サクラマスロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

安藤 直樹

フィッシング歴26年オールラウンドアングラー
海・川・池どんなシーンでもオールラウンドに釣りをしている経験を活かし、ライター活動をしています。
コストパフォーマンスを意識した釣り具選びに自信があります。
釣りをこれから始めたいと思う方にもプロ顔負けの釣り師の方にも、誰もがためになる情報を発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 硬さ
      →あまりにも硬いロッドは繊細なルアーの動きを操作できずに釣果に影響するため、ミディアムからヘビー程度の硬さを選ぶ。
    • 長さ
      →使う方の身長によって多少変わりますが、8フィート(240cm)前後がよい。

    サクラマス


    サクラマス釣りは、ルアーフィッシングのなかでも難易度が高め。
    そのため初心者やこれから挑戦する方は、最初の一本を釣り上げるまでに少し苦労するでしょう。
    しかし道具次第で難易度も大きく変わるため、初心者でもしっかりと準備をすれば、初釣行でいきなりゲットなんてことも夢ではありません。
    今回は、道具のなかでも一番重要となるサクラマスロッドの選び方についてお伝えします。

    サクラマスロッドの基礎知識

    サクラマス


    一般的なサクラマスロッドは、長さが8f(240cm)前後とルアーフィッシングで使用する物のなかでは長いのが特徴。
    小型のルアーを扱うことができるように、ロッドが軽量化されているのも特徴の一つです。
    ひと昔前までは、サクラマス専用ロッドは発売されていなかったため、ほとんどの方がシーバスロッドなどを使用していました。
    現在では、北海道などで川を遡上する前の海サクラマス釣りが行われていたり、今までルアーフィッシングで人気だったシーバスから、さらに難易度の高いサクラマスに挑戦する方が増えるなど人気が出てきています。
    そのため最近はサクラマス専用ロッドが発売され、特徴豊かなロッドが増えてきました。

    【こちらもCHECK】サクラマス釣りに役立つ釣りアイテムを紹介している記事はこちら

    シンキングミノーおすすめ人気ランキングTOP10!使い方も【2018年最新版】

    2018.05.23

    トラウトリールおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    サクラマスロッドの種類

    ロッド


    サクラマスロッドは、使用するフィールドにより性能に違いがあり、川の上流の川幅が狭いフィールドで使用する「渓流モデル」、川幅の広い本流で使用する「通常モデル」、北海道で川に入る前の海にいるサクラマスを狙う「海サクラマスモデル」の3種類に大きく分けられます。
      • 渓流モデル

    渓流では遠投する必要がないため、比較的短くやわらかいロッドが主流。
    軽いルアーを使用するため、繊細なアクションをとれる操作性が重視されたロッドが多い。

      • 通常モデル

    サクラマスの釣り場として一般的な大河川本流では、遠投性と重量の軽さが重視されたロッドが主流。
    河川の本流にいるサクラマスは川底でゆったりとしていて、なかなか釣果があがらないため、遠投ができる長めで、連続で遠投しても疲れない軽量化されたロッドが多い。

      • 海サクラマスモデル

    海は潮の流れや風がありサクラマスも海岸から遠くにいることが多いため、長く硬いロッドを使用。
    海サクラマス専用ロッドは販売されていないため、ヒラスズキ用のロッドを流用する方が多いが、最新のサクラマスモデルは、大河川の本流と海のどちらにも対応したものが登場している。

    サクラマスロッドの人気メーカー

    釣り人 ロッド


    サクラマスロッドの人気メーカーは、釣り具メーカー大手の「ダイワ」や「シマノ」はもちろん、「ヤマガブランクス」もはずせません。
    ヤマガブランクスは2008年に誕生した比較的新しいロッドメーカーで、製造はすべて国内自社生産のこだわりのロッドが揃っています。
    ヤマガブランクスのルーパス(サクラマスモデル)は、サクラマスロッドのなかでもかなり有名です。

    サクラマスロッドをはじめて買うなら、ここを必ず押さえよう

    ① 硬さ

    釣り


    サクラマスは大きなもので80cmにもなるため、ロッドにはある程度の硬さが必要です。
    しかしサクラマスは餌(ルアー)に食いつくというよりは、威嚇のためにちょっかいを出すようなアタリをします。
    あまりにも硬いロッドは威嚇のような小さなアタリに反応できなかったり、繊細なルアーの動きを操作できなかったりと釣果に影響するため、ミディアムからヘビー程度の硬さがよいでしょう。

    ② 長さ

    釣り ロッド


    サクラマス釣りをするときには、通常のルアーフィッシングよりも遠くに遠投するため、ある程度の長さが必要です。
    しかしあまりにもロッドが長いと何回も遠投しているうちに疲れてしまうため、使う方の身長によって多少変わりますが、8フィート(240cm)前後がよいでしょう。

    サクラマスロッドの上級者目線での選び方

    ロッド


    サクラマスロッドを選ぶときに、意外と見落としがちなのがロッドの重さ。
    「忍耐のルアーフィッシング」と言われるほど、何回も何回も遠投を繰り返してもアタリすらないことが当たり前のサクラマス釣りでは、ロッドのわずかな重量の差が時間が経つほど体感で大きくなっていきます。
    そのため上級者は、ロッドの硬さや長さと同じくらい重さも重要視しているのです。
    具体的には150g程度のロッドを基準に、軽いのが好みの方は100g程度、重いのが好みの方でも200g程度までの重さがよいでしょう。

