (タカノ モッコウ)。
    こちらも2万円以下のリーゾナブルなお値段にも関わらず、スマートでなおかつ高級感漂う作りをしています。
    3人掛けのソファー前に設置するのに最適なサイズ感で、扉内は6cmピッチで6段階調整でき、収納したいものによって柔軟に変えられて便利です。
    木目が美しい強化紙で覆われた本体は耐久性もしっかりとあり、メンテナンスもしやすいでしょう。
    ムダな装飾を省いたすっきりとしたデザインは、和風テイストのインテリアにもぴったりのアイテム。
    コストパフォーマンスがよい商品なので、同シリーズのほかのアイテムとコーディネートするのもおすすめです。

    1位 NORN BENCH TABLE (ノルン ベンチテーブル)


    メーカー:ISSEIKI (イッセイキ)
    シリーズ:NORN (ノルン)
    色:ナチュラル
    サイズ:W1000×D390×H417mm
    材質:アルダー無垢材
    天板の形状:長方形(四角ラウンド)

    ベトナムの自社工場を持つ株式会社一生紀が手掛けるオリジナル家具ブランドのローテーブル。
    角が丸く、ほどよく縁が施された天板は見た目も爽やかな印象で、なおかつ使い勝手のいい商品です。
    ローテーブルのフォルムはアルダー材の無垢材をうまく加工して、全体的にやわらかい印象を与えるほどよい曲線があり、丁寧な木材加工の仕上げが伺えます。
    ローテーブルやベンチとしても利用できるので、さまざまなシーンで活躍しますし、またコストパフォーマンスのよさから、シリーズのチェアと組みあわせてみるのもおすすめです。

    収納機能付きのローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 TRAP CENTER TABLE 100 (トラップ センターテーブル 100)

    メーカー:ISSEIKI (イッセイキ)
    シリーズ:TRAP (トラップ)
    色:ブラウン
    サイズ:W1000×D600×H348mm
    材質:アルダー材、MDF、化粧シート(アルダー柄)、ブラックガラス5mm
    天板の形状:長方形

    株式会社一生紀が手掛ける、オリジナル家具ブランドの引き出し収納つきローテーブルです。
    自社工場で日本の環境にあうよう日々研究し、良質な家具を生産している家具メーカーのため、オーソドックスでなおかつ空間の見せ場となる洗練されたデザイン性の高いトレンド商品を比較的お求め安い価格で提供しているブランド。
    アルダー材を使用したツートンカラーの製品がリビングルームをおしゃれに彩り、またDVDのサイズと大容量の引き出しが2つ兼ね揃えられていて使い勝手のいいアイテムです。
    奥にしまったものまで簡単に取り出せて重さがあっても手軽に使用でき、強度もあるフルオープンレールの引き出しで、散らかりがちなテーブル周りをすっきりと片づけることができます。
    天板は洗練されたブラックの強化ガラスでできていて高級感を演出してくれるでしょう。

    2位 homa リビングテーブル (ホマ リビングテーブル)

    メーカー:TOHMA(トウマ)
    シリーズ:homa (ホマ)
    色:ナチュラル
    サイズ:W1040×D550×H380mm
    材質:強化紙、プリント紙化粧合板、オーク材
    天板の形状:長方形

    佐賀県に本社・工場を構える家具メーカー・東馬のオリジナルブランドの収納つきローテーブル。
    両サイドに引き出しがついていて真ん中にはスライド式の棚があり、エアコンやAV機器のリモコンなど、リビング周りの雑然としがちなアイテムを収納できる便利な機能つきです。
    優しく穏やかな印象を与える無垢のオーク材でできた円柱の4本脚が特徴的で、ほかの木製家具や、ソファーとローテーブル周りに敷くラグともあわせやすいでしょう。

    1位 CIRCUS CENTER TABLE 100(サーカス センターテーブル 100)


    メーカー:ISSEIKI (イッセイキ)
    シリーズ:CIRCUS (サーカス)
    色:ダークブラウン
    サイズ:W1000×D600×H350mm
    材質:ウォルナット突板(オイル塗装)、MDF
    天板の形状:長方形

