犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。

    選び方のポイント

    • サイズ
      →犬の体高や体長よりも一回り大きめのものを選ぶ。

    犬用キャリーバック


    犬と外出する際に必要となるのがキャリーバッグですが、いざ用意しようと思ってもいろいろなものがあって悩んでしまうこともあるでしょう。
    キャリーバッグは犬が過ごしやすいものを選んであげることが大切ですが、どのようなポイントに着目して選んだらいいのかわからない方も多いはず。

    今回は、そんな犬用キャリーバッグの選び方やおすすめの商品を紹介するので、チェックしてみてください。

    目次

    犬用キャリーバッグの基礎知識

    犬用キャリーバック

    犬用キャリーバッグとは?

    犬用キャリーバッグは、犬を中に入れて移動させる際に使うものです。
    犬が落ち着ける空間にもなるので、一つ持っておくと大変便利。
    ただ、犬用キャリーバッグと一口にいってもサイズもさまざまですし、素材によって過ごしやすさも変わってきます。

    またキャリーバッグは、災害時の犬の避難用ハウスとして使うことも可能。
    避難所では犬が好きな人ばかりではありませんし、自由に動きまわらせるわけにはいかないので、キャリーバッグに入れて管理しておくことが大切です。

    【こちらもCHECK】犬用移動グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用リュックキャリーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.04

    犬用クレートおすすめ人気ランキングTOP5!適正サイズの解説も【2018年最新版】

    2018.09.20

    犬用カートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.09

    犬用キャリーバッグのタイプ

    犬用キャリーバック


    犬用キャリーバッグには、大きく分けてハードタイプとソフトタイプの2種類があります。
    ハードタイプは基本的に固めの素材でできており、ソフトタイプはやわらかめの素材でできているのが特徴。
    では、具体的にはそれぞれどのような魅力があるのでしょうか。

    ハードタイプ

    Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア Mサイズ

    Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア Mサイズ
    ハードタイプはポリプロピレンなどの固めの素材を使用しており、耐久性があるのがポイント。
    壁などにぶつかって衝撃が加わったとしても、それがダイレクトに犬に伝わることがないので、精神的にも身体的にも負担をかけずに済みます。

    ハードタイプは頑丈で、犬も落ち着いて過ごすことができるので、2〜3時間ほどの移動にもぴったり。
    変形しにくく災害時にも使いやすいので、ひとつ持っておくと便利です。

    また、形がしっかりしているため足場もグラつきにくく、身体的な負担も少なくて済みます。
    ただし壁が固いので、犬が気にしているようならクッションを敷いてあげるといいでしょう。

    ソフトタイプ

    アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー Mサイズ ブラウン POTC-500A

    アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー Mサイズ ブラウン POTC-500A
    ソフトタイプのキャリーバッグは、布でできているのが特徴です。
    肌当たりがやわらかいので、犬が中でくつろぐことができるのがメリット。
    飼い主との密着度も高いので犬も安心して休むことができますし、重量もないので運ぶ飼い主側にとっても使いやすいです。

    ただしソフトタイプは衝撃に弱く、犬にダイレクトにダメージが加わるので、ストレスを溜めてしまうことがあります。
    足場も安定しにくいため、身体的にも疲れやすく、長時間の移動には不向きです。
    30分〜1時間程度を目安に使用するようにしましょう。

    犬用キャリーバッグの人気メーカー

    リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S ブラウン

    リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S ブラウン
    犬用キャリーバッグを選ぶ際には、ブランドで選定することも大切です。
    有名なアイリスオーヤマやリッチェルはどちらも大手のメーカーで、玩具や給餌器、給水器などの製品を多数販売している実績のある会社。

    人気があるのはハードタイプのキャリーバッグで、耐久性に優れているのでAmazonなどのランキングでも上位にランクインしています。
    シンプルな作りで使いやすく、カラーもデザインもベーシックなので、どんな人でも使いやすいのが魅力です。

    犬用キャリーバッグをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    サイズ

    WOpet ペットキャリー ショルダーバッグ

    WOpet ペットキャリー ショルダーバッグ ペットキャリーバッグ キャリーバッグ かわいい キャリーバック 小型犬 犬うさぎキャリーバッグ 猫 キャリーケース ペットキャリー ドッグ キャリーバッグ 犬 小型犬 ペット 猫 折り畳み式 トートバッグ (ホワイト)
    犬用キャリーバッグを選ぶ際には、基本的にサイズを重視して選ぶことが大切です。
    犬の体にあうサイズでないと犬が負担を感じてしまうことがあるので、気をつけなければなりません。

