野菜サプリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

ヨシ ノリハラ

健康ライター・健康研究家

糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。

    選び方のポイント

    • 野菜の種類
      →アレルギー反応を起こすこともあるので、どんな野菜が入っているかを注意深く調べることが大切。
    • 栄養成分
      →特定の健康効果を期待するのであれば、必要な野菜成分が入っているものを選ぶために栄養成分表示をチェックする。
    • コストパフォーマンス
      →野菜サプリの値段を1日あたり何円になるかで計算し、比較してみる。
    サプリメント

    「野菜を食べなきゃ!」と思っても、毎日の食卓にたっぷり野菜を用意するのは大変。
    そこで注目されているのが「野菜サプリ」です。
    野菜に代わるものではありませんが、野菜の栄養成分を補うのに役立ちます。
    この記事では、これから「野菜サプリを取り入れてみよう!」という方のために、おすすめの野菜サプリや選び方をご紹介していきます。

    目次

    野菜サプリの基礎知識

    野菜サプリのタイプ(種類)

    野菜サプリには、一種類の野菜の栄養素を抽出したものと、複数種の野菜の栄養素を抽出したものがあります。

    例えば、この商品は野菜のなかでも「玉葱」を錠剤にしたタイプです。

    玉葱の外皮部分には、体を酸化させてしまう有害な活性酸素を減らすポリフェノールが含まれています。
    毎日、玉葱を何個も食べるのは大変ですが、サプリなら一日10粒錠剤を飲めばよいことになり簡単で便利です。
    単種類の野菜サプリには、にんにくやブロッコリー、青汁などもあり、普段の食事で摂るのはなかなか難しい、多くの数の野菜や果物を用いた商品も人気です。

    こちらの商品は20種類の国産野菜を用いています。

    ほうれん草、小松菜、ゴーヤ、ケール、明日葉などの緑黄色野菜に、さつまいも、かぼちゃ、ごぼう、にんじんなどの根菜類も加えられており、種類豊富に野菜を食卓に並べるのが大変なとき重宝するでしょう。

    【こちらもCHECK】サプリメントに関連するおすすめ記事はこちら

    グルタミンサプリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.24

    筋肉トレーニングサプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果を高めるための必須条件や飲用タイミングなど【2018年最新版】

    2018.03.07

    セラミドサプリおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.21

    安価な野菜サプリが人気!

    サプリメント 薬局

    野菜サプリはコンビニやドラッグストアで、気軽にお手ごろ価格で入手できるようになりました。
    一ヶ月分の錠剤でも500円~1,000円未満の商品も多く、100円ショップで販売されている野菜サプリもあるほどです。
    野菜サプリの価格が安いのは消費者としてうれしいことですが、栄養成分表示が明らかでないものや、商品の信頼性がどれほどあるのかわからないものも増えているので、そうなると信頼できる野菜サプリを選ぶための「目利き力」が必要となってくるでしょう。

    野菜サプリの人気メーカー

    ファンケル(FANCL) 満点野菜450粒(約90日分)

    ファンケル(FANCL) 満点野菜450粒(約90日分)

    野菜サプリはDHCやファンケル、ディアナチュラスタイルなどの大手メーカーが販売しています。
    これらのメーカーは、各種のビタミンが配合されたマルチビタミンやミネラルなどの販売で実績があり、消費者からの信頼性も高い企業なので、野菜サプリも安心して購入できます。
    また大量生産で販売ルートも確立されているため、200円台という価格から手に入り、これから野菜サプリを始めてみようという方にはチャレンジしやすくおすすめです。

    野菜嫌いな子供にぴったりの野菜サプリ

    子供 野菜

    大人は味に関係なく健康を意識して野菜を食べますが、子供は美味しくなければ食べないので料理も工夫する必要があるのですが、野菜を美味しく食べられるメニューを用意し続けるのは難しいものです。
    そのような悩みを抱える親たちには、簡単に食べられるジュレ(ゼリー)タイプやタブレットタイプの子供向け野菜サプリがおすすめです。
    摂取推奨量を守れば栄養素をしっかり摂れますが、子供が食べやすいように人工甘味料で甘くしている商品がほとんどなので、お菓子代わりに無制限に食べ過ぎないよう注意しましょう。