    ベトナムに自社工場を構える株式会社一生紀が手掛ける、オリジナル家具ブランドのローテーブルです。
    側面の三面から引き出せる大収納機能が最大の特徴で、ムダのないシンプルでコンパクトなスクエアのクールな外観に加え、落ち着いたダークカラーのウォルナット突板が高級感のある雰囲気を演出。
    すべての引き出しに開閉をスムーズにする、変形しずらく強度が高いスチール製のフルオープンレールが取りつけられており、容量の大きなものを収納したあとの重さにも耐えらえ、奥にしまったものまで手軽に取り出せるなど便利です。
    通常規格のDVDが40枚ほどしまえる高い収納量とその機能性、きめの細かい配慮がなされているという点で、コストパフォーマンスのよい魅力的な商品と言えます。

    個性的な天板のローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 PIEDRAS(ピエドラス) ローテーブル

    メーカー:MAGIS (マジス)
    シリーズ:me too collection (ミー トゥー コレクション)
    色:グレー
    サイズ:W600×D620×H250mm
    材質:ポリエチレン(回転成型)
    天板の形状:多角形

    北東イタリアで設立された家具・家庭用品の世界的な人気ブランドMAGISの、スペイン人デザイナーJavier Mariscal(ハビエル・マリスカル)による遊び心のあるローテーブル。
    耐水性のあるポリエチレン製なので、汚れにも強くメンテナンスも簡単で、強度があるので屋外での使用も可能です。
    石をモチーフにした遊び心のあるフォルムは、リビングルームにインパクトを加え、機知に富んだおしゃれなアイテムとして活躍してくれるでしょう。
    ローソファーや一人がけソファーなどと個性的なコーディネートをするのも楽しいです。

    2位 TH IRON COFFEE TABLE(アイアン コーヒーテーブル)

    メーカー:LIFE FURNITURE (ライフファニチャー)<span
    色:ナチュラル
    シリーズ:-
    サイズ:W630xD630xH480mm
    材質:マンゴー無垢材、アイアン
    天板の形状:円形

    無垢材やレザー、アイアンなどの素材や手作業の風合いにこだわった、インダストリアル家具やアイアン素材などのアイテムを提案しているLIFE FURNITUREから、黒のアイアンの脚がスマートな装いのローテーブルです。
    直線で構成された幾何学的な形の脚部と、ずっしりと厚みを感じる丸いマンゴー無垢材でできた天板との対比が、絶妙なバランスに仕上げられています。
    高さ48cmの丸型なので簡単な作業もしやすく、一人掛けのアームチェアとあわせてもマッチするでしょう。
    自然の温かみを感じる天板の独特な木目は、使えば使うほど愛着のもてるアイテムと言えます。

    1位 エクリプステーブルS ウォールナット (STUA / ECLIPSE)


    メーカー:STUA (ストゥア)
    シリーズ:ECLIPSE (エクリプス)
    色:ブラウン
    サイズ:W460×D370×H200/H350mm
    材質:MDF(ホワイトラッカー塗装),ウェンジ,ウォールナット,オーク、スチール(サテンクロームメッキ仕上)
    天板の形状:変形

    スペインのモダンファニチャーブランドSTUA(ストゥア)のローテーブルです。
    シリーズ名のECLIPSE(エクリプス)は、日食を意味します。
    こちらの商品は一つ使いとしても、ネストテーブル(同じデザインのサイズ違いのテーブルが、入れ子式にしまえる組み込みテーブル)としても利用でき、同シリーズの大きいサイズとあわせて使えば、小さいサイズが隠れる形になり、そのネーミングの通り、まるで日食のような外観です。
    こちらの商品は3本脚の組み立て式で、高さは20cmと35cmから選べます。
    ネストテーブルを大中小とシリーズで複数扱いすることによって、空間の扱い方も臨機応変に変化をつけて使うことができ、おしゃれな使い勝手のいいアイテムとして活躍してくれるでしょう。

    おしゃれなローテーブルおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 MATRIX TABLE(マトリックス テーブル)

    メーカー:E&Y(イーアンドワイ)
    シリーズ:-
    色:ホワイト、ナチュラル、ダークブラウン、ブラック
    サイズ:W800×D800×H265mm
    材質:ガラス、プライウッド
    天板の形状:正方形(四角ラウンド)

