プチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP19【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • さっぱりorしっとり、好みの質感で選ぼう
      →ベタつきが苦手な方や、オイリー肌の方はさっぱり系の乳液がおすすめ。乾燥肌の方は、油分が多めのしっとり仕上がるタイプがおすすめ。
    • 目的や悩みにあうかが大切!
      →美白をしたい、乾燥を集中ケアしたい……など、今抱えている肌悩みにあうかどうか確認して選ぶ。

    乳液


    乳液を使いたいけれど、化粧品にかける予算をなるべく抑えて選びたい……そう考えているなら、プチプラ乳液がおすすめ。
    リーズナブルで続けやすいプチプラ乳液は、紫外線をカットできるものや美白成分を配合したものなど種類が数多くあります。

    「プチプラ乳液を使ってみたいけれど、どれから選べばいいのかわからない!」と迷ってしまう方のために、目的や肌悩み別にあわせた選び方やおすすめの乳液を紹介。
    今の肌状態にあう1本を見つけて、スキンケアをもっと楽しんでください!

    目次



    プチプラ乳液の基礎知識

    乳液 女性

    保湿アイテムのひとつである乳液は、さまざまなブランドから数え切れないほどの製品が発売されています。
    最近注目を集めているプチプラ乳液とはどのような特徴があるのか、どのブランドが人気なのかをチェックしていきましょう。

    【こちらもCHECK】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    乳液おすすめ人気ランキングTOP21!保湿ケアの基本も解説【2019年最新版】

    2019.01.31

    セラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP8【2019年最新版】

    2019.01.28

    ニキビに最適な乳液おすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.09

    プチプラ乳液とは?

    スキンケアの最後に使う乳液はドラッグストアで取り扱いがあるお手ごろなものから、百貨店に店を構えるハイブランド(通称デパコス)など価格に大きな差があります。
    SNSや雑誌で使われはじめ今ではメジャーになった「プチプラ」という言葉には、実は細かい定義はありません。

    プチプラ乳液は「○○円以下でなければいけない」という決まりはなく、一般的に高級品であるデパコスと対照的な位置づけにある製品のことをさします。

    プチプラ乳液の近年のトレンド

    乳液は潤いを与えて乾燥から肌を守るのが役割ですが、近年はプラスの効果を持つ乳液も登場し話題になっています。
    ここ数年は「保湿+UVカット」効果があるプチプラ乳液が人気。
    通常の乳液は紫外線をカットする効果が備わっていないため、別で日焼け止めを塗る必要があります。
    UVカットできる乳液は保湿と日焼け止めが1本で済むのが特徴で、朝のスキンケアが手早くできると人気を集めているのです。

    このタイプの乳液は忙しい朝のケアに役立つほか、メイクをしない休日の紫外線対策にも活躍します。
    メイクしない日にクレンジングが必要な日焼け止めを塗るのが面倒……という方は、UVカット効果がある乳液を使うと便利。
    ただしUVカット効果がある乳液は、日中のケアには最適ですが、寝る前の使用には適していません。
    紫外線をブロックする成分が肌の負担となってしまう場合もあるため、夜はSPF・PA表記のない通常の乳液を使用しましょう。

    プチプラ乳液の人気ブランド

    高級品が並ぶデパコスに比べてリーズナブルなプチプラ乳液は、以下のブランドが人気です。

    • ズボラボ
    • ミノン
    • アクアレーベル
    • 無印良品
    • セタフィル(海外ブランド)
    • キュレル
    • 菊正宗

    上記の化粧品ブランドは1本あたり2,000円以下で購入できるプチプラ乳液を取り扱っており、なかには1,000円以下で手に入るお買い得なものもあります。
    プチプラ乳液のなかには大容量(300mL以上)の製品もあり、ボトルを逆さまにふらなくても中身が出てくるポンプ容器タイプがあるのが注目ポイント。
    フタの開け閉めが必要なボトルが苦手な方や、ボディケアに乳液を使いたいならポンプ容器タイプを使ってみてください。

    プチプラ乳液を初めて買うならここを必ず押さえよう

    肌の水分と油分のバランスを整える乳液は、製品ごとに使い心地や美容効果が異なります。
    納得できる化粧品選びをしたいなら、次の2つのポイントをチェックしておきましょう!