    小さすぎると犬が中で自由に動くことができず、きつい体勢を強いられることもあるので、ストレスやケガなどにつながってしまいます。
    反対に大きすぎると、犬が落ち着けずにストレスとなってしまうので注意が必要です。

    犬用キャリーバッグを選ぶ際には、犬の体高や体長よりも一回り大きめのものを選ぶようにしましょう。
    キャリーバッグは小型犬用と中型犬用があるので、犬の種類に応じてある程度絞ることができます。

    犬用キャリーバッグの上級者目線での2つの選び方

    ① 安全性で選ぶ

    petsfit ペットキャリーバッグ

    petsfit ペットキャリーバッグ 小型犬 うさぎ キャリーバッグ 猫 キャリーバッグ キャリーケース 通気性抜群 折りたたみ (車載/スリング/手持ち)
    犬用のキャリーバッグを選ぶ際には、頑丈で安全性が高いものを選ぶことが大切です。
    入口のロックがきちんとできるものを選んだり、逃げ出し防止のフックなどがついているものを選んだりするといいでしょう。
    なかには、チャックボタンを閉めて首だけ出せるようにできるアイテムもあります。

    作りが雑な安価なものは、作りのしっかりとした質の高い高価なものと比べて縫製や素材・機能などの面で安全性に劣るので、リスクを減らすためにも質のよいものを選ぶようにしましょう。

    ② 使用する交通機関にあわせて選ぶ

    Asia Color 軽量 コンパクト 2WAY ペット キャリー

    Asia Color 軽量 コンパクト 2WAY ペット キャリー バッグ ケース 犬 猫 ウサギ 用 折りたたみ 収納 簡単 可愛い 肉球 模様 旅行 (M, ピンク)
    犬用のキャリーバッグは、目的や用途にあわせたものを選ぶ必要があります。
    例えばソフトタイプのキャリーバッグでは電車や新幹線などの交通機関に乗せられない場合があるので、しっかり確認してから購入することが大切です。
    また、公共交通機関を利用する際には膝の上に乗せるなど、細かなルールがある場合もあるので、そちらもチェックしましょう。

    ドライブに犬を連れて行くという場合には、ベルトつきでシートベルトに通せるようになっているものを選ぶ必要があります。
    座席に固定できないと、急ブレーキをかけた際にサークルが落ちてしまう可能性もあるので、しっかりと固定しておくことが大切です。

    犬用キャリーバッグの最安値と価格帯の特徴一覧

    女性 財布 ピンク


    犬用のキャリーバッグの価格帯は、1,500〜10,000円ほどです。
    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約1,500円~2,000円~6,000円約8,000円~
    特徴機能性が低く、用途も限られる通気性がよいなど、犬が快適に過ごせるかどうかが考慮されているキャスターつきなど、機能性が充実

    ハードタイプの小型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3

    ここまで犬用キャリーバッグの選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。
    そこでここからは愛玩動物飼養管理士の資格を持つ筆者が、安全性や機能性などを重視したおすすめの商品を紹介します。

    3位 Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア

    Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:58×38×33cm
    耐重量:-
    飛び出し防止機能:無

    Amazonのオリジナル商品であるこれは、安価なのに機能が充実しているのがポイントです。
    ドアは側面2方向についており、上部も開くことができるので、犬の出し入れをスムーズにすることが可能。
    スピーディーに中に犬を入れることで、飼い主も犬もストレスを溜めずに移動できます。

    側面のとびだは鋼鉄ワイヤーで作られており、本体もプラスチック製なので耐久性があるのが特徴。
    頑丈なので、犬の体をしっかり保護することが可能です。
    側面にはメッシュ状に穴が空いているので通気性もよく、犬も快適に過ごすことができます。
    上下で取り外しができるようになっているので、使わないときの収納にも困りません。

    2位 アイリスオーヤマ ドライブペットキャリー

    アイリスオーヤマ ドライブペットキャリー
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:32×51×28.5cm
    耐重量:S(〜5kg)・M(〜12kg)
    飛び出し防止機能:有

    ペット総合ブランドとして知られるアイリスオーヤマのこの商品は、手持ちキャリー、ハウス、ドライブキャリーの3つの役割を担う便利なアイテムです。
    上面の持ち手を持てば簡単に持ち運びができますし、取り外し可能なシートベルトフックを使えば車の座席に固定することも可能。
    天井と側面の扉は取り外しできるので、ハウスとしておいておけば犬が自由に出入りして過ごすこともできます。

    飛び出し防止のリードが2本ついているので、開けた際の急な飛び出しを防げるのもうれしいポイント。
    上下に分解できる設計になっているので、汚れてきたら水洗いして清潔に保つことができるのも魅力です。