    野菜サプリをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    ① 野菜の種類

    サプリメント

    食卓にたくさんの種類の野菜を並べるのが大変なとき、複数の野菜が入ったサプリは重宝しますし、普段食べることがほとんどない野菜が含まれていれば食事の栄養バランスもよくなります。
    もちろん人によっては、ある種の野菜にアレルギー反応を起こすこともあるので、どんな野菜が入っているかを注意深く調べることが大切です。

    ② 栄養成分

    サプリメント

    複数の野菜が含まれているサプリは、一つ一つの栄養素が少なくなり、広く浅く野菜の成分を摂ることになってしまいます。
    特定の健康効果を期待するのであれば、必要な野菜成分が入っているものを選ぶことが大切で、そのために役立つのが栄養成分表示のチェックです。
    同じ種類の野菜を使っていても、メーカーによっては配合率などがかなり異なりますし、また野菜だけでなく、整腸作用のあるビール酵母や乳酸菌、ビタミンやミネラルを加えて複合サプリメントになっている商品もあります。

    ③ コストパフォーマンス

    サプリメント

    野菜サプリを取り入れてみたいと思う理由のひとつに、スーパーで売られている野菜の値段が高いことがあげられます。
    そのためできるだけお手ごろ価格で野菜の栄養素を摂取したければ、野菜サプリの値段を1日あたり何円になるかで計算し、比較してみるとよいでしょう。
    1日あたり50円~100円未満で入手できる商品も多くなっているのでチェックしてみてください。

    野菜サプリの上級者目線の選び方

    ① 配合率をチェック!

    サプリメント 成分

    原材料は成分が多く含まれている順に表示されるため、表示の順番を見る癖をつけておけば、お目当ての野菜の成分がどれくらい含まれているかがわかります。
    例えば、人気のあるDHCの「国産パーフェクト野菜プレミアム」は原材料表示の最初が「野菜末(ケール、ブロッコリー、紫いも、タマネギ、さつまいも、カボチャ~など)」となっており、野菜末が原材料のなかで一番多いことがわかり安心です。

    サプリメントの製造では、サプリメントの変質を防ぐための「二酸化ケイ素」 、乳化剤としての「グリセリン脂肪酸エステル」が使われますが、こうした添加物が一番多いのはよくありません。
    野菜サプリに使われている添加物は、メーカーの摂取推奨量を守っていれば人体に無害ですが、摂りすぎると肝機能に影響が出る場合もあるので、配合率を調べて添加物の方が多い商品は避けましょう。

    ② 栄養を失わない製法

    万田発酵 万田酵素 スタンダード (粒タイプ) 7粒 × 30包 (約 30日分)

    万田発酵 万田酵素 スタンダード (粒タイプ) 7粒 × 30包 (約 30日分)

    野菜に含まれるビタミンは熱に弱く破壊されやすいので、野菜をサプリメントに加工する過程で栄養を失わない製法を用いているかどうかもチェックポイントとなります。
    また、生の食品に含まれる酵素は80度以上の熱で働きを停止し、空気に触れると酸化してしまうデリケートな物質です。
    5位の万田酵素のように製法を公開しているメーカーの商品なら、安心といえるでしょう。

    野菜サプリの最安値と価格帯の特徴一覧

    野菜サプリは基本的にお手ごろ価格で入手可能です。
    種類も多いため、消費者にとっては選択肢が豊富な商品と言えるでしょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約200円~500円~1,000円約5,980円~
    特徴複数の種類の野菜エキスを少量ずつ含有した商品DHCやファンケルなど大手メーカー商品発酵酵素の含有やオーガニック製法にこだわった商品

    野菜サプリおすすめ人気ランキングTOP5

    複数の種類の野菜が含まれた商品から、「野菜の数」「栄養成分」「コストパフォーマンス」などを基準にランキングにしました。
    野菜不足を補うことに並外れた関心を寄せる、健康研究家の私が選んだおすすめの野菜サプリランキングを、ぜひ参考にしてください!

