犬用の靴(靴下)おすすめ人気ランキングTOP15!ブーツや滑り止め付きのものも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。

    選び方のポイント

    • サイズで選ぶ
      →通販で購入する場合基本的に返品不可となっているお店が多いので、事前にしっかりサイズを測っておこう。また「大きめ・小さめ」どちらのサイズも合う場合は小さめで脱げにくいものを選ぼう。
    犬 靴 雨 レイン ブーツ コート

    今はかわいい商品がたくさんあるので、犬に靴や靴下を履かせようかと迷っている人や、おしゃれの一環で履かせようと考えている人も多いのではないでしょうか。
    しかし、犬に靴や靴下を履かせると、歩きにくくてストレスがたまってしまうのではないか、と不安に思う人もいますよね。

    実は犬の靴や靴下は、犬にとって重要な役割を担っているものでもあります。
    そこで今回は、犬の靴・靴下のメリットやデメリット、選び方やおすすめの商品について紹介するのでチェックしてみてください。

    犬用の靴(靴下)のメリット・デメリット

    メリット

    犬の靴や靴下のメリットは意外にたくさんあります。
    地面と犬の足が直接触れないので、夏場は厳しい照り返しによるダメージが軽減できますし、また冬場の冷気が体に伝わるのを防いでくれることから、体の熱を奪われないようにする役割もあります。

    さらに犬は外を歩くと小石などで足裏の肉球を傷つけてしまうことがありますが、靴や靴下を履いていればそのような心配もありません。
    滑り止めがついているものであれば、フローリングの床などでも滑って転んだり、関節を傷めたりする可能性を軽減することも可能です。
    犬が足を舐めすぎることによる皮膚病も靴や靴下を履いていればガードできるでしょう。

    デメリット

    犬用の靴や靴下のメリットはたくさんありますが、購入の際にはデメリットにも目を向けなければなりません。
    自然界で犬は靴や靴下などというものは履きませんから、足に何かを履くということがストレスになる場合も考えられます。
    ストレスが蓄積していくと体調不良などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

    また犬の靴や靴下を選ぶ際には、いくつかあるサイズのなかから適切なものを選ぶ必要があります。
    大きければすぐに脱げてしまいますし、小さいと今度は足が締めつけられて血行を阻害するなど、トラブルが起こる可能性があるので注意しましょう。

    【こちらもCHECK】犬用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.10.26

    犬用ボールおすすめ人気ランキングTOP10【2018最新版】

    2018.10.12

    犬用食器おすすめ人気ランキングTOP12!プラスチック製・ステンレス製・陶器製の種類別に紹介【2018年最新版】

    2018.10.11

    犬用の靴(靴下)をはじめて買うならここを必ず押さえよう

    サイズで選ぶ

    HAVEGET ドッグブーツ 犬用靴 愛犬のお散歩 滑り止め 雨の日 柔らか 軽い 中型、大型犬にもフィット 7サイズ選べる ドッグシューズ 犬靴(XS)

    HAVEGET ドッグブーツ 犬用靴 愛犬のお散歩 滑り止め 雨の日 柔らか 軽い 中型、大型犬にもフィット 7サイズ選べる ドッグシューズ 犬靴(XS)

    犬用の靴はペットショップや通販で手に入れることができます。
    ただ通販などで購入する場合には、基本的に返品不可となっているので注意が必要です。
    一度履かせてしまうと毛がつくこともあるので当然といえば当然なのですが、試着ができない以上、サイズをしっかりと計ってフィットするものを選んであげることが大切です。

    犬の足のサイズを測る際には、まず犬の足を紙の上に乗せ、足周りに沿って線を引いて輪郭をとりましょう。
    終わったら縦横の長さなどを測ればOKです。
    犬は前足とうしろ足でサイズが微妙に異なることがあるので、必ず両方測るようにしてください。

    サイズを測って持って行っても、大きめのサイズと小さめのサイズ、どちらにもフィットする場合は悩んでしまうこともあるでしょう。
    そのような場合には、小さめのサイズを選んでおくのがベストです。
    犬の毛が多く、滑って足が抜けてしまうこともあるので、念のため小さめで脱げにくいものを選ぶようにしてください。

    犬用の靴(靴下)上級者目線の選び方

    ① 滑り止めのあるものを選ぶ

    【ノーブランド品】犬用靴下 犬用ソックス 1足分4個セット 防寒 滑り止め 黒+白 (S)