    【こちらもCHECK】アイリスオーヤマ ドライブペットキャリーの動画はこちら

    1位 リッチェル キャンピングキャリー

    リッチェル キャンピングキャリー
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:31.5×47×28.5cm
    耐重量:S(〜5kg)・M(〜8kg)
    飛び出し防止機能:無

    ペット用品ブランドとして人気の「リッチェル」が販売しているこの商品は、ワンタッチで左右どちらからでも扉を開閉できます。
    ワンタッチロックで上下に分解できるので掃除も楽ですし、使わないときには上下を重ねてコンパクトにまとめて収納しておくこともできるので、とても便利です。

    シングルドアタイプとダブルドアタイプの両方があるので、用途によって使い分けましょう。
    ダブルドアタイプなら2方向にドアがついているので、サークルとつなげば居住スペースとしても使用でき、大変役立ちます。
    シングルドアタイプは網状の開閉口が1つだけなのでサークル内を暗めに保つことができ、犬が落ち着いて過ごすことができます。

    上部にはシートベルトを引っ掛けるフックがついているので、ドライブの際にもしっかりと座席に固定することが可能。
    別売のショルダーベルトを使えば、肩にかけて楽に持ち運べます。

    【こちらもCHECK】リッチェル キャンピングキャリーの動画はこちら

    ソフトタイプの小型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3

    ハードタイプに引き続き、ここからはソフトタイプの小型犬用キャリーバッグを紹介します。

    3位 HuMeii 犬 キャリーバッグ

    HuMeii 犬 キャリーバッグ
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:46×28×29cm
    耐重量:〜7kg
    飛び出し防止機能:無

    上部とサイドにメッシュ加工が施されているので、通気性に優れているのがメリットです。
    上部のメッシュ部分は全オープン式なので、犬を出し入れする際にもスムーズ。
    新鮮な空気もしっかりと入るので、中で過ごす犬も快適です。

    肩がけベルトがついているので、ショルダーバッグとしてもトートバッグとしても使用できるのもメリット。
    長距離を移動するときには肩がけにして、飼い主の負担を軽減することもできます。

    底面のマットの中には固い底版が入っており、防水素材を使用しているので、おしっこなどで湿ってもカビが生えることが少ないです。
    取り外しが可能なので、いつでも清潔な状態にキープできるのはいいですよね。

    使わないときには薄くたたんで収納できるのもうれしいポイント。

    2位 WOpet ペットキャリー

    WOpet ペットキャリー
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:40×26×27cm
    耐重量:〜8kg
    飛び出し防止機能:有

    シンプルなデザインのこの商品は、底敷部分にふわふわのボア状素材を使用しているので、長時間の移動でも犬がくつろげるようなデザインになっています。
    下敷き部分は取り外せるので、汚れたらすぐに洗濯をして、いつでも清潔な状態に保つことができるのがうれしいポイント。

    暗いところに入れられるペットのストレスを考慮して、可視性の高いメッシュ素材を使用しており、外の景色を見やすいように設計されています。
    通気性もよく中も蒸れにくいので、ペットも身体的ストレスを感じることなく過ごすことが可能です。

    上部も開くので、ペットが疲れている様子なら頭だけ出させることができます。
    収納ポケットが後ろについているのでリードなどの小物を入れておくことができますし、ショルダーストラップは長さの調節ができるので持ち運びしやすいのもメリット。
    車で移動する際にはシートベルトを通すことができるので、座席にしっかり固定できます。
    使わないときには底板をはずしてたたみ、コンパクトに収納できるのもうれしいポイントです。

    1位 ペットキャリーバッグ Lantoo

    ペットキャリーバッグ Lantoo
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:46×28×28cm
    耐重量:〜6kg
    飛び出し防止機能:有

    4面を開いたり拡張したりすることができるのが大きなポイントのキャリーバッグ。
    側面3つと上面にはメッシュ加工が施されえいるので通気性もよく、ペットも快適に過ごすことができます。
    サイドは外側に倒すことで空間を拡張できるので、ハウスのように使用するのにも便利です。

    車のシートにつないだりショルダーバッグとして使ったり、キャリーバックや手持ちバッグとして使ったりなどの4way機能も便利。
    防水タイプなので、雨の日の移動も不安なく行えます。
    底面にはやわらかいマットが敷かれているので犬も過ごしやすく、飛び出し防止リードもついているので、飛び出し事故のリスクも下げることが可能です。