    ① さっぱりorしっとり、好みの質感で選ぼう

    ハンドクリーム

    乳液は水分の割合が多めのサラっとしたものから、油分が多めでクリームを塗ったようなしっとり感を楽しめるものまであります。
    ベタつきが苦手な方や、オイリー肌で油分が多い化粧品を使うとテカる方はさっぱり系の乳液がおすすめ。
    肌の皮脂分泌量が少ない乾燥肌の方は、油分が多めのしっとり仕上がるタイプを選びましょう。

    ② 目的や悩みにあうかが大切!

    スキンケア 鏡 女性 肌

    乳液は製品ごとに配合されている成分が異なり、実感できる美容効果に違いがあります。
    美白をしたい、乾燥を集中ケアしたい……など、今抱えている肌悩みにあうかどうか確認して選びましょう。

    また上記で挙げた通り、最近は日中向けのUVカット機能がある保湿乳液が人気です。
    保湿と紫外線対策を一度に行いたい方は、UVカットできる乳液を選ぶといいでしょう。

    プチプラ乳液の上級者目線の選び方

    満足できるプチプラ乳液を探すなら、使い心地だけでなくそのほかのポイントもチェックしておくことが大切です。
    次にご紹介する2つの上級者目線の選び方も参考にしてみてください!

    ① 季節にあわせた乳液選びをしよう

    暖炉 親子

    日本は季節によって気温と湿度が大きく変わり、必要な保湿ケアも変わります。
    皮脂分泌が多くなる春~夏はさっぱりしたものを、乾燥が進む冬はしっとりタイプのものを選ぶなど気候に応じた乳液を使うとベストです。
    夏が近づくころに肌のベタつきを感じたり、秋にさしかかって化粧品の保湿力に物足りなさを感じたら変えてみましょう。

    ベタつきと乾燥を両方抱えている混合肌タイプの方は、顔のパーツごとに乳液を使いわけるのがおすすめ。
    ニキビができやすいTゾーンやあごはさっぱりしたものを、カサつく頬はしっとりしたものを使ってみてください。

    ② 詰め替え用があるかチェック!

    パック 容器

    毎日使う化粧品は、コストパフォーマンスにこだわりたい……そんな方は詰め替え用があるかチェックして選ぶといいでしょう。
    詰め替え用はボトルで購入するよりも割安で、ゴミを減らせるのも魅力のひとつ。
    頻繁に買い替えするのが面倒な方は、大容量サイズ(200mL以上)の詰め替えがある乳液がおすすめです。

    ③ 浸透性のよさで選ぼう

    スキンケア

    乳液は製品によって浸透のスピードに違いがあり、使用感の差につながります。
    浸透が遅い乳液は肌表面のしっとり感が続きやすく乾燥肌のケアに適していますが、急いでいるメイク前には適していません。
    乳液が浸透しないうちに化粧下地やファンデーションを塗ってしまうとヨレてしまうため、メイク前に使うなら浸透性がいいものを選ぶといいでしょう。

    浸透性がいい乳液は、美容成分をナノ化(分子を細かくしてなじみをよくする技術)させていたり、人の肌になじみやすいオイル(スクワランホホバオイルなど)を配合していたりするのが特徴です。
    浸透のスピードは実際に使った方の口コミでも確認できるため、オンラインショッピングサイトのレビューも参考にして選んでみてください。

    プチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP10

    値段を気にせず毎日たっぷり使えるのが魅力であるプチプラ乳液は、国内外問わずさまざまなブランドから発売されています。
    今人気を集めている2,000円以下のプチプラ乳液を10本厳選し、「保湿力」「コストパフォーマンス」「浸透性」の3つの基準で筆者がランクづけしました。

    総合ランキングのあとには、UVカット・美白・保湿に焦点を当てたランキングもあります。
    肌悩みや目的にあわせて選んで、お気に入りのプチプラ乳液をゲットしましょう!