    【ノーブランド品】犬用靴下 犬用ソックス 1足分4個セット 防寒 滑り止め 黒+白 (S)

    靴下は基本的に布でできているため、フローリングなどでは滑ってしまうことが多々あります。
    滑ると犬の足にも負担がかかり、関節が外れるなどのけがにつながってしまうこともあるので、家のなかであっても十分な注意が必要です。
    そのため靴下を選ぶ際には、床と接する部分に滑り止めがついているものを選ぶのがおすすめ。
    ドット状に滑り止めがついているものが多く、床との摩擦によって滑りにくくなるように作られています。

    靴も同様で、底面に滑りにくいゴムなどの素材が使われているものが多いため、迷ったらこのようなポイントを重視して選ぶといいでしょう。

    ② 季節にあわせて選ぶ

    犬 服 冬 雪 靴

    人間も季節にあわせて衣替えをしますが、犬の靴や靴下を選ぶ際にも、そのシーズンにあわせて設計されたものを選ぶことが大切です。

    例えば夏場であればウールなどの靴下だと蒸れてしまうので、通気性のいいコットンの素材を選ぶか、メッシュ素材など通気性がよいものを選ぶといいでしょう。
    蒸れると皮膚病などのトラブルにつながってしまうことがあるので、特にポメラニアンなどの毛が長い種類は注意しましょう。

    反対に冬場は気温も低く寒いので、ウールなどの保温性がある靴下がベストです。
    足を靴や靴下で覆っておくことで、冷たいアスファルトなどからの冷気が体に伝わりにくく、冷えて体調を崩してしまうということもありません。

    犬用の靴(靴下)の最安値と価格帯の特徴一覧

    財布 カード


    犬用の靴や靴下の価格相場としては、400〜5,000円ほどです。
    安いものは機能がシンプルで、高いものは上質な素材を使っており、耐久性や通気性に優れているものが多い傾向にあります。
    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約400円~1,500円~3,000円約4,000円~
    特徴シンプルな設計で機能性は少ない軽量で質のよい素材を使用しているものが多い耐久性があり、摩耗しにくいなど丈夫なものが多い

    犬用の靴と靴下おすすめ人気ランキングTOP5

    ここまでは犬用靴や靴下のメリットやデメリット、選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。
    そこでここからは愛玩動物飼養管理士の資格を持つ筆者が、滑り止めなどの機能性やサイズ展開、内容量に対してのコストパフォーマンスなどを重視したおすすめの商品をピックアップして紹介していきます。

    5位 犬用靴下 Skitter

    犬用靴下 Skitter
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2個
    サイズ:XS・S・M・L
    滑り止め:有

    犬の靴・靴下の専門店「docdog」が獣医師と共同で開発して作られた商品です。
    足裏部分には力や負荷のかかる方向を考えて作られたギザギザ状の滑り止めがついており、ぴたっと止まって滑らずに歩くことができます。
    畳の上やフローリングはもちろん、階段などでの転倒を防止する目的で使用することも可能。

    汚れてきたら手洗いすることで、いつでもきれいな状態を保てるのもうれしいポイントと言えるでしょう。
    犬の舐めグセやケガ、包帯を巻いた患部の保護などにも役立ちますし、また滑りにくいことから、足腰が弱ったシニア犬が立ち上がる際のサポートとなるのもポイントです。
    夏場に肉球に掛かる熱のダメージや、冬場の乾燥などからも守ってくれます。

    4位 ペット用靴下 くつたび

    ペット用靴下 くつたび 犬の靴下
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:S・M・L
    滑り止め:有

    通気性のよい綿で作られているこの商品は、夏場でも蒸れを心配することなく使用できます。
    足を入れる口部分は2cmのSサイズ、3cmのMサイズ、3.5cmのLサイズとなっており、選ぶ際にはこれらのサイズを参考に、足首のサイズを測ってみるといいでしょう。
    口部分にはゴムが入っていて伸縮性があるので多少小さいものでもOKです。
    足のサイズをしっかり測ることで、脱げにくい靴下が選べるでしょう。

    デザインも星柄やマルチボーダー、ホネや英字ロゴなどたくさんあるので、犬の毛色などにあわせて選んであげるといいでしょう。
    滑り止めが肉球のような形にデザインされているのもポイントです。