    ハードタイプの中型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3

    続いて、ハードタイプの中型犬用キャリーバッグを紹介します。

    3位 プチリュバン デラックス キャリーバッグ60 L

    プチリュバン デラックス キャリーバッグ60 L
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:40×40.5×60cm
    耐重量:〜18kg
    飛び出し防止機能:無

    シンプルな見た目のこの商品は、ポリプロピレンを使用した頑丈な作りになっているので、犬の体にダメージを与えることなく運べるのが特徴。
    上部と下部は分解でき、組み立てる際にはロックつきのジョイントを閉めるだけで簡単です。

    扉部分はバネ式で、ワンタッチで開閉可能。
    ストッパーがついているので、扉部分を誤って奥に押し込んでしまうこともなく、手軽に使用できるのも大きな魅力です。

    2位 リッチェル キャンピングキャリー

    リッチェル キャンピングキャリー
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:44×67×50cm
    耐重量:〜20kg
    飛び出し防止機能:無

    ハンドルが2か所についているので、2人で持って運べるのが最大の利点。
    中型犬は大きくて一人で水平を保って持つのは大変ですが、二人でバランスよく持つことができれば、犬にもストレスをかけることなく運べます。
    片側下部にはキャスターがついているので、取っ手を1つ持てば楽に転がして移動できるのもうれしいポイントです。

    扉の開閉はワンタッチで行うことができ、左右どちらからでも開くことができるのも便利。
    上部にはシートベルトを引っ掛けるためのフックがついているので、車で移動する際にもしっかり固定できます。

    1位 アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー

    【アイリスオーヤマ】エアトラベルキャリー
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:37.5×53.5×37cm
    耐重量:〜20kg
    飛び出し防止機能:無

    ワイドサイズのこの商品は、20kgまでの中型犬を入れることができます。
    飛行機に乗せるキャリーケースとして便利なアイテムで、飛行機の貨物に携わるIATA国際貨物輸送協会の定める基準をクリアしていので、不安なく乗せることができるでしょう。

    取っ手つきなので持ちやすく、扉を外せばハウスとしておいておくこともできます。
    水やご飯を入れる皿がついているので、こまめに水分補給などができるのもうれしいポイントです。
    上下は分解できるので、使わないときにはコンパクトに収納することが可能。

    ソフトタイプの中型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3

    最後に、ソフトタイプの中型犬用キャリーバッグを紹介します。

    3位 HBLIFE 最高品質 ペット用 キャリーバッグ

    HBLIFE 最高品質 ペット用 キャリーバッグ
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:20×41×27cm
    耐重量:〜12kg
    飛び出し防止機能:無

    シンプルな見た目のこの商品は、取っ手のほかに取り外せるショルダーベルトがついているので、手提げも肩掛けでも使用できます。
    シートベルトを通すベルトもついているので、車移動の際に固定するのにも便利。

    側面と天井部分にはメッシュ素材が使用されているので通気性もよく、入り口部分と反対側の窓部分は開閉できるので、出し入れや顔だけ出させるときにも役立ちます。
    本体もファスナーつきで開閉でき、中敷を外して小さくたためば収納する場所にも困りません。

    2位 pettom ペットキャリーバッグ

    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:48.3×30.5×30.5cm
    耐重量:〜10kg
    飛び出し防止機能:無

    側面2か所と天井面を開閉できるのがポイントです。
    側面も天面も全オープンタイプで犬をスムーズに入れることができるため、移動の前の準備段階で手間がかからないのもメリット。

    中はワイヤー組でしっかりと空間を形作ることができ、安定性があるので犬が不安やストレスを抱えることなく過ごせます。
    底に敷いてある床材は取り出せるので、汚れてきたらすぐに掃除をして衛生的に保つことが可能です。

    1位 petsfit 犬用品  ペット用キャリーバッグ

    petsfit 犬用品  ペット用キャリーバッグ
    機能性
    安全性
    耐久性
    総合おすすめ度

    サイズ:66×37×36cm
    耐重量:〜15kg
    飛び出し防止機能:有

    上部に伸縮可能な取っ手がついているので水平状態で持ち歩くことができ、ペットも無理な体勢を強いられることなく快適に過ごせるのがうれしいポイント。
    4輪キャスターもついているので、長時間の移動の際にも体に負担をかけることなく、楽にペットを運べるのもうれしいですよね。
    車輪は360°回転するので曲がるときなどにもスムーズで、動きやすいのもメリット。

    4面にメッシュ素材が使われているので通気性もよく、蒸れにくいので夏場の移動でも犬のさほど負担をかけることはありません。
    飛び出し防止機能がついているので事故を防ぐこともでき、使わないときにはパーツを分解してコンパクトに収納できるのも魅力です。