    10位 ズボラボ 休日用UV乳液

    ズボラボ 休日用UV乳液
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:60g
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:あり

    時短スキンケアグッズを取り扱うブランドであるズボラボの休日用乳液は、保湿・UVカット・肌色補正(肌の色ムラをカバーできる効果)が1本で完成する便利なアイテム。
    ナチュラルなカバー力があるため、「休みの日はメイクをお休みしたいけれど、ちょっとその辺まで出かけたい……」というときに役立ちます。

    休日用の乳液として販売されていますが、化粧下地としても使えるのが特徴。
    アルガンオイルやアーモンドオイルなど、植物由来の保湿オイルを配合し乾燥した肌をしっかり潤します。
    オイル成分を配合していますがベタつきにくく、伸びがいい比較的さっぱりした質感。
    保湿と紫外線対策に加え、軽いメイクアップ効果がある乳液を探している方におすすめです。

    9位 キュレル UVミルク

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:30mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:あり

    刺激に弱い敏感肌向けスキンケアブランドであるキュレルのUVミルクは、赤み・ヒリヒリを感じやすい肌質におすすめです。
    肌のバリア機能をサポートするセラミド機能成分を配合しており、乾燥からくる肌トラブルをケアしながら保湿・UVカットが可能。
    無香料・無着色・アルコールフリーで刺激を感じにくく、白浮き(塗った部分が白っぽく目立つこと)をしにくいのが特徴です。

    肌の炎症を抑える有効成分であるグリチルレチン酸ステアリルを配合していて、肌荒れケアができるのも人気のポイント。
    保湿とUVカット機能だけでなく、赤みを伴うニキビ・肌荒れをケアしたい方におすすめです。

    【こちらもCHECK】キュレル UVミルクのレビュー動画はこちら

    8位 アクアレーベル ホワイトアップ エマルジョン

    アクアレーベル ホワイトアップ エマルジョン
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:130mL
    使用感:さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3タイプ
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    資生堂の人気スキンケアブランド、アクアレーベルの乳液は季節や肌質にあわせて3タイプから選べます。
    皮脂量が多くベタつきやすい方はさっぱりタイプ、混合肌や普通肌の方はしっとりタイプ、乾燥肌ならとてもしっとりタイプがおすすめ。
    伸びがよく浸透性に優れ、ベタベタしないことが評価されています。

    ホワイトアップエマルジョンは、美白有効成分であるm-トラネキサム酸を配合しているのが特徴。
    くすみシミのもとであるメラニン色素の生成を抑え、透明感のある肌に導きます。
    m-トラネキサム酸は美白効果があるだけでなく、肌の炎症を抑えられるのも魅力のひとつ。
    美白と肌荒れケアを同時にしたい方にぴったりな乳液です。

    7位 Pure NATURAL(ピュアナチュラル)エッセンスローション UV

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:210mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:あり
    UVカット力:あり

    コストパフォーマンスに優れた乳液が欲しいなら、シンプルな基礎化粧品を取り扱っているピュアナチュラルのエッセンスローションUVがおすすめです。
    水溶性コラーゲンヒアルロン酸が乾燥した肌を潤し、水分に満ちた肌に導きます。

    化粧水と乳液の中間のような軽くさっぱりした使い心地で、屋内での紫外線対策にぴったり。
    メイクをしない休日用の紫外線対策乳液として使えるのはもちろん、伸びがよくベタつきにくいため体に使うのもおすすめです。
    経済的に使い続けられる詰め替え用もあり、コストパフォーマンスにこだわって乳液を選びたい方に適しています。

    【こちらもCHECK】Pure NATURAL エッセンスローション UVのレビュー動画はこちら

    6位 ケシミン密封乳液

    ケシミン密封乳液
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:130mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:あり
    UVカット力:なし