    1985年に福岡で設立された家具メーカーE&Y(イーアンドワイ)は、現在、東京に拠点を移し、世界各国で活躍する新鋭デザイナーとともに斬新で新鮮なプロダクトを世に送り出しています。
    こちらは、ロンドンを中心に活躍しているイギリス人デザイナーAndrew Tye(アンドリュータイ)とのコラボレーションで生まれた商品です。
    ガラスの天板に加え、特殊な木材加工技術で作られた彫刻のような脚が特徴的です。
    リビングルームのセンターテーブルとして利用すれば、空間に目のいく見せ場を作ることができ、ローテーブルの機能性に加えておしゃれ度が格段にUPします。
    木部のカラーは、ホワイト、ナチュラル、ダークブラウン、ブラックの4色。
    天板はエッジと4箇所の角が丸く削り取られており、10mmある強化ガラスでできているため、ガラスのテーブルトップを持つアイテムのなかでも比較的安全にお使いいただける商品です。

    2位 innovator(イノベーター) リビングテーブル 140

    メーカー:innovator(イノベーター)
    シリーズ:-
    色:ナチュラル、クロム
    サイズ:W1400×D500×H400mm
    材質:ホワイトオーク無垢材、スチール
    天板の形状:長方形(四角ラウンド)

    シンプルかつ生活に必要な要素を合理的にデザインした製品を製作する、北欧家具ブランドイノベーターのローテーブル。
    ソファーの前に設置するのにぴったりなサイズで、天板の下には棚があり、雑誌やAV機器のリモコンなどをスマートに整理できます。
    爽やかな白木のオーク材と、安定感のあるスチールでできた脚の組み合わせがスタイリッシュで、木などを中心としたシンプルで人気の北欧インテリアコーディネートを希望の方におすすめしたい商品です。

    1位 JOIN COFFEE TABLE (ジョインテーブル オーバル)

    メーカー:Fritz Hansen (フリッツ・ハンセン)
    シリーズ:JOIN (ジョイン)
    色:ナチュラル、ブラック
    サイズH1300×W500×H370mm、W760×D470×H370mm
    材質:オーク、ブラックオーク、スチール(ブラック紛体塗装仕上げ)
    天板の形状:長方形と楕円の間のような形

    フリッツ ハンセン氏により創業された、家具メーカーで北欧デザインの代表的なブランド、Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)の軽やかなリビングテーブル。
    北欧の代名詞でもあるブランドの商品だけあって、無垢のオーク材を使用した、長方形と楕円の間のような、なんともいえない魅力的なフォルムの天板と、角度によって存在をほとんど感じさせない薄い板で構成された黒い4本脚に、そのデザイン性の高さが伺えます。
    時代を超えて必要とされるモダンデザインファニチャーブランドの、高品質な素材とデザインでできたローテーブルは、空間をより魅力的なものに変えてくれるでしょう!

    昇降機能付きのローテーブルおすすめ人気ランキングTOP2

    2位 タンスのゲン ローテーブル 木製 ウォールナット


    タンスのゲン ローテーブル 木製 ウォールナット
    メーカー:タンスのゲン
    シリーズ:Guin
    色:ブラウン
    サイズ:W600×D600×H470mm、D830×H655mm(昇降時)
    材質:ウォールナット突板、 ウレタン塗装仕上げ、スチール
    天板の形状:正方形

    昇降機能を使ってリフトアップした天板を体のそばに引き寄せられ、ソファー前に置いて使うのに便利な収納つきローテーブルです。
    ダークカラーの高級材、ウォールナットの突き板をあしらった装いは、優雅で落ち着いたリビングルームづくりに最適なアイテムと言えるでしょう。
    さらにブラックに塗装されたスチールの金具とスマートな脚が、スタイリシュな印象を与えてくれます。
    木部の表面はプラスチック製樹脂で皮膜を作るウレタン塗装が施されているため、飲みこぼしなどを簡単に拭き取ることができ、メンテナンスがしやすい点も使い勝手がよくておすすめです。

    1位 ローテーブル anthem(アンセム) アイアン ビンテージ テーブル


    メーカー:ヒョウトク
    シリーズ:anthem (アンセム)
    色:ブラウン
    サイズ:W1100×D500×H400mm(430,460,490,520mm)
    材質:天然木化粧繊維板(ウォールナット材)、スチール
    天板の形状:長方形(四角ラウンド)

