オイルクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!ニキビへの使い方も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。

    選び方のポイント

    • 肌への負担が少ないものを選ぶ
      →美容成分や保湿成分が豊富に配合されたものを選ぶとよい。
    • 素早くメイクを落とせるものを選ぶ
      →クレンジングは洗い流すまで1分程で済ませるのが望ましい。
    • テクスチャーに厚みがあるものを選ぶ
      →オイルクレンジングをする際にはこっくりとした重めのテクスチャーで、肌と手の間に厚みが生まれるものを選ぶことが大切。

    オイル ボトル


    メイクをするたびに行わなければならないクレンジングですが、しっかり落とせないこともあり、ストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

    いつも濃いめのメイクをするという人は、なおさら落としにくい傾向にあるので、1回洗っただけではメイクが落ちずに洗顔を重ねているという人も多いです。
    しかしそれでは肌への負担も大きくなってしまうので、避けなければなりません。

    そこで本記事では、クレンジング剤のなかでも洗浄力が強めの「オイルクレンジング」について紹介します。



    オイルクレンジングとは

    オイル クレンジング ボトル


    クレンジング剤と言ってもさまざまな種類があり、オイルクレンジングと聞いただけではほかと何が違うのかわからないという人もいるでしょう。

    オイルクレンジングは、数あるクレンジングタイプのなかでもトップクラスの洗浄力を持つもので、メイクや酸化した皮脂などの油汚れはもちろん、大気中に漂っている汚染物質も落とすことができます。
    洗浄力が高いので、顔のなかでも皮脂が多くテカリやすいTゾーンのクレンジングに効果的です。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    敏感肌向けクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.29

    ミルククレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!敏感肌&ニキビ向けも【2017年最新版】

    2017.11.29

    クレンジングクリームおすすめ人気ランキングTOP15!敏感肌向けや毛穴がきれいになるのは【2017年最新版】

    2017.11.29

    オイルクレンジングの3つの選び方

    ① 肌への負担が少ない

    カウブランド無添加 メイク落としオイル 150ml
    カウブランド無添加 メイク落としオイル 150ml
    クレンジングオイルは洗浄力が高い分、界面活性剤も多めに配合されているので、肌に必要な皮脂までも落としてしまう可能性があります。
    クレンジングオイルを選ぶ際には美容成分や保湿成分が豊富に配合されたものを選ぶとよいでしょう。

    界面活性剤にもいくつか種類があり、ノニオン型の界面活性剤はさほど泡立たずに脂汚れを落とすことができ、ほかのタイプの界面活性剤と比べて肌に優しくなっています。
    オイルクレンジングは洗浄力だけを重視して選ぶと結局肌が乾燥してトラブルが増えることもあるので、肌に優しい処方であるかどうかをチェックすることが大切です。

    ② 素早くメイクを落とせる

    アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ175ml(W洗顔不要)
    アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ175ml(W洗顔不要)
    クレンジング剤というのは基本的に界面活性剤が含まれているものなので、どのスキンケア用品よりも肌への負担が大きくなります。
    クレンジングをする時間は最小限にとどめなければならないので、肌に乗せたらすぐに汚れと馴染んでメイクを落とせるかどうかが大切です。

    クレンジングは洗い流すまで1分程で済ませるのが望ましいと言われているので、すぐにメイクを浮かせて落とせるようなクレンジングを探しましょう。

    ③ テクスチャーに厚みがある

    クレンジング剤は肌につけるものではありますが、汚れを落とそうと必死になって表面をゴシゴシこすってしまうのはよくありません。
    肌への摩擦が大きくなって、結果的に肌に大ダメージを与えることになるのです。

    最近ではサラッとしたテクスチャーのクレンジング剤もありますが、これだと肌と手が触れて刺激になってしまう恐れがあります。
    そのため、オイルクレンジングをする際にはこっくりとした重めのテクスチャーで、肌と手の間に厚みが生まれるものを選ぶことが大切です。

    オイルクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10

    ここまではオイルクレンジングの選び方について紹介してきました。
    しかし、いざお店に行ってみると思ったよりたくさんの商品が並んでいるので、悩むこともあるでしょう。
    そこでここからは、おすすめのオイルクレンジング剤を厳選して紹介します。

    10位 アテニア スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ


    顔を暗くしてしまうくすみの元となる肌ステインを、スキンクリアクレンズオイルに含まれるロックローズオイルが除去してくれるので、明るい素肌に仕上げることができます。

    ウォーターキャッチオイル処方を採用し、濡れた手でも使えるのでお風呂でのボディケア時にまとめてクレンジングが可能です。
    さらに微細乳化処方で素早くメイクと馴染んで落とせるので肌への負担も少なくすみ、スピーディメルティング成分配合で肌にフィットしたファンデーションもウォータープルーフのメイクもしっかりと落とすことができます。