    お手ごろな美白乳液を探しているなら、同社が販売しているケシミンがおすすめです。
    経済的に使い続けられる詰め替え用があることに加え、130mLで約1,000円と単価が安くコストパフォーマンスに優れています。
    乾燥肌に適したしっとりした使い心地で、軽い使用感の乳液では満足できない方におすすめです。

    しっとり感が強めのテクスチャーで浸透はややゆっくりですが、コットンを使えばベタつきが残りません。
    美白有効成分であるビタミンC誘導体がメラニン色素の生成を抑制し、透明感ある肌に導きます。
    抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムがニキビ・肌荒れをケア。
    美白とニキビ・肌荒れを同時にケアできるお手ごろな乳液を探している方におすすめです。

    5位 なめらか本舗 薬用美白乳液

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:150mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    美白乳液に保湿力を求めているなら、豆乳発酵液を配合しているなめらか本舗がおすすめ。
    豆乳発酵液に含まれるイソフラボンは、紫外線ダメージをケアしたり皮脂バランスを整える効果が期待されています。
    薬用美白成分であるアルブチンを配合しており、紫外線の影響で発生するメラニン色素を抑制するのも特徴のひとつ。

    アルブチンは美白成分のなかでも比較的刺激を感じにくく、なるべく刺激を避けて美白ケアしたい方におすすめです。
    美容成分を微細化するナノ技術を採用しており、スッと浸透する使い心地も人気の秘密。
    乾燥肌をしっかり潤す保湿力を持ちながら、ベタつきを残さない美白乳液です。

    4位 無印良品 乳液・敏感肌用

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:50mL/200mL/400mL
    使用感:さっぱり・しっとり・高保湿の3タイプ
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    シンプルで刺激を感じにくい配合成分を探しているなら、無印良品がおすすめです。
    この乳液は香料・着色料・鉱物油・パラベン(保存料)・アルコール無配合で、刺激のもとになる化粧品成分をカットしてあるのが特徴。

    赤みやヒリつきを感じやすい敏感肌向けに作られた乳液です。
    さっぱり・しっとり・高保湿の3つの使用感から選べ、季節や肌の調子にあわせて使いわけが可能。
    潤いをしっかり感じられる保湿力ながら浸透がよくベタつかず、大容量サイズは400mLで1,300円程度とコストパフォーマンスに優れているのも高評価の理由です。
    香りがついている化粧品が苦手な方や、刺激に弱い肌質の方におすすめ。

    3位 菊正宗 日本酒の乳液

    菊正宗 日本酒の乳液
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:380mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    肌を整えるアミノ酸を豊富に含む日本酒を活用して作られたのが、酒造メーカーとして知られている菊正宗の乳液。
    アミノ酸は人体にもともと存在する成分で、水分量をキープする天然保湿因子として肌を守っています。
    キメや生活習慣の乱れが原因で肌のアミノ酸は減少してしまうため、基礎化粧品で補うのが効果的です。

    日本酒の乳液はアミノ酸だけでなく、水分保持を助けるヒト型セラミドを配合しているのも人気のポイント。
    伸びがいい軽いテクスチャーで、表面がベタつかない比較的さっぱりした仕上がりです。
    380mLの大容量で1,000円以下と安価で、コストパフォーマンスがいい乳液を探している方に適しています。

    2位 ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

    ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    使用感:しっとり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    乾燥が進みカサつきが気になるなら、アミノ酸を配合した化粧品を取り揃えるミノンの乳液がおすすめ。
    乾燥肌と敏感肌向けのスキンケアブランドで、赤みやヒリつきを起こしやすい肌質でも刺激を感じにくい処方にこだわっています。

    無香料・無着色・アルコールフリーであることに加え、ピリピリ感のありなしをチェックするスティンギングテストをクリアしているのが特徴。
    バリア機能が乱れて荒れやすい肌の調子を整えるアミノ酸を9種類配合していて、水分量キープをサポートします。
    プチプラ乳液のなかでは保湿力が高く、空気が乾燥する季節におすすめです。

    【こちらもCHECK】ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルクのレビュー動画はこちら

    1位 セタフィル モイスチャライジング ローション

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    内容量:591mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:なし
    UVカット力:なし

