PS4に最適なSSDおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

久野慎也

現役のエンジニア歴7年

主にPC関連グッズや医療IOTシステム製品などが好きです。
表向きだけでなく製品の生み出された背景などを伝えていけたらと考えています。
宜しくお願いします。

    選び方のポイント

    • 容量
      →PS4はシステム領域として最低でも100GBが必要。少なくても160GB以上は欲しいところ。
    • 2.5インチと3.5インチ
      →内蔵型SSDを使用する場合は2.5インチが必要で、外付け型SSDの場合は2.5インチでも3.5インチでも使用可能。
    Crucial SSD 500GB 7mm

    Crucial SSD 500GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 9.5mmアダプター付 CT500MX500SSD1/JP

    PS4(プレイステーション4)でゲームをしていると、ゲーム起動時やセーブデータのロードに時間がかかりストレスを感じることがあります。
    しかし、PS4本体に内蔵されている従来のハードディスクから、同類の記憶装置であるSSD(ソリッドステートドライブ)に交換することで高速なゲーム起動やロードが可能になることはご存知でしょうか。
    国内ではcrucial・SANDISK・インテルなど多くのメーカーから価格の異なるさまざまな商品が販売されており、価格.com(2018年8月トレンド情報)における売れ筋商品のメーカー比率をみるとcrucialが上位の16.13%を占めています。
    ここではPS4に最適なSSD選びの参考になるよう、購入するときのポイントや注意点、筆者のおすすめPS4用SSD人気ランキングTOP5をご紹介します。

    PS4に最適なSSDの基礎知識

    Transcend SSD 256GB M.2 2242 SATA III 6Gb/s TS256GMTS400

    Transcend SSD 256GB M.2 2242 SATA III 6Gb/s TS256GMTS400

    PS4に最適なSSDとは?

    まずSSDとは、電源を切っても内容が保存される半導体を意味する「フラッシュメモリ」を用いた記憶装置のことで、同類の記憶装置であるハードディスクと比べて、転送速度の向上が可能なインターフェースを搭載しており、データファイルへの書き込み・読み込み速度が優れているのが特徴です。
    そしてソニーから販売されている初期型PS4、PS4スリム、PS4 Proの各シリーズ商品は、すべてPS4に最適なSSDに接続して使用することをソニーが公式許可しているため、使用しても本体の保証には影響がありません。
    これにより各メーカーがPS4に対応したSSDを販売しているのですが、商品パッケージや商品詳細にはじめから「PS4対応」と書かれていることが基本となるため、購入する際はその点を確認する必要があります。
    またPS4はプレイ動画の自動録画機能を搭載しており、常に書込みを実行しているためSSDの特性により、空き容量が半分以下になると転送速度が低下してくることから、大きな容量が必要になると言えるでしょう。

    PS4に最適なSSDのタイプ(種類)

    PS4でSSDを使用するには内蔵ハードディスクをSSDに交換する方法と、外付けして使用する方法の2つがあります。
    どちらを選択するかはお持ちのPS4のシリーズと、SSDの容量や通信方式を把握して、より転送速度が速くなるよう計画的に購入する必要があります。
    また転送速度を表す記録方式にも種類があるのであわせて参考にしてください。

    内蔵型SSDと外付け型SSD

    内蔵型SSD
    シリコンパワー SSD 1TB 3D TLC NAND採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm 3年保証 A55シリーズ SP001TBSS3A55S25

    シリコンパワー SSD 1TB 3D TLC NAND採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm 3年保証 A55シリーズ SP001TBSS3A55S25

    購入時PS4に内蔵されているハードディスク自体をSSDに交換するタイプです。
    これは、PS4本体ケースを開けてプラスドライバーでネジを外し、ハードディスクを取り出して内蔵型SSDに交換する方法ですが、交換時のソフトウェア再インストールやデータバックアップが必然なので、SSDとPS4本体接続がうまくいかないなど、適切に処理できないと故障やデータ破損の原因となります。

    【こちらもCHECK】おすすめのSSDを紹介している記事はこちら

    SSDおすすめ人気ランキングTOP10!外付け用も【2018年最新版】

    2018.07.27
    外付け型SSD
    エレコム 外付けSSD 512GB USB3.0 MLC 小型 軽量 ESD-E0512U3F

    エレコム 外付けSSD 512GB USB3.0 MLC 小型 軽量 ESD-E0512U3F

    購入時PS4に内蔵されているハードディスクはそのままで、USBケーブルを使ってPS4本体とSSDを接続して使用するタイプです。
    転送速度の高速化とデータを保存するメモリ拡張が期待できますが、PS4本体のUSBポートを1つ占領してしまったり、USBケーブルが抜けてしまったりすることがあるので注意が必要です。