    高級感のあるウォールナットの化粧板とブラックで塗装されたスチールの脚がクールな印象を与える、五段階の高さ調整ができる昇降タイプのローテーブルです。
    高さ調整は付属の六角レンチを使用。
    雑誌などを置くことができるスチールの棚が設けられているほか、脚裏には傷防止のフェルトが貼られており安全です。
    木材やスチールなどの異素材を組みあわせたインダストリアルのインテリアコーディネートや、ビンテージルックのスタイルとも相性がいいでしょう。

    天板伸縮式のローテーブルおすすめ人気ランキングTOP2

    2位 大川家具 東馬 昇降テーブル アイル ナチュラル


    メーカー:大川家具
    シリーズ:-
    色:ナチュラル
    サイズ:W1200×D720-1200×H380-780mm
    材質:MDF、オーク突板貼り、ラッカー塗装、スチール、粉体塗装、黒艶消し
    天板の形状:円形(伸縮時:長方形に近い形)

    ナチュラルな木目が美しいオークの突き板(無垢材を薄くスライスしたもの)で化粧された、丈夫な天板を持つ天板伸縮式タイプのローテーブルです。
    テーブルトップは丸型120cmと奥行き72cmに変形でき、さらに高さも変えられる昇降機能つき。
    片側の天板だけ広げた状態で壁に添わせて使用したり、お客さんの多いときに天板を円形に広げて利用したりしてもいいでしょう。
    天板裏のスライドバーを引き出すことによって、折りたたんでいる状態から簡単に広げられ、また脚に車輪もついているので動かすのも簡単です。

    1位 リビングテーブル COMODO

    メーカー:GART(ガルト)
    シリーズ:COMODシリーズ
    色:ナチュラル
    サイズ:W915〜1195×D450×H380
    材質:アルダー無垢・ウレタン塗装、プリント紙、ラバーウッド
    天板の形状:長方形

    佐賀県に本社を構える日本の家具メーカー、GART(ガルト)のCOMODシリーズのエクステンションローテーブルです。
    ベーシックな長方形の天板は、幅91.5cmから約30cm引き伸ばし、119.5cmまで広がる仕様です。
    全体的にエッジの部分がやわらかく刈り取られているので、優しい印象と安心感があり、脚のベース部分には、クッションとなるゴムが付属されていて床を傷つけません。
    白くやや赤みのある色味を持つ無垢材アルダーは、木目の主張が少なく空間に馴染みやすいのが特徴です。
    脚を伸ばすことはできませんが、天板下のラックも収納スペースとして、利便性のあるつくりとなっています。

    インテリア重視の高級ローテーブルおすすめ7選

    connubia MAGIC-J(マジックジェイ) ガラスタイプ 伸長式テーブル


    メーカー:Calligaris(カリガリス)
    シリーズ:connubia(コヌビア)
    色:ブラック
    サイズ:W1150-1500xD750xH420-720mm
    材質:強化ガラス、ウッド(グロッシーブラック ラッカー塗装)、メタル(クロムメッキ)
    天板の形状:長方形

    イタリア最大級のホームインテリア、デザイナーズ家具ブランドCalligaris(カリガリス)の多機能なテーブルです。
    ソファー前のローテーブルとして便利な高さから、食事ができるダイニングテーブルまで、サイドにあるボタンを押すことにより、簡単に7段階の高さ調整が可能です。
    天板は115cmから、三人掛けのソファーと組み合わせても、ゆったりとしたローテーブルの大きさとして十分な150cmまで広がります。
    省スペースを実現するデザイン性と機能性の高いおすすめ海外ブランド商品です。

    【connubia MAGIC-J】の紹介動画はこちら

    ビーンズ形リビングテーブル SN116

    メーカー:飛騨産業
    シリーズ:-
    色:ナチュラル
    サイズ:W1100×D665×H345mm、W1100×D665×H395mm
    材質:ナチュラル
    天板の形状:有機的