    余分な汚れを素早く洗い流すのでW洗顔も不要で、オイルクレンジング剤でありながらマツエクにも使用できるので重宝するでしょう。

    こんな方におすすめ

    • お風呂でクレンジングを済ませたい
    • クレンジングをしてもメイクがなかなか落ちない
    • W洗顔は肌に負担がかかりそう

    9位 コーセー ソフティモ スピーディクレンジングオイル


    ドラッグストアなどでも購入できるソフティモのスピーディクレンジングオイルは、低コストにもかかわらず高いパフォーマンスが期待できます。

    マスカラクリア成分が入っているので、落ちにくいウォータープルーフマスカラもしっかり落とせますし、ひまわり油とトウモロコシ胚芽油の力で角栓や毛穴の奥に入った汚れもかき出してすっきり落とすことができるのが大きなポイントです。
    オーガニック認証の5つの美容オイルを配合しているので、クレンジングと同時にスキンケアも叶います。

    こんな方におすすめ

    • コスパのいい商品が欲しい
    • オイルは洗った後ヌルつくのが不快
    • マスカラが落としにくい

    8位 エリクシールシュペリエル メーククレンジングオイルN


    サラサラしたオイルでつけ心地も軽く、それでいて毛穴の奥のメイクもしっかり落とすことができる優秀なクレンジングオイル。
    肌をやわらかくして角層のゴワつきを抑えることができるので、洗い上がりもすっきりとして肌に潤いを保つことができます。

    濡れた手でもマツエクをしている人でもOKの使いやすい商品です。

    こんな方におすすめ

    • マツエクをしているのでクレンジング剤選びに困る
    • ぬるつきが残るオイルは避けたい
    • オイルクレンジングでは肌が乾燥しそう

    7位 ハイピッチ ディープクレンジングオイルW


    オレンジオイルとユーカリオイルという保湿成分が含まれているので、クレンジングをしながら肌を潤すことができます。
    サラサラとしたテクスチャーでマツエクにも使え、濡れ手で触っても使えるのでお風呂でのクレンジングに最適です。

    オイルクレンジングにありがちな難点をなくし、洗い上がりもベタベタせずすっきりと仕上がります。
    ノンコメドテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストをクリアしており肌への負担も抑えられるので、刺激が気になる女性におすすめ。

    こんな方におすすめ

    • オイルクレンジングは肌に負担がかかりそう
    • クレンジングしつつ保湿もしたい
    • テクスチャーにこだわると落ちにくいものしか使えない

    6位 エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイルE


    くまモンのパッケージが目を引くこのクレンジング剤は、スイゼンジノリ多糖体という美容成分を配合しているので、クレンジングをしながら肌のケアも叶います。

    また、日本産の米ぬか油をベースに使用し、植物由来のオイルのみで仕上げているので肌に優しいのもうれしいポイントです。
    防腐剤、鉱物油、香料、着色料、エタノール、シリコンも無配合なので、肌が荒れやすいという敏感肌の人も使用できます。

    こんな方におすすめ

    • クレンジング剤は見た目も大切
    • 肌が敏感なのでクレンジング選びに悩む
    • 乾燥肌でオイルクレンジングには抵抗がある

    5位 コーセー ソフティモ ディープクレンジングオイル


    ソフティモのクレンジングシリーズはどれも人気が高く、9位に続いてのランクインとなったのがディープクレンジングオイル。

    角質クリア成分が配合されているので毛穴に詰まった角栓やざらつく肌を回避し、滑らかに整えることができます。
    毛穴に入り込んだメイクや、ウォータープルーフマスカラもスルスルおちるので、クレンジングの際の手間やストレスが大きく減るはずです。

    潤いを保つためのエモリエント成分としてオレンジ油とコメヌカ油を配合しているので、洗い上がりはさっぱりとしながらもすべすべで滑らかな肌に仕上がります。

    こんな方におすすめ

    • コスパのいいオイルクレンジングを探している
    • 毛穴の汚れが落ちにくい
    • 洗い上がりにもこだわりたい

    4位 クレンジングリサーチ オイルクレンジングN


    100%植物性の洗浄成分でできているこのクレンジングオイルは、リンゴや柑橘類、サトウキビなどから採れるAHAという成分を含んでおり、角質や毛穴のつまり、くすみなどを優しくケアしながら滑らかな肌に整えることが可能です。
    肌を清潔に整え、きめを細やかにし、ニキビをできにくくする効果も期待できます。

    角質をケアする成分としてオリーブオイルやひまわりオイル、サボンソウオイルを配合し、とことん肌への優しさにこだわっているのが大きな魅力。
    爽やかなアップルの香りに癒されながらメイク落としをすることができるので、「面倒」というクレンジングの概念を覆すケアができます。

    こんな方におすすめ

    • 成分が豊富なクレンジング剤が欲しい
    • クレンジングの最中も楽しい気分でいたい
    • ニキビができやすくて悩んでいる

    3位 熊野油脂 ファーマアクト 無添加クレンジングオイル


    熊野油脂のこのクレンジングオイルは、香料や着色料、防腐剤を使用せずに肌に優しい処方で作られています。
    洗い上がりもべたつかずにさっぱりと仕上がるので、脂性肌の人も気持ちよく使えるはずです。