    3位 Petacc 犬靴 メッシュシューズ

    犬の靴
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:S・M・L・XL
    滑り止め:有

    この商品は表面がメッシュになっていて通気性がよいのがポイントです。
    肉球が傷ついているとき、またはケガをして自分の足では歩きにくいときなどの保護やサポートとして役立ちます。
    表面には反射テープがついているので、夜の散歩も不安なく行えるでしょう。

    靴を固定する面ファスナー部分は必要な長さにカットして調節ができ、犬の足のサイズにあわせられます。

    ソファーや絨毯、車のシートを犬が引っかいて傷つけないよう防止することも可能ですし、サイズもS〜XLと、小型犬から中型犬くらいまで使用できるでしょう。

    2位 Ruffwear 犬用靴 Summit Trex

    犬用靴 Summit Trex
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2個
    サイズ:XXS-S・XXS-L・XXS・XS・S・M・L・XL
    滑り止め:有

    見た目の割に軽量設計で犬が軽やかに走り回るのを邪魔せず、負担やストレスをかけずに着用させられます。

    底面にはやわらかいゴムを素材として使用しており、滑りにくいのもポイントです。
    撥水性や耐久性もあることから雨の日などの散歩にも適しており、長く使用できるのもうれしいポイントと言えるでしょう。

    地面の熱や冷気から犬の肉球を保護でき、また除草剤などの異物が犬の肉球について炎症やケガが起こるのを防ぐことも可能です。
    災害時の移動でも、瓦礫を踏んでケガをさせてしまう心配がありません。

    1位 RC Pet Products 犬用靴下 SPORT PAWKS

    犬用靴下 SPORT PAWKS
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:XXS・XS・S・M・L・XL
    滑り止め:有

    足をしっかり包み込むことができ、2か所に絞りがついたこの犬用ソックスは、脱げにくいのが大きな魅力です。
    絞られている部分がしっかりと足にフィットするのでずれにくく、犬が走り回っても途中で脱げてしまう心配がありません。

    足裏についたアンチスリップ(滑り止め)加工により、フローリングや畳などのツルツルしているところでも滑らず、ケガの可能性を軽減できます。
    爪で床を引っかいてしまわないので、室内で履かせるのにも適していますし、友人宅に連れて行く際にも重宝するでしょう。

    汚れてきたら洗濯機で簡単に洗えるので、複数用意して洗い替えを作っておくとさらに役立ちます。
    サイズも6段階と豊富で、犬の足にフィットするものが見けられるでしょう。

    犬用のブーツおすすめランキングTOP5

    続いて、犬用ブーツのおすすめランキングを紹介します!

    5位 Petacc ペット用靴 犬用レインブーツ

    Petacc ペット用靴
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:2号・3号・4号・5号・6号・7号・8号
    滑り止め:有

    黒を基調としたシンプルなデザインのこの商品は、面ファスナー部分に反射材が使用されていて、夜の散歩でも存在をドライバーに気づかせ、事故を防ぐことができます。
    犬の足の太さにあわせて調節できフィットさせられる面ファスナーはつけ心地も快適。
    着脱も簡単なので、犬が嫌がることなくスムーズに履かせてあげられるでしょう。

    耐久性のあるナイロンで作られた本体は摩擦にも強く、長持ちさせられます。
    滑りにくいゴム製の底部はフローリングなどでも滑ることがなく、摩擦に耐えられるので、すり減りにくいのが魅力です。
    夏場の地面の暑さや冬場の冷気から足を守り、快適に過ごせますし、災害時にも瓦礫やガラスの破片などから足を保護し、怪我を防止できるのも大きな魅力と言えます。

    4位 フルッタ Outback Boots

    フルッタ (Hurtta) アウトバックブーツ
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2個
    サイズ:S・M・L・XL・XXL
    滑り止め:有

    フィンランドの有名ドッグメーカー「Hurtta」が販売しているこの商品は、2個ずつのセットなので、前足とうしろ足でサイズが違う場合でも別で2セット用意できます。

    履き口に犬の足を入れ、テープで巻いて固定するだけの簡単な着脱法は犬の足に負担をかけず、スムーズな着脱が可能です。
    テープは2重に巻くことができ、犬が活発に動き回っても外れにくい設計となっています。