    世紀近くの歴史を持つ日本の老舗家具メーカー、飛騨産業の、豆のような愛嬌のあるフォルムが印象的なローテーブルは、職人の手によって丁寧に仕上げられた、世界に一つしかない受注生産の木製家具です。
    商品名にもあるビーンズ(豆)の有機的なフォルムは、空間にインパクトを与えてくれると同時に、長方形など直線のフォルムでできた製品より、体にフィットしやすく意外と使い勝手のいいかたちです。
    表面には自然の風合いが出やすいオイル塗装が施されており、経年変化(木の色味の自然な変化)も楽しめて使うほどに味わいが増し、愛着が湧いてくるでしょう。

    Carl Hansen & Son(カールハンセン & サン) CH417 トレイテーブル


    メーカー:carl han sen&son(カール・ハンセン&サン)
    シリーズ:-
    色:ナチュラル
    サイズ:W620×D620×H330mm
    材質:リバーシブル(オーク材・スモークドオーク材)、ステンレススチール
    天板の形状:円形

    デンマークの老舗家具メーカー、カール・ハンセン&サンより、Hans J. Wegner (ハンス J. ウェグナー)によってデザインされた折りたたみテーブルです。
    1970年に製品化された世界を代表する人気家具メーカーの品質とデザインのローテーブルは、今見てもまったく褪せない質の高いデザイン性と機能美で、新鮮な風を空間にもたらしてくれるスタイリッシュなおすすめのアイテムと言えるでしょう。
    直径60cmのゆったりとした丸型の天板には持ち運びしやすいハンドルがあり、さらにリバーシブルに使うこともできるなど、きめ細かい配慮がなされています。
    リビングのセンターテーブルやコーヒーテーブルとして、柔軟にコーディネートも可能。
    折りたたむことのできるスチールの脚もスマートで、天板は外してトレイとしてもお使いいただけます。

    calligaris(カリガリス) tweet ローテーブル


    メーカー:calligaris(カリガリス)
    シリーズ:-
    色:マットオプティックホワイトマットブラック、スモークナチュラル、マットホワイトマスタードイエロー
    サイズ:W1150×D670×H370mm
    材質:メタル、ラッカー仕上げ
    天板の形状:有機的

    イタリア最大級のホームインテリア、デザイナーズ家具ブランドCalligaris(カリガリス)より、高さ違いの天板を持つローテーブルです。
    2つの有機的な天板のフォルムは空間におしゃれな面白みを加え、またベーシックカラーと明るい白やポップなカラーで構成された色味も、馴染みやすい色とともにほどよい差し色を加えて、リビングルームのセンターテーブルとして、洗練された空間作りに一役買ってくれるでしょう。
    スタイリッシュで遊び心の溢れたイタリアのモダンデザインを体現しているおすすめのローテーブルです。

    DELMAR COFFEE TABLE (デルマー コーヒーテーブル)


    メーカー:ACME Furniture(アクメファニチャー)
    シリーズ:-
    色:ダークブラウン
    サイズ:W1300×D550×H400mm
    材質:ウォルナット材(突板)、ラバーウッド(脚部)
    天板の形状:長方形(四角ラウンド)

    こちらは、東京目黒通りにある人気の家具ブランド、ACME Furniture(アクメファニチャー)より製作されたローテーブル。
    職人の手仕事で作られた自然なユーズド感溢れるデザイン性に加え、ソファーに座りながら読む雑誌や新聞などをさりげなく片づけられるように、片方のテーブルの脚がマガジンラックになっているなど、シーンにあった機能性も備えています。
    左右がアンシンメトリーな一風変わったルックスは、見た目にもダイナミックな刺激を空間に与える、エキサイティングなデザインです。
    爽やかな風や陽気な太陽、そして海岸を彷彿とさせる人気のアメリカ西海岸テイストに、大人っぽい落ち着いたヴィンテージ感が加わったクールなアイテム。
    インテリアをワンランクアップさせるローテーブルとして、リビングルームに花を添えてくれるでしょう。

    SWITCH UA Table(スウィッチ UA テーブル)


    メーカー:FLYMEe deux (フライミードゥ)
    シリーズ:SWITCH(スウィッチ)
    色:ホワイト
    サイズ:W800xD800xH390mm
    材質:MDF(UV塗装)、スチール
    天板の形状:円形

    すっきりとシンプルな丸型で、清潔感と光沢があるホワイトのローテーブルです。
    本脚と天板エッジ部分が丸くカットされた見た目はすっきりしていて、コーディネートしても空間の邪魔にならず、柔軟なレイアウトができるでしょう。
    通常の塗装よりも強度があり、キズがついたり汚れたりしても手軽にメンテナンスできるUV塗装を天板に施したところも、実用性があり魅力的です。
    白い単色カラーと主張しすぎないフォルムなので、ローテーブルをはじめて取り入れる際にも失敗の少ないアイテムと言えるでしょう!