    顔だけでなく体のケアにも毎日たっぷり使いたい……という方にぴったりなのが、アメリカ発のブランドであるセタフィルの乳液です。
    ローションと名前がついていますが、しっとりした使用感の乳液で乾燥した肌をなめらかに整えます。
    植物由来オイルのなかでも保湿力に優れたアボカド油を配合しており、ごわつきやカサつきが気になる乾燥肌でも満足できる使い心地が人気のポイントです。

    591mLという大容量サイズで、コストパフォーマンスに優れているのも高評価につながりました。
    無香料のため、香り成分にかぶれやすい敏感肌の方にぴったり。
    乾燥が進んだ肌をしっかり保湿したい方や、全身のケアに使いやすい乳液を探している方におすすめです。

    【こちらもCHECK】セタフィル モイスチャライジング ローションのレビュー動画はこちら

    UVカットできるプチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは、UVカットできるプチプラ乳液3つを徹底比較して紹介します!
    UVカット乳液に求めたい「UVカット力」「コストパフォーマンス」「パサつきのなさ」の3つのポイントを基準に、筆者がランクづけしました。

    3位 Pure NATURAL(ピュアナチュラル)エッセンスローション UV

    UVカット力
    コストパフォーマンス
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:210mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:あり
    UVカット数値:SPF4

    室内での紫外線対策を、毎日低価格で続けたい……という方におすすめなのが、ピュアナチュラルの乳液です。
    今回のランキングで登場した製品のなかでは単価が非常に安く、詰め替え用があることも高評価につながっています。

    コスト面では優秀ですがUVカット力が低く、シミやそばかすをしっかり防ぎたいなら日焼け止めの併用が必須。
    さっぱりした使用感で空気が乾燥する季節にはパサつきを感じることがあるため、冬場はクリームを重ねづけするといいでしょう。

    2位 ズボラボ 休日用UV乳液

    UVカット力
    コストパフォーマンス
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:60g
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし
    UVカット数値:SPF28/PA++

    ズボラボの乳液は、ちょっとしたお出かけの紫外線対策ができるUVカット力があります。
    UV乳液にありがちな、パサつきやきしみを感じにくいことも人気の理由。
    「しっかりメイクするほどではないけれど、すっぴんは嫌だ……」と感じる外出時に使いやすく、1本常備しておくと便利です!

    1位 キュレル UVミルク

    UVカット力
    コストパフォーマンス
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:30mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし
    UVカット数値:SPF30/PA++

    外出時の紫外線カットもしっかりでき、パサつきや刺激を感じにくいと好評なのがキュレルの乳液。
    ベタつきにくいサラっとした塗り心地なのに乾燥しにくく、通年紫外線対策に使いやすいことが人気を呼んでいます。

    白浮きしにくく色味もないため、上に重ねるファンデーションやアイシャドウの色を変えないのもおすすめポイント。
    なるべく刺激を避けてUVカットしたい方にぴったりの乳液です。

    プチプラ美白乳液おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはプチプラ美白乳液を3つ紹介します。
    「保湿力」「コストパフォーマンス」「美白効果実感」の3つの基準で、筆者がランクづけました!

    3位 アクアレーベル ホワイトアップ エマルジョン

    保湿力
    コストパフォーマンス
    美白効果実感
    総合おすすめ度

    内容量:130mL
    使用感:さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3タイプ
    詰め替え用:なし
    美白有効成分:m-トラネキサム酸

    アクアレーベルのホワイトアップエマルジョンは、美白と抗炎症ケアが同時にできる数少ない乳液です。
    m-トラネキサム酸が紫外線によるダメージを集中ケアし、シミ・そばかすができる前にブロック。

    肌のトーンアップを狙うよりも、紫外線によるダメージを減らしたいという方におすすめ。
    普段から屋外に出る時間が長い方に適している乳液です。

    2位 なめらか本舗 薬用美白乳液

    保湿力
    コストパフォーマンス
    美白効果実感
    総合おすすめ度

    内容量:130mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:あり
    美白有効成分:アルブチン