    SSDの記録方式

    SSDの記録方式は大きく分けるとSLC・MLC・TLCの3つに分類されます。

    SLCタイプ

    SLCはSSDがデータを格納するフラッシュメモリへの記録方式のことを指し、1つのセルの中に一度に1bitのデータが記録可能です。
    MLCに比べて転送速度が速く信頼性の高い記録方式ですが、30,000円以上と高価で業務用の商品に採用されています。

    MLCタイプ

    MLCは1つのセルの中に一度に2bitのデータを格納することができるフラッシュメモリ記録方式のこと。
    SLCに比べて1容量あたりの単価が安くなるので、データ容量が大きめになる傾向があります。

    TLCタイプ

    TLCは1つのセルの中に一度に3bitのデータが格納できるフラッシュメモリ記録方式のこと。
    ほかの記録方式にくらべて転送速度や信頼性は低くなり、7,000円以下の安価な商品に多く採用されていましたが、最近では平面方向の密度を重視するのではなく、マンションのように立体構造を利用して高速通信を実現した3D TLC NANDという最新の記録方式が開発され、30,000円未満の低価格で高速通信が可能と非常に人気を集めています。

    【こちらもCHECK】おすすめの外付け型SSDを紹介している記事はこちら

    外付けSSDおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.09.28

    PS4に最適なSSDの近年のトレンド

    最近では内蔵型SSDと外付け型SSDのいずれも500GB~1TBと大容量で、高速通信が可能な30,000円未満とコストパフォーマンスの高いモデルを発売するcrucial・SANDISK・インテルといったメーカーが、ネットにプレイ動画を頻繁にアップするPS4ヘビーユーザーの間でも人気が高くなっています。
    また立体構造を利用して高速通信を実現した通信方式の3D TLC NANDや、インターフェースに転送速度6Gbpsを可能にするSATA3.0などを搭載したSSDが、PS4に最適なSSDとして主流になっています。

    PS4に最適なSSDの人気メーカー

    crucial(クルーシャル)

    Crucialは、半導体メモリとフラッシュメモリ製品の世界最大級メーカーです。
    SSD業界で振動や衝撃に強い、低電力、高速データ転送速度を維持し、機械的ノイズを引き起こさないなど、最も厳しい品質基準をクリアしています。

    SANDISK(サンディスク)

    フラッシュメモリー関連製品の巨大メーカーで、高性能かつ信頼性が高くプロのカメラマンにも愛用者が多いSanDisk。
    SSD市場に参入したのは2014年8月ですが、人気の「X600」シリーズやコストを重視した「SSD PLUS」シリーズはとても人気があります。

    インテル

    パソコンなどのCPUシェアナンバーワンとして有名なインテル。
    一般向けの1TB以下のSSDから企業向けの耐久性に優れた8TBモデルまで豊富なラインナップがあり、CPUでパソコンユーザーに馴染みがあることから長年に渡って高い信頼度を誇るメーカーです。

    PS4に最適なSSDをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    I-O DATA SSD 480GB Serial ATA III対応 PC内蔵2.5インチHDD交換用 SSD-3S480G

    I-O DATA SSD 480GB Serial ATA III対応 PC内蔵2.5インチHDD交換用 SSD-3S480G

    ① 容量

    SSDの容量は商品によって異なりますが、PS4はシステム領域として最低でも100GBが必要とソニーが発表しています。
    SSDの特性で空き容量が半分以下になると転送速度が低下してしまうことを考えると、少なくても160GB以上は欲しいところでしょう。

    ② 2.5インチと3.5インチ

    SSDには2.5インチと3.5インチが存在し、内蔵型SSDを使用する場合は2.5インチが必要で、外付け型SSDの場合は2.5インチでも3.5インチでも使用可能です。
    ただし内蔵型に3.5インチを使用して起動することは可能かもしれませんが、その場合の転送速度は変わらず、内蔵ディスクを内蔵型SSDに変更して高速なデータロードや読み込み・書き込みを実現するといったメリットは得られません。

    PS4に最適なSSDの上級者目線の選び方

    シリコンパワー SSD 120GB

    シリコンパワー SSD 120GB TLC採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm 3年保証 S55シリーズ SP120GBSS3S55S25AC