    5位 万田発酵 万田酵素 スタンダード (粒タイプ) 7粒 ☓ 30包 (約 30日分)

    万田酵素 スタンダード
    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 植物発酵物(黒糖、りんご、カキ、ミカン、その)、食物繊維、甘藷末、ココア末、砂糖、 澱粉、水あめ/加工澱粉、セラック、(一部にオレンジ・くるみ・ごま・大豆・バナナ・りんごを含む)
    栄養成分 熱量315kcal、たんぱく質5g、脂質0.5g、炭水化物81.5g(糖質63.5g、食物繊維18.0g)、食塩相当量0.4g、ビタミンB6 0.1~0.4mg
    内容量 44.1g(21mg☓7粒☓30袋)
    1日あたり200円(2018年9月9日現在)

    ニンジン、ニンニク、ゴボウ、キュウリ、セロリなどの根菜や香味野菜、果物、藻、穀類など、全部で53種類の食物が用いられているのが特徴です。
    300年続く老舗の造り酒屋でもある万田発酵の商品は、常温発酵技術を用いて熱や薬品の力を一切使用せずに野菜の発酵エキスを抽出し、体の中で食物の消化や代謝を助ける働きをする「酵素」が豊富に含まれています。
    でき上がるまで3年3ヶ月かかるため、商品は非常に稀少と言えるでしょう。
    表示成分なども理想的で高品質なのですが、酵素というほかの野菜サプリにはない成分配合のため、一日あたり1包200円となっており、日常的に摂取するには価格が高くこの順位となりました。
    発酵による独自の製法や成分にこだわりを求める方におすすめです。

    4位 野菜サプリ 美活野菜粒 33種の野菜と果物&クロレラ配合 ビタミン ミネラル DMJえがお生活 1袋

    野菜サプリ 美活野菜粒 33種の野菜と果物&クロレラ配合
    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 乾燥野菜末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、かぼちゃ~など)、マルチトール、クロレラ末、デキストリン、果汁パウダー、フルーツ・野菜エキス、キャロットパウダー、添加物ほか
    栄養成分(3粒あたり) エネルギー3.47kcal、たんぱく質1.14g、脂質0.03g、炭水化物0.66g
    内容量 1袋93粒入 約1か月分(1日3から4粒目安)1粒300mg
    1日あたり46円(2018年9月9日現在)

    青汁の原料となる葉野菜に加えて、がんや心臓病予防効果がある色素(カロテノイド)が豊富なかぼちゃや人参など、33種類の野菜・果物が含まれているので、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など57種類の栄養素が得られます。
    さらに栄養豊富な「藻」として知られているクロレラ粉末配合により、体を作る原料となるアミノ酸が米酢の244倍含有されていることが、この商品の大きな特徴といえるでしょう。
    5位の万田酵素と比べると1日あたり3~4粒で50円を切るコストパフォーマンスのよさなので、比較的お手ごろ価格で入手できる栄養豊富な野菜サプリといえます。(2018年9月9日現在)。

    3位 ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物☓食物繊維・乳酸菌 240粒 (60日分)

    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 ビール酵母、デキストリン、有胞子性乳酸菌、植物発酵エキス、果実、穀類、かんきつ類、豆・ゴマ類、根菜類、海藻類、マンガン含有酵母、クロム含有酵母、セレン含有酵母、モリブデン含有酵母、貝Ca、酸化Mg、~ほか人工添加物あり
    栄養成分 4粒あたり エネルギー 3.94kcal たんぱく質 0.4g 脂質 0.047g 炭水化物 0.71g 糖質 0.25g 食物繊維 0.46g
    内容量 240粒 (60日分)
    1日あたり26円(2018年9月9日現在)

    多くのビタミン・ミネラル商品をリリースしているディアナチュラスタイルの野菜サプリです。
    野菜だけでなく、柑橘類の果物や豆・ごま類、海藻類など合計48種類の発酵植物が配合されているので、体内で消化を助ける酵素の働きも期待できます。
    この商品のうれしい特徴は、腸内環境を健全な状態に保つために、食物繊維が豊富なビール酵母や熱や胃酸に強く生きて腸まで届く「有胞子性乳酸菌」も加えていることです。

    もちろんビタミンやミネラルも配合されており、なかでも抗酸化作用により細胞を酸化させないビタミンEや、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2・ビオチンは特に多く、1日の摂取推奨量に近い量を摂ることができます。

    ビタミン剤・乳酸菌・食物繊維など各種のサプリを飲んでいた方にとっては、ひとつの商品で野菜成分と必要な栄養素が摂れる優れもので、4位の商品に比べて1日あたりの価格もグッと下がり20円台(2018年9月9日現在)と、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめです。

    【こちらもCHECK】ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物☓食物繊維・乳酸菌のレビュー動画はこちら