    犬用キャリーバッグの使用上の注意点

    ① まず中に入るのを慣れさせる

    petsfit ペットキャリーバッグ 小型犬

    petsfit ペットキャリーバッグ 小型犬 猫用 ペットバッグ スリング 小型犬キャリーケース 通気性抜群 折りたたみ(車載/スリング/手持ち)
    犬用キャリーバッグを使う際には、まず犬に気に入ってもらう必要があります。
    気をつけなければならないのは、犬がなかなか入ってくれないからといって、無理やり入れてしまうこと。
    これをしてしまうと、犬はキャリーバッグに入ることに恐怖を感じて、近寄りすらしなくなってしまうことがあります。

    犬がキャリーバッグに自然と入ってくれるように、飼い主側が工夫をして誘導することが大切です。
    警戒心の強い子など、なかなか入ってくれないという場合には、おやつなどをキャリーバッグの中に入れて、犬が入ったら褒めておやつを与えてあげましょう。
    そうすると犬は「ここに入るといいことがある」と学習し、次からは自分から入ってくれるようになりますよ。

    ② 犬の様子をこまめにチェックする

    petsfit ペットキャリーバッグ 小型犬 うさぎ キャリーバッグ

    petsfit ペットキャリーバッグ 小型犬 うさぎ キャリーバッグ 猫 キャリーバッグ キャリーケース 通気性抜群 折りたたみ (車載/スリング/手持ち)
    いくらクッション性があって快適なキャリーバッグだったとしても、狭い空間に長時間閉じ込められていると、犬はストレスを感じてしまいます。
    ストレスが蓄積されると、最終的に体調を崩してしまうこともあるので気をつけなければなりません。

    長時間の移動に犬を連れて行く場合にはぐったりしていないか、元気があるか、ということをこまめに確認してください。
    臆病な犬の場合、慣れない土地を移動していることが不安で、怯えてしまうことがあります。
    そのような様子が見て取れたら、犬を出して撫でてあげるなど、安心させてあげることが大切です。

    犬用キャリーバッグは、手作りもできる!

    viewing(ヴューイング) 小型犬用 子犬 抱っこ紐 ひも バックスリング バッグスリング ペット PET キャリー キャリア デニム or コットン 肩紐長さ調整可能タイプ (コットン・グレー)

    viewing(ヴューイング) 小型犬用 子犬 抱っこ紐 ひも バックスリング バッグスリング ペット PET キャリー キャリア デニム or コットン 肩紐長さ調整可能タイプ (コットン・グレー)
    犬用キャリーバッグはお店でもたくさん販売されていますが、自分で作ることもできるので、興味があれば試してみてください。
    手作りできるキャリーバッグは基本的に布製ですが、身近にある素材で作れるので、家に余っている生地から使えそうなものを探してみるといいでしょう。

    例えばジーンズや段ボール、タペストリーなどを縫いあわせたり貼りつけたりすることで簡単に作ることができます。
    ただし、自分で作る場合には耐久性の面で不安が残るので、縫製は「これくらいかな?」と思うよりも頑丈にしておくことが大切です。
    犬の足場となる底板を敷く際には、やわらかめのまな板などを使用するといいですよ。
    手作りの商品は壊れやすいこともあるので、傷んでいるところがないか、破損しているところがないかということを毎日チェックしましょう。

    Amazon&楽天の犬用キャリーバッグ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    犬用キャリーバッグを使って、犬との移動を楽しもう!

    犬用キャリーバック


    今回は、犬用キャリーバッグの選び方やおすすめ商品について紹介しました。
    犬用のキャリーバッグは犬を連れて移動する際に便利なアイテムですが、ソフトタイプやハードタイプなどに分かれているので、必要に応じて使い分けることが大切です。

    犬のサイズにあう犬用キャリーバッグを使って、犬との旅行を楽しみましょう!

    【あわせて読みたい】犬用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ペット(犬・猫)用自動給餌器おすすめ人気ランキングTOP9!ストッカー・トレー・カメラ付き等タイプ別に解説【2018年最新版】

    2018.10.16

    犬用ボールおすすめ人気ランキングTOP10【2018最新版】

    2018.10.12

    犬用食器おすすめ人気ランキングTOP12!プラスチック製・ステンレス製・陶器製の種類別に紹介【2018年最新版】

    2018.10.11

    犬用ドライヤーおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.10

    犬用シャンプーおすすめ人気ランキングTOP24!やり方や頻度の解説も【2018年最新版】

    2018.10.01

    ABOUTこの記事をかいた人

    小熊 くるり

    日本化粧品検定1級
    二級愛玩動物飼養管理士


    スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
    また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
    日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
    自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。