    Hurtta独自の透湿防水素材「Houndtex」を使用しているので雨の日の散歩も安心ですし、蒸れにくいという利点もあるので、犬も快適に過ごせるでしょう。
    底面はゴムでできていて滑りにくく、普通に歩くのはもちろん、思い切り走っても不安はありません。

    【こちらもCHECK】Outback Bootsのレビュー動画はこちら

    3位 HAVEGET ドッグブーツ

    HAVEGET ドッグブーツ
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:XXS・XS・S・M・L・XL・XXL
    滑り止め:有

    こちらは滑って犬が転倒するのを防いだり、足への負担を抑えたりできるゴム製のソールを使用した商品です。
    ガラスの破片や夏場のアスファルトの熱、冬の雪などの冷感などから犬の足を保護でき、ソール部分は耐摩耗性の設計になっているのですり減りにくく、長く使用することができます。

    側面のアッパー部分には軽くてやわらかいネオプレンを使用しており、犬の足にフィットして負担をかけることがありません。
    足に巻きつけて固定するタイプの面ファスナーは着脱も簡単で、しっかり巻きつけることでズレにくく、しっかり固定できます。

    2位 JML 犬靴

    犬靴 夏 小型犬 メッシュ ドッグブーツ
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ(履き口周り):1(2.7cm)・2(3.2cm)・3(3.7cm)・4(3.9cm)・5(4.2cm)
    滑り止め:有

    耐摩耗性があって滑りにくいゴム製のソールを使用しているこの商品は、活発な犬が走り回ってもケガをしにくいのが大きな魅力です。
    厚みのあるソール部分は、ガラスの破片や夏のアスファルトの熱などから犬の足をしっかりガード。

    着脱はフロントのファスナーで行い、ファスナーを締めたあとに面ファスナーを巻きつけることでしっかりと固定できます。
    足にしっかりフィットして脱げにくく、ファスナー部分には下地があるので毛が絡まってしまう心配も無用です。

    メッシュ素材を使用している本体は通気性がよく、蒸れにくいので夏場でも快適に過ごせますし、軽量でクッション性もあることから、犬も不快感なく履けるでしょう。

    1位 QIAONAI 犬用靴 ブーツ

    QIAONAI 犬の靴  シューズ
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:S・M・L・XL
    滑り止め:有

    足に巻きつけて固定できるこの商品は、小型犬など関節の弱い足をしっかり保護できるアイテムです。
    部屋の床に爪で引っかき傷をつけてしまうこともありませんし、足音もしにくいので防音アイテムとしても使用できます。
    日本製の面ファスナーで足回りを止めて固定でき、歩いているうちに脱げてしまう心配もありません。

    表面にはメッシュ素材を使用していて通気性もよく、ソフトな質感なので犬の足にも優しくフィットします。
    反射テープが表面についていることから、夜などの暗い中で散歩する際にも不安がありません。

    室内で使う犬用の靴下おすすめランキングTOP5

    最後に、室内用の犬用靴下ランキングを紹介します!

    5位 SHANs ペット用靴下

    SHANs ペット用靴下 犬の靴下
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:ワンサイズ
    滑り止め:有

    小型犬向けに作られた滑り止めがついているこの商品は、若い犬の滑りや転倒を防ぐ目的以外にも、シニア犬の立ち上がりのサポートなどに役立ちます。

    足裏の滑り止めは力の負荷がかかる方向を考慮し、ジグザグの設計になっているのがポイント。
    フローリングや畳など、滑りやすい場所でもしっかりと犬の体を守り、過ごしやすい環境を作ってあげることが可能です。

    燕尾服のようなおしゃれなデザインも魅力で、ファッションアイテムとしても役立つでしょう。

    4位 Legendog 犬 靴下

    Legendog 犬 靴下
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:L・XL
    滑り止め:有

    高品質のコットンを使用しているこの商品は、やわらかく履き心地がよいのが魅力です。
    伸縮性もあり、犬が履いている途中で窮屈さを感じることもありませんし、保温性もあるので寒さが苦手な犬にも適しているでしょう。
    足裏部分には滑り止めがついており、フローリングなどで滑ってケガをしてしまうこともありません。

    おしゃれなデザインで、カラーもブルー・レッド・レッドグリーン・レッドブラックの4種類から選べます。

    3位 iikuru 犬 靴下

    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:6個(3セット)
    サイズ:S・M
    滑り止め:有