    PS4本体と内蔵型SSDのインターフェース

    異なる機器同士の接続で交信や制御を可能にする装置をインターフェースと言いますが、初期型PS4やPS4スリムに使用されている内蔵ディスクのインターフェースは転送速度3GbpsのSATA2.0で、PS4 Proには転送速度6Gbpsを実現するSATA3.0が使用されています。
    これにより、転送速度3GbpsのSATA2.0を搭載した初期型PS4とPS4スリムの内蔵ディスクを、転送速度6GbpsのSATA3.0を搭載した内蔵型SSDに変えても3Gbps以上の通信速度になることはありません。
    つまり、PS4 Proでは2.5インチ・SATA3.0対応の内蔵ハードディスクより容量の大きい内蔵型SSDで転送速度の高速化が期待でき、初期型PS4とPS4スリムでは2.5インチもしくは3.5インチ・SATA3.0対応の外付け型SSDで高速化が期待できるということです。
    それ以外の場合は、単にストレージ拡張としてしかSSD活用できないので、このことを理解したうえでお持ちのPS4を高速化したいのか、ストレージ拡張として利用したいのかを明確にしておく必要があるでしょう。

    【こちらもCHECK】内蔵HDD VS 外付SSD ローディング時間比較動画はこちら

    PS4に最適なSSDの最安値と価格帯の特徴一覧

    4,000円~100,000円と価格の幅が非常に広く、最大容量や採用されている転送方式によっても価格は異なります。
    人気があるのは転送速度と容量のバランスがよく、コスとパフォーマンスに優れた製品です。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約4,000円~7,001円~30,000円約30,001円~
    特徴SSDのなかでは容量が最小クラスの300GB以下低価格・高性能で容量は500GB容量1000GB以上あり優れた転送速度のハイモデル揃い

    PS4に最適なSSDおすすめ人気ランキングTOP5

    ここまではPS4に最適なSSDのトレンドや注意点について紹介してきました。
    ここからは筆者が実際に使用しているPS4 Proに最適なSSDをゲームサイト・Amazon・価格ドットコムで調査した結果、30,000円未満でありながら最新の通信技術3D TLC NAND、Serial ATAやUSB最新規格のUSB3.1が搭載され、500GB以上と容量も大きくコストパフォーマンスが高い商品のなかから特におすすめしたいTOP5をご紹介します。

    5位 SANDISK 外付SSD 500GB エクストリーム SDSSDE60-500G-J25

    SANDISK 外付SSD 500GB エクストリーム
    転送速度
    容量の大きさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    メーカー:SanDisk
    型番:SDSSDE60-500G-J25
    容量:500GB
    書き出し速度:最大550MB/秒
    記録方式:-
    接続端子:USB Type-C/Type-A/USB3.1(Gen2/ Gen1)/USB 3.0/2.0
    平均故障時間:-

    SANDISKの、雨の水滴がついても安心でなおかつ防塵性能を備えた超高速のポータブル外付け型SSD。
    読出し速度は最大550MB/秒で、利用特典としてデータ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」が1年間利用できるだけでなく、電気機器内への異物の侵入に対する保護を目的とした「IP55規格」に対応しており、雨の日でも安心して屋外に持ち出せます。

    4位 Crucial SSD 500GB MX500

    転送速度
    容量の大きさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    メーカー:Crucial
    型番:CT500MX500SSD1/JP
    容量:500GB
    書き出し速度:最大510MB/秒
    記録方式:Micron 3D TLC NAND
    接続端子:Serial ATA 6Gb/s
    平均故障時間:-

    Crucialで人気のMX500シリーズ500GB、2.5インチの内蔵型SSD。
    インターフェースにはSerial ATA 6Gb/sが採用されており、これによって転送速度6Gbpsの潜在性能を発揮することが可能で、転送速度やインターフェースの容量も高水準の最新で、PS4ヘビーユーザーにはとても人気が高くコストパフォーマンスのよい内蔵型SSDです。

    3位 Crucial クルーシャル SSD CT1000MX500SSD

    Crucial クルーシャル SSD CT1000MX500SSD
    転送速度
    容量の大きさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    メーカー:Crucial
    型番:CT1000MX500SSD
    容量:1TB
    書き出し速度:最大510MB/秒
    記録方式:Micron 3D TLC NAND
    接続端子:Serial ATA 6Gb/s
    平均故障時間:180万時間

    Crucialで人気のMX500シリーズ1TB、2.5インチの内蔵型SSDで4位の500GBの上位版。
    転送速度や接続端子は4位のCT500MX500SSD1/JPと同程度ですが、容量は2倍の1TB大容量でゲームなど個人で使用するレベルとしては最高に転送速度やデータ起動が速く、時間短縮を感じることができる高機能な内蔵型SSDです。

    2位 SANDISK X600 SD9SB8W-1T00-1122 1TB 2.5インチ SATA 6G

    転送速度
    容量の大きさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    メーカー:SANDISK
    型番:SD9SB8W-1T00-1122
    容量:1TB
    書き出し速度:最大530MB/秒
    記録方式:3D TLC NAND
    接続端子:SATA 6Gb/s
    平均故障時間:175万時間