    天然エッセンシャルオイル配合で心地よくクレンジングをすることができるうえに、濡れ手でも使えるのでお風呂タイムにまとめてメイク落としを行うことができます。

    こんな方におすすめ

    • クレンジングオイルはべたつく印象がある
    • 優しい香りに癒されながらケアしたい
    • 皮脂が多いので、ぬるつきが残るのは避けたい

    2位 ディブ オリーブ&アルガンクレンジングオイル


    落ち着いたグリーンのパッケージで、高級感がありながら手ごろな価格のこのクレンジング剤は、天然オリーブオイルとアルガンオイルの保湿成分を配合し、クレンジングをしながらも肌をしっかり潤すことができます。

    スクワランやホホバ種子油、グリセリンも配合されているのでオイルクレンジング後の感想も気になりにくいのがメリットです。
    お風呂でも使えるので、洗顔後をしてからお風呂に入るという手間を省くことができます。

    こんな方におすすめ

    • 高級感のあるパッケージにこだわりたい
    • 乾燥しやすいのでとにかく保湿力が欲しい
    • 濡れた手でも使えるクレンジング剤が欲しい

    1位 カウブランド 無添加メイク落としオイル


    プチプラなのに肌に優しく、しっかりメイクを落とすことができると話題のこのクレンジングオイル。

    カウブランドのクレンジングオイルは、パームとナタネ由来の天然植物性石鹸と肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分の2つの作用によって、肌をいたわりながらのクレンジングが可能です。

    オリーブスクワランやセラミドなどの保湿成分を配合し、着色料や香料、品質安定剤や鉱物油、アルコールや防腐剤を使用していないので、肌の負担を最小限にとどめてメイク落とすことができます。

    こんな方におすすめ

    • クレンジング剤の肌への負担が気になる
    • 敏感肌なので刺激は抑えたい
    • 安価に買えて効果的なものが欲しい

    オイルクレンジングの使用上の5つの注意点

    ① 手を清潔にしてから使う

    手 指輪


    クレンジング剤が肌に負担の少ないものだったとしても、それをつけるための手が汚れている状態ではやはり肌トラブルを引き起こしやすくなります。
    きれいに見える手でも、普段の生活でよく使う部分だからこそ見えない汚れがついていることもあるので注意が必要です。

    クレンジングをする前には、必ず石鹸やハンドソープで手を洗ってからメイクを落とすようにしましょう。

    ② ポイントメイクは先に落とす

    メイク 目


    洗浄力の高さをうたっているクレンジング剤もありますが、それでも肌の汚れを落とそうとゴシゴシこするとダメージが大きくなります。
    落ちにくいウォータープルーフのマスカラやアイシャドウなどは、まずポイントメイククレンジング剤を使って落とすことが大切です。

    全部でなくてもある程度メイクが落とせれば十分なので、そのあとは一旦落としてクレンジング剤を使いましょう。

    ③ ニキビがあるなら触れない

    ニキビ 頬


    肌に触れる際、ニキビがあるとどうしても気になってしまうものです。
    しかし、ニキビが気になるからといって頻繁に触ってしまうと、炎症している部分に悪影響となり、さらに悪化してしまうことがあります。

    ニキビのある箇所には軽く触れるくらいにして、必要以上にこすらないようにしましょう。

    【こちらもCHECK】オイルクレンジングの使い方を紹介している動画はこちら

    Amazon&楽天のオイルクレンジング人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    オイルクレンジングでメイクをすっきり落とそう!

    スキンケア メイク落とし 泡


    今回は、オイルクレンジングについて正しい選び方や注意点、おすすめの商品を紹介しました。
    オイルクレンジング剤はぬるついたりして扱いにくいと思われがちですが、正しく使えばすっきりメイクを落とすことができる優秀なアイテムなのです。

    ただ使う際には手をきれいにしたりニキビに触れないようにしたりなどの注意が必要となるので、これらをしっかり頭に入れてケアをしましょう。

    正しいケアができれば肌の負担も大きく軽減されるはずなので、気になる商品を見つけたら、ぜひ試してみてください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】スキンケアに関連するおすすめ記事はこちら

    毛穴用クレンジングおすすめ人気ランキングTOP13!黒ずみや汚れの解説も【2019年最新版】

    2019.01.27

    乾燥肌向けのクレンジングおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    顔用スクラブおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.04

    フェイスクリームおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラやオーガニックも【2018年最新版】

    2018.01.01

    ミルククレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!敏感肌&ニキビ向けも【2017年最新版】

    2017.11.29

    ABOUTこの記事をかいた人

    小熊 くるり

    日本化粧品検定1級
    二級愛玩動物飼養管理士


    スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
    また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
    日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
    自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。