    ベタつかないのに肌の水分量をしっかりキープし、美白効果実感に優れているのがなめらか本舗の乳液です。
    アルブチンは美白有効成分のなかでは比較的ゆっくり作用する成分で、刺激を感じにくいのが特徴のひとつ。

    トーンアップ効果を実感するまでは数ヶ月かかりますが、大手通販サイトのアマゾンでは「周りから白くなったといわれた!」と変化を感じた口コミが実際に寄せられています。
    マイルドな使い心地にこだわって美白乳液を選びたい方におすすめです。

    1位 ケシミン密封乳液

    ケシミン密封乳液
    保湿力
    コストパフォーマンス
    美白効果実感
    総合おすすめ度

    内容量:130mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:あり
    美白有効成分:ビタミンC誘導体

    美白乳液初心者におすすめなのが、ケシミンの密封乳液です。
    美白有効成分のなかでも特に効果実感に優れるビタミンC誘導体を配合しており、肌のトーンアップが期待できます。

    カサつく乾燥肌をしっかり保湿できるしっとり感もあり、コストパフォーマンスにも優れている点がおすすめポイント。
    紫外線を浴びる機会が多い方に適した保湿乳液です。

    保湿力が高いプチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP3

    軽い使用感では満足できないという方のために、保湿力が高いプチプラ乳液を3つピックアップ!
    カサつく肌をしっとり潤してくれるプチプラ乳液を、「保湿力」「ベタつきのなさ」「美容成分(乾燥をケアする成分の評価度)」の3つの基準でランクづけしました。

    3位 セタフィル モイスチャライジング ローション

    保湿力
    ベタつきのなさ
    美容成分
    総合おすすめ度

    内容量:591mL
    使用感:しっとり
    詰め替え用:なし

    コストパフォーマンスに優れていることで多くの人に選ばれているセタフィルの乳液は、保湿美容成分としてグリセリン・ワセリン・アボカド油を配合しています。
    肌に潤いを与える美容成分(アミノ酸やセラミド)などは入っておらず、油膜で覆って乾燥をブロックするシンプルな乳液です。

    2位 菊正宗 日本酒の乳液

    保湿力
    ベタつきのなさ
    美容成分
    総合おすすめ度

    内容量:380mL
    使用感:さっぱり
    詰め替え用:なし

    美容部員やエステティシャンなど美のプロも驚く内容で知られるのが、菊正宗の日本酒の乳液です。
    高級化粧品に配合されることが多いヒト型セラミドを3種配合しながら、1,000円以下という低価格を実現しているのが人気のポイント。

    アミノ酸(グリシン・アルギニン)が乾燥をケアし、グリチルリチン酸ジカリウムが荒れをしずめてくれます。
    油膜で覆われる感覚が残りにくいためしっとり感はやや低めですが、水分をキャッチしてくれる美容成分がたっぷり入っているため肌内部の乾燥をしっかりケアできるのが高評価の理由。
    くすみをケアするアルブチンも入っており、乾燥・荒れ・透明感ケアを一気にできる美容液のような乳液です。

    1位 ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

    ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク
    保湿力
    ベタつきのなさ
    美容成分
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    使用感:しっとり
    詰め替え用:なし

    しっとり感がある乳液が欲しいなら、ミノンがおすすめ!
    肌の保湿力を底上げするアミノ酸であるヒスチジンを配合しており、しつこい乾燥をケアします。

    水分蒸発をブロックする成分であるスクワランが入っているのも、おすすめポイントのひとつ。
    スクワランが肌をラッピングして水分を逃さない役割を果たし、潤いをキープしてくれます。
    肌になじみやすい保湿剤をベースにしてあるため、表面にベタつきが残りにくいのも特徴のひとつ。
    もっちり感とベタつきのなさを両立した保湿力特化型の乳液です。

    乳液の使用上の注意点

    肌を乾燥から守る乳液は、正しく使ってこそ美容効果を感じられます。
    肌トラブルを避けてケアするために、次の2つの注意点を守りましょう!