    2018年1月に発売されたSANDISKの人気「X600」シリーズで、3D TLC NANDとインターフェースにSATA 6Gb/sが採用された内蔵型SSD。
    書出速度530MB/秒・読出速度560MB/秒を発揮し、ゲーム・HDビデオ再生・アプリなど高速なシステム起動とすばやいアプリケーション応答、また高速転送速度を実現します。
    1TBと容量も大きいので記憶容量を多く必要とするゲームも安心して熱くプレイでき、おすすめです。

    1位 SANDISK 内蔵SSD 2.5インチ SDSSDH3-1T00-J25

    SANDISK 内蔵SSD 2.5インチ
    転送速度
    容量の大きさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    メーカー:SANDISK
    型番:SDSSDH3-1T00-J25
    容量:1TB
    書き出し速度:最大530MB/秒
    記録方式:SSD Ultra 3D
    接続端子:SATA3.0
    平均故障時間:-

    SANDISKの商品のなかで筆者が最も注目している内蔵型SSD。
    使いやすいサンディスクSSD診断ソフトウェアが無償提供されていてSSDの不具合をつねに監視することができ、発熱や動作音が少なく消費電力も低減されるなどハード面も強化されています。
    SATA3.0により転送速度6Gbpsが実現され、ゲーム起動やデータロードもサクサク行うことが可能なので、記憶容量を多く必要とするゲームにおすすめです。
    2位のSANDISK X600と同等の容量・書き出し速度・記録方式ですが、価格がこちらの方が5,000円程度安く、コストパフォーマンスの面で優れているので1位としました。

    PS4に最適なSSDの使用上の注意点

    Fantom Drives 2TB PS4 SSHD (Solid State Hybrid Drive/SSD+HDD) Upgrade Kit - Seagate Firecuda - Compatible with PlayStation 4,PS4 Slim,and PS4 Pro [並行輸入品]

    Fantom Drives 2TB PS4 SSHD (Solid State Hybrid Drive/SSD+HDD) Upgrade Kit – Seagate Firecuda – Compatible with PlayStation 4,PS4 Slim,and PS4 Pro [並行輸入品]

    SSDを使用するうえで最低限守るべき注意点がありますので、ご参照ください。

    ① SSD使用は自己責任

    ストレスなくゲームを行う目的で、データロードや読み込み・書き込みにハードディスクを内蔵型SSDに交換したり、外付け型SSDを接続したりして使用することは問題ありませんが、PS4本体の保証期間に変更はありません。
    あくまでもSSDを正しく取りつけて使用したときの故障は、製造出荷時の製品不具合として保証が適用されますが、外付け型SSDよりも取り付けが難しい内蔵型SSDを正しく取りつけられておらず故障したときは、保証されない場合があるので注意が必要です。

    ② SSDには使用可能な寿命がある

    SSDには平均故障時間というものが存在します。
    もともとPS4にはプレイ動画の自動録画機能が搭載されており、これは設定変更でもオフにすることができないので、SSD容量はつねにデータ書き込みで消耗しており、平均故障時間はゲームプレイ時間によっても左右されますが、SSD商品スペック欄にMTBF(平均故障時間)と記載されているので、一つの目安として確認しておきましょう。
    平均故障時間の目安は製品が故障するまでの平均的な使用時間を表していますが、これは時間が長いほどよいというものではなく、あくまでも信頼性、すなわち壊れにくさを示していると考えてください。

    Amazon&楽天のSSD人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    お持ちのPS4に最適なSSDを見つけよう!

    PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) 【メーカー生産終了】

    PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) 【メーカー生産終了】

    ここまでSSDの種類やトレンド、お持ちのPS4のタイプによって最適な容量や転送速度を考える必要があることを紹介してきました。
    平均故障時間があり高価なSSDですが、誰よりも早くゲームクリアを目指すPS4ヘビーユーザーにとっては、わずかでも時間短縮してクリアできることはこのうえない喜びと言えるでしょう。
    ぜひPS4に最適なSSDを装備して、より快適なゲームライフを満喫しましょう。

    【あわせて読みたい】おすすめのゲームを紹介している記事はこちら

    【厳選】釣りゲームアプリおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.08.31

    【厳選】シミュレーションゲームおすすめ人気アプリランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.31

    3DS用アクションゲームソフトおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.15

    3DS用RPGタイトルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.08

    PS4おすすめ人気ランキング50+45選!名作プレステ4ソフトからマイナー作品も【2018年最新版】

    2018.02.21