    やわらかく肌触りのよいコットンを使用したこの商品は、通気性もよく夏場でも蒸れにくく、犬も不快感なく使用できるのが大きな魅力です。
    履き口からサッと通して履かせられて着脱の手間もかからず、犬にもストレスがかかりません。

    肉球型のかわいい滑り止めによって、犬がフローリングなどで滑ってケガをする可能性が減らせるのもうれしいポイントです。
    3つのデザインが2個ずつセットになっていて、洗い替えにできるのもメリットと言えるでしょう。

    2位 DJHbuy 犬 靴下

    DJHbuy 犬 靴下
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:S・M・L
    滑り止め:有

    この商品は、やわらかく履き口が広いので、着脱の際に手間がかからないのがメリットです。
    履かせたあとは長めの面ファスナーを使って足周りを固定すれば、しっかりとフィットさせてずれにくくできます。

    散歩など外出時にも使えますし、爪によって床が傷つくのも抑えられるので、室内で履かせるのにも有効です。
    裏についた滑り止めによって、フローリングや畳などで滑ることもなく安全な環境が確保できるでしょう。

    クマのかわいらしいデザインで、カラーも赤・青・黒の3色から選べるので、色違いを用意してあげるのもいいでしょう。

    1位 Innopet 犬用ソックス

    Innopet 犬用ソックス
    サイズ展開
    機能性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4個
    サイズ:S・M・L
    滑り止め:有

    生地がやわらかく、犬の足にしっかりフィットして動きやすい設計の商品です。
    保温効果があることから、冬場に床から伝わる冷気から足を保護したり、体が冷えたりするのを防止し、また乾燥などからも足を守ってくれます。

    面ファスナーで固定できて脱げにくく、また着脱もしやすいので、活発に動き回る犬にもスムーズにつけられるのが大きな魅力です。
    犬の足にあわせて足先がふわっと広がりしっかりフィットするほか、足底の部分には滑りにくいシリコンを使用し、犬が元気に走り回っても転びにくいのがメリットです。

    犬用靴・靴下の使用上の注意点

    必要な時以外は使わない

    飼い主 犬 ファッション 靴 コーデ

    犬用靴下は便利なものですが、犬は本来履かないので、どんなに履き心地がよいものでも、少なからずストレスをかけてしまいます。
    足腰が弱ったシニア犬は、立ち上がる際の補助として日常的に履かせてもよいですが、そうでない場合に日常使いするのは避けた方がいいでしょう。

    散歩時だけにしたり、防水タイプであれば雨の日の散歩にだけ使ったりと、使う機会を限定することが大切です。

    犬用の靴・靴下は自分で作れる!


    犬用の靴や靴下は購入しなくても自分で作ることもできます。
    手作りならリーズナブルな価格でたくさん作れるので、あまりお金をかけたくないという人はDIYしてみるのもいいでしょう。

    作り方の例としては、100円ショップの風船を使う方法があります。
    風船の口を適度な長さにカットすれば、即席の犬用靴下のでき上がり。
    また人間用手袋の指部分をカットして口を縫い、ニットの靴下を作ることもできます。

    Amazon&楽天の犬用の靴・靴下人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    犬用の靴や靴下で足への負担を軽減しよう!

    犬 服 靴

    今回は、犬用の靴(靴下)の選び方やおすすめの商品について紹介してきました。
    犬用の靴下はたくさんありますが、滑りにくいものやサイズがきちんとあうものを選ぶことが大切です。

    「愛犬にはこんなデザインが似あうかも?」「滑り止めがついているから履きやすそう!」など、犬のことを考えながら選ぶと、きっとよい商品が見つかります。
    犬の足にフィットする犬用靴(靴下)を選んで、犬との生活をもっと楽しみましょう!

    【あわせて読みたい】犬用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用ドライヤーおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.10

    犬用リュックキャリーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.04

    犬用シャンプーおすすめ人気ランキングTOP24!やり方や頻度の解説も【2018年最新版】

    2018.10.01

    犬用お散歩バッグおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.28

    犬用クレートおすすめ人気ランキングTOP5!適正サイズの解説も【2018年最新版】

    2018.09.20

    ABOUTこの記事をかいた人

    小熊 くるり

    日本化粧品検定1級
    二級愛玩動物飼養管理士


    スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
    また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
    日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
    自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。