    サクラマスロッドの最安値と価格帯の特徴一覧

    サクラマス専用ロッドは比較的高価ですが、サクラマスロッドとして使用できるトラウトロッドなどを含めると価格帯は広がります。
    サクラマス専用ロッドでは20,000円~50,000円程度の価格帯の商品が最も多いですが、専用ロッドではないオールラウンドタイプまで含めると約5,000円~です。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約5,000円~20,000円~50,000円約70,000円~
    特徴サクラマス専用ロッドではないため、どんなシーンでも対応できるように平均的なスペックのモデル。重量が重いものが多い。専用ロッドのなかでは価格が安く、コストパフォーマンスが高いモデル。大手メーカーの商品が多い。使用するフィールドの状況によって細部にまでこだわって調整されているモデル。使用する川や流域まで限定している商品も多く、特徴豊かなラインナップ。

    サクラマスロッドおすすめ人気ランキングTOP5

    サクラマスロッドのなかでも人気の高いTOP5を紹介します。
    釣行場所により選択するロッドは変わりますが、ここではサクラマス釣りで一般的な、大河川の本流や海での使用向きで、人気の高いロッドをセレクトしています。

    5位 天龍 ロッド レイズ RZ87H

    遠投性
    操作性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度
    • 長さ:2.62m(8.7f)
    • 重さ:124g
    • ルアーウェイト:7~30g

    北日本などの雪解けによって水量が多い大河川においても、ヘビーシギング系など抵抗の強いルアーも自在に操れるように設計されたモデル。
    一般的なサクラマスロッドよりも長めに設計されており、大遠投が可能なほか、大型のサクラマスの重い引きもしっかりと受け止めることができます。
    大遠投ができるロッドのなかでは重さが軽く、体への負担がとても少ないです。
    使用する場所が限定されるため、いつも同じ釣り場で使用する方にはコストパフォーマンスが高いですが、いくつかの場所で釣りをされる方はそれぞれの場所にあわせたモデルを用意する必要があり、コストパフォーマンスは高いとはいえません。

    4位 ダイワ シルバークリーク 68UL

    ダイワ シルバークリーク 68UL
    遠投性
    操作性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度
    • 長さ:2.03m(6.7f)
    • 重さ:100g
    • ルアーウェイト:1.5~8g

    中流から本流、湖沼のサクラマスを狙うために設計されたモデル。
    操作性が高く、サクラマスとのファイトを存分に楽しめます。
    ロッドがやわらかく短いため、ロッドアクションも自由自在で繊細な動きも思いのまま。
    ほかの長く堅いロッドでは扱いにくい2gほどの軽いルアーでも、竿先で数mm単位の動きを演出し、小さなアタリにも確実に反応できます。
    操作性重視のため大遠投はできません。
    湖や中流がメインの釣り場の方であればこれ一本で対応できるため、コストパフォーマンスの高い商品です。

    3位 シマノ カーディフ モンスターリミテッド DP93ML

    遠投性
    操作性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度
    • 長さ:2.82m(9.3f)
    • 重さ:165g
    • ルアーウェイト:7~30g

    まさにモンスターのような大型のサクラマスを釣ることに特化したモデルです。
    すべての規格が大型モンスター用に設計されており、またデザインの美しさも特徴的。
    ロッドが長いため遠投性はかなり高いですが、重さはほかのロッドと変わらず、実際に持ってみると軽く感じるでしょう。
    ほかの商品よりも高額ですが、大型モンスターを釣るための技術がすべて投入された商品のため、コストパフォーマンスは高いです。
    大型サクラマス以外興味がない方であれば、はじめてのサクラマスロッドとして選ぶのもいいでしょう。

    2位 ヤマガブランクス ルーパス サクラ 87

    遠投性
    操作性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度
    • 長さ:2.63m(8.7f)
    • 重さ:135g
    • ルアーウェイト:5~28g

    ロッドの根幹部であるブランクを徹底的に磨き上げたルーパス87サクラマスモデルは、重さも135gと軽く、遠投をどれだけ繰り返しても疲れません。
    長さも通常モデルより長いため、遠投と大物を引き寄せるパワーの2つを両立しています。
    ガイドのような細かな部品にもチタンフレームを使用するなど、細部まで良質な材料が使われているためコストパフォーマンスは高めです。

    1位 シマノ カーディフ S92M

    遠投性
    操作性
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度
    • 長さ:2.79m(9.3f)
    • 重さ:155g
    • ルアーウェイト:7~30g

    専用ロッドのなかでは抜群のコストパフォーマンスの商品。
    湖や大河川、海サクラマスにまで対応していながら、遠投性や操作性など専用ロッドとしての機能もしっかりと備えています。
    9.3fと一般的なロッドよりも長く、ルアーウェイトも30gまでと大遠投も可能。
    ロッドの素材であるカーボンテープは、ネジレに強い「ハイパワーX」を全身に採用し、ブレが抑えられ操作性も優れています。
    専用ロッドのなかでは平均的な価格のため、価格と性能を比較するとコストパフォーマンスはとても高いです。

    Amazon&楽天のロッド人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    サクラマスロッド選びで釣果は変わる

    釣り 魚


    サクラマス釣りは知れば知るほど奥が深いことに気づき、調べれば調べるほどロッドなどの道具の重要性を感じるでしょう。
    この記事で紹介した選ぶポイントやおすすめロッドを参考にしながら、自分に合った最適なサクラマスロッドを見つけてださい。

    【あわせて読みたい】おすすめのロッドを紹介している記事はこちら

    ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.08

    キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2018年最新版】

    2018.02.06

    エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.26

    ロックフィッシュロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ベイドやスピニングも【2017年最新版】

    2017.12.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤 直樹

    フィッシング歴26年オールラウンドアングラー
    海・川・池どんなシーンでもオールラウンドに釣りをしている経験を活かし、ライター活動をしています。
    コストパフォーマンスを意識した釣り具選びに自信があります。
    釣りをこれから始めたいと思う方にもプロ顔負けの釣り師の方にも、誰もがためになる情報を発信していきたいと思っています。