    VERCCHIO SQUARE TABLE (ヴェルッキオ スクエアテーブル)

    メーカー:FLYMEe vert(フライミーヴェール)
    シリーズ:-
    色:ナチュラル、ダークブラウン
    サイズ:W850xD850xH250mm
    材質:オーク突板
    天板の形状:正方形

    木の温もりを感じる家具やインテリア製品を製作しているフライミーヴェールの、碁盤のようなずっしりとした存在感のあるデザインが特徴的な、アッシュ突板を使用したローテーブル。
    木目の向きをうまくデザインした天板は空間のアクセントとなり、また飲みこぼしなどが簡単に掃除できるメンテナンス性の高いウレタン塗装なのも、利便性が高くポイントと言えるでしょう。
    シンプルで、なおかつ木の特徴を生かした細部にもこだわりのある粋なデザインです。

    ローテーブルの懸念事項

    ローテーブルは高さの低いテーブルなので、空間を広く見せることが可能ですが、ダイニングテーブルのように食事をとったり、長時間の作業をしたりといった用途には向いていません。
    また天板の下に足を入れるスペースがないものがほとんどです。
    せっかくの便利なアイテムでも、生活スタイルやシーン、そして使用目的が適切でないと効果的に使うことができないので注意しましょう。

    ガラス天板の注意点

    おしゃれなガラス天板のローテーブルは、空間を大人っぽくスタイリシュにまとめるためのアイテムとして魅力的です。
    しかしお子さんのいらっしゃる家庭では、やはりガラスという素材から躊躇してしまうアイテムでもあります。
    厚みが最低5mm以上の飛散防止の強化ガラスや、角が丸く刈り取られたラウンドタイプなど、安全性の高い商品を選びましょう。
    また中に浮かんでいるようなデザインのテーブルトップの場合は、暑さ10mm以上のものを使用してください。
    強化ガラスは、よほど重いものを上から落とさない限り、食器やコップが手から滑って落下してしまった程度では、割れることはまずありません。
    熱に対しても、故意的に強い火力を当てない限り、熱湯などをこぼした程度で損傷することは少ないです。
    ただビール瓶やステンレス、陶器など、硬質の素材でガラスの小口(角の部分)を叩くと、全損してしまう可能性があるので注意が必要です。

    Amazon&楽天のローテーブル人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ローテーブルをよりよく活用しよう!

    本記事ではローテーブルをバリエーション豊かに紹介してきました。
    ローテーブルはリビングルームの真ん中に置かれることも多いので、部屋の印象を大きく変えるアイテムでもあり、またソファーはもちろん周辺に配置する家具との相性や、下に敷くラグとの組み合わせによって、コーディネートの幅も広がります。
    入れ子式や折りたたみなどの機能を活かしてコーディネートするもよし、またクールでモダンなインテリアアイテムとして、遊び心を持って配置するのも楽しいでしょう。
    ローテーブルの特徴を最大限に生かし、インテリアをよりいっそう魅力的に、生活に新鮮な風を送り込みましょう!

    【あわせて読みたい】インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

    ワインラックおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.10.14

    【人をダメにする】ビーズクッションおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.09.29

    マットレスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.09.29

    タイプ別マガジンラックおすすめ人気ランキング!スリム型やボックス型など種類も解説【2018年最新版】

    2018.09.11

    一人掛けソファおすすめ人気ランキングTOP13【2018年最新版】

    2018.09.06

    ABOUTこの記事をかいた人

    仁木カデラ

    東京生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科で家具デザインを専攻。
    東京都内インテリアデザイン会社に勤務後、大手出版社編集局にてエディターを経験。
    現在、フリーのライター。好きなことは、踊ること、花を愛すること。色っぽい心が人生を豊かにする。