    2位 DHC国産パーフェクト野菜 プレミアム 30日分

    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 野菜末(ケール、ブロッコリー、紫いも、タマネギ、さつまいも、カボチャ、~など)、大麦若葉エキス末、難消化性デキストリン、ビタミンE、乳酸菌・酵母醗酵殺菌粉末~添加物含
    栄養成分 熱量6.6kcal、たんぱく質0.23g、脂質0.12g、炭水化物1.48g
    内容量 120粒 (30日分)
    1日あたり19円(2018年9月9日現在)

    緑黄色野菜であるケール・ブロッコリーなどに加え、玉葱・さつまいも・かぼちゃなど32種類の野菜と、腸内環境をよくする乳酸菌と酵母が1粒のなかにヨーグルト100個分とも言われる1兆個以上含まれています。
    商品名のとおり、すべての野菜が国産のため、原産地にこだわる方には安心度が高いと言えるでしょう。
    かなりのお手ごろ価格で、ドラッグストアやコンビニでも手に入れやすい商品として人気があります。

    【こちらもCHECK】DHC国産パーフェクト野菜 プレミアムの紹介動画はこちら

    1位 小林製薬の栄養補助食品 野菜粒 約30日分 150粒

    小林製薬の栄養補助食品 野菜粒
    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 ニンジン、タマネギ、カボチャ、大豆ペプチド、麦芽糖、キャベツ、ウコン、トマト、ニンニク、ムラサキイモ、モロヘイヤ、大麦若葉、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、赤キャベツ、パセリ、ショウガ、セロリ/グリセリン脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素
    栄養成分 エネルギー 6.0kcal 、たんぱく質 0.34g、脂質 0.07g、炭水化物 1.2g
    内容量 150粒
    1日あたり21円(2018年9月9日現在)

    18種類の野菜が含まれていて、それぞれの含有量も公開されており、一番含有量の多い野菜はニンジン60.0mg、ついでタマネギ39.3mg、カボチャ39.3mgと続きます。

    サプリメントは栄養補助食品なので、医薬品のような品質管理は必要ありませんが、小林製薬は製薬会社として独自の基準で製造・管理を行っていてとりわけ安心度が高く、配合しているすべての成分と含有量をパッケージに表示しているので、各野菜の配合率を知りたい方にぴったりといえます。
    1日あたり20円前後(2018年9月9日現在)と、野菜サプリのなかでもかなりのお手ごろ価格。
    2位のDHCブランドの野菜サプリとも僅差ではありましたが、野菜それぞれの配合量まで表示している安心度が1位の理由です。

    子供用野菜サプリおすすめ人気ランキングTOP3

    子供用の野菜サプリはジュレ(ゼリー)タイプが主流ですが、タブレットタイプも販売されているので参考にしてみてください。

    3位 ノビルン こども フルーツ青汁タブレット 60粒(30日分)

    ノビルン こども フルーツ青汁タブレット
    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 マルトース、ブドウ糖、果汁混合粉末、大麦若葉、南瓜、人参、乳酸菌(殺菌)、クロレラ粉末、ケール、ブロッコリー、キャベツ~など 甘味料(ソルビトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)~ほか
    栄養成分 –
    内容量 60粒(30日分)
    1日あたり132円(2018年9月9日現在)

    1日2粒で、九州産の大麦若葉に加え、かぼちゃ、ニンジン、さつまいも、ほうれん草など、21種類の野菜の栄養素と乳酸菌が摂取できる野菜サプリ。
    タブレットタイプなので、いつでもどこでも食べられるのがメリットです。
    野菜成分のほか食物繊維のセルロースや、ブドウ糖などの糖質系甘味料に加えて人工甘味料も含まれているため、お菓子感覚で食べすぎると糖質過剰になってしまう危険があるので注意しましょう。

    2位 天洋社 青汁ゼリー(10g 30本入)

    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 果糖ぶどう糖液糖、パインアップル、国産大麦若葉、果糖、国産あした葉粉末、国産ケール/pH調整剤、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、香料、紅花色素、クチナシ色素
    栄養成分 –
    内容量 10g 30本入
    1日あたり79円(2018年9月9日現在)