    ① 肌に異常が出たら使用を中止する

    マットリップ 女性 唇

    新しい乳液を使いはじめて肌に異常が出てしまった場合は、使用を中止してください。
    「せっかく買ったから最後まで使いきろう……」と無理をしてしまうと、アレルギーや肌荒れがひどくなる可能性があります。
    赤みやヒリつきなど、少しでも違和感を覚えたら基礎化粧品を変えましょう。

    ② こすらずに優しくなじませる

    女性 モデル コットンパッド

    乳液を肌になじませる際、強くこすりつけないように注意しましょう。
    摩擦や圧をかけてしまうと肌表面を覆っている角質が傷ついてしまい、ヒリつきや炎症を起こすことがあります。

    コットンは手と比べると繊維による刺激が発生しやすいため、使用する場合は肌の上をすべらせるようなタッチでなじませてください。

    乳液とクリームって何が違うの?どう使いわけするべき?

    油分を配合した基礎化粧品は、乳液のほかにクリームもあります。
    どちらもパッケージを見ると「化粧水や美容液で肌を整えたあと、なじませてください」と同じ使用方法が書かれているため、違いが分らずどう活用すればいいのか悩んでしまうものです。
    この2つの基礎化粧品にはどのような違いがあるのか、どう使いわけするべきなのかを解説します!

    【こちらもCHECK】クリームに関連するおすすめ記事はこちら

    フェイスクリームおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラアイテムも【2018年最新版】

    2018.10.19

    シワ・たるみに最適なアイクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.09.29

    ナイトクリームおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.24

    スキンケアの最後に油分でフタをする目的は同じ

    顔 クリーム

    乳液とクリームは、油膜を作り化粧水や美容液で与えた水分を逃さないという同じ役割を持っています。
    同じ役割を持つため、基本的にどちらか1つを使ってスキンケアを完了させればOKです。

    水分と油分の配合比率が違う

    クリーム

    乳液とクリームの役割は同じですが、水分と油分の配合比率が異なります。
    乳液はクリームよりも水分が多めでサラっとしており、ベタつきにくい仕上がりが特徴です。
    一方のクリームは乳液よりも油分が多く、しっとり仕上がります。
    水分が多めの乳液はオイリー肌や混合肌の方におすすめで、油分が多いクリームは皮脂分泌量が少なくカサつく乾燥肌におすすめです。

    季節や肌の調子にあわせて使いわけすると◎

    スキンケア クリーム 笑顔

    乳液とクリームは肌質に応じて選ぶのが基本ですが、季節や肌の調子にあわせて使いわけするのがベスト。
    人の肌は夏になると皮脂分泌が活発になり、テカリや化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。

    普段クリームを使っていて、夏場になると皮脂によるトラブルが起きてしまう方は、油分が少ない乳液に切り替えるといいでしょう。
    皮脂分泌量が減少する冬場は、肌の調子を見ながら基礎化粧品を変えてみてください。
    乾燥がひどくなりしっとり系の乳液での保湿が追いつかなくなったら、クリームを重ねづけして油分を補うなど工夫してみましょう。

    Amazon&楽天の乳液人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    プチプラ乳液で乾燥を寄せ付けない肌を目指そう!

    美肌

    水分と油分をバランスよく補給できる乳液は、スキンケアの仕上げに使うことで肌を乾燥から守ることができます。
    お手ごろな値段で購入できるプチプラ乳液は、製品ごとに配合成分や使用感に違いがあるため悩みや好みにあわせて選んでください。

    コストパフォーマンスに優れたプチプラ乳液を使ってスキンケアを続けて、乾燥に悩まない毎日を目指しましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    セラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP8【2019年最新版】

    2019.01.28

    ニキビに最適な乳液おすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.09

    資生堂の化粧水・美容液・乳液おすすめ人気ランキングTOP15!HAKUやONE by KOSEの新製品情報も【2018年最新版】

    2018.05.15

    保湿乳液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.13

    アルビオンの乳液おすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2017年最新版】

    2017.12.21

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。