    国産の大麦若葉・明日葉・ケールといった青汁の原料になる葉野菜を1包あたり500mg配合し、さらに子供の成長に欠かせないカルシウムなども加えられています。
    子供が「美味しい」と食べやすいパインサイダー味なので、お菓子感覚で食べ過ぎないように注意しましょう。

    3位の商品と比べると野菜の種類は少ないですが、それぞれの成分の含有量は多く、お手ごろ価格なのがおすすめポイントです。
    子供用野菜サプリのなかでも1包あたりのコストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。

    1位 森永 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g☓6袋

    野菜の種類
    栄養成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料 果実(りんご、パインアップル、オレンジ、レモン)、野菜、果糖ぶどう糖液糖、寒天、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料
    栄養成分 –
    内容量 70g☓6袋
    1日あたり171円(2018年9月9日現在)

    野菜嫌いな子供にもぴったりのジュレタイプの野菜サプリ。
    3種類あり、バランスよくさまざまな野菜の成分が摂れるようになっています。

    【黄色の野菜】にんじん、かぼちゃ、とうもろこし、さつまいも
    【赤い野菜】にんじん、トマト、有色甘藷、赤ピーマン、ラディッシュ
    【緑の野菜】ピーマン、ほうれん草、キャベツ、パセリ、レタス

    着色料、香料、保存料、砂糖は不使用ですが、果糖ぶどう糖溶液で甘く味つけした子供にも食べやすい味で、発熱や病気で食欲がなくなったときでも、野菜の栄養素を少しずつ摂るのに便利な商品です。
    ただし糖質やカロリーはあるので、1日に何個も食べさせることはやめましょう。

    3位、2位の野菜サプリと比べて、黄・赤・緑とさまざまな野菜の栄養素を摂取できるのがおすすめポイントです。

    野菜サプリの使用上の注意点

    ① 飲むタイミング

    サプリメント

    野菜サプリは栄養補助食品なので、飲むタイミングは特に決められていませんが、飲むのを忘れないようにするために、食事の時間にあわせるという方は多いです。
    野菜サプリに限りませんが、胃に物が入っているときには吸収率が高まるので、朝食後・夕食後など時間を決めて飲むのがよいでしょう。
    また飲み会や外食などが続いて野菜不足を感じるときに飲むというのもおすすめです。
    野菜不足になると、口内炎ができたり便秘になったり、人によっては体調が変化することがあるので、自分なりの野菜不足の兆候を覚えておいてそのタイミングで飲むのもよいでしょう。

    ② 過剰摂取に注意

    サプリメント 錠剤 薬

    野菜サプリに添加されている栄養素のなかには、過剰摂取により副作用が生じるものもあります。
    水に溶けにくく油で溶けやすい脂溶性ビタミンのビタミンA・D・Eなどは、過剰摂取した場合、体外に簡単に排出されないため肝機能障害を起こす可能性があります。

    複数のサプリやビタミン・ミネラルをあわせて飲んでいると、気がつかないうちに特定の栄養素の過剰摂取になることもあるので注意してください。
    複数のサプリを飲む場合には1~2種類に抑えつつ、飲み始めてからの体調をチェックすることが大切です。

    ③ 野菜も食べよう!

    サラダ 野菜

    野菜サプリを飲めば「野菜を食べなくても大丈夫だ」と勘違いする人もいますが、サプリに含まれている成分は限られています。
    すべての野菜をバランスよく摂取できる野菜サプリはありませんし、数十種類の野菜が含まれている商品でも、当然ですが1粒に含まれる栄養素の量は少なく、広く浅く栄養を補うことになるため、食事から摂る野菜の代わりにはなり得ません。

    季節ごとの旬の野菜には、暑いときには体を冷やし、寒いときには体を温めるなどの効果があります。
    栄養素や成分表示には表れない、食事でしか摂ることのできない健康効果も大切にするようにしたいですね。

    青汁と野菜サプリ選ぶならどっち?

    青汁

    野菜不足を補うために青汁を飲む人も多いですが、青汁と野菜サプリではどちらが栄養豊富なのでしょう?
    各メーカーの商品によって栄養成分に違いがあるため、単純に比較することはできませんが、一般的に青汁の方が熱を加えずビタミンや酵素を破壊しない製法が発達しているので、実際に野菜を食べるのに近い効果が得られ、生の野菜に特徴的な食物繊維の量も青汁の方が多いです。
    しかし使っている野菜がケールや明日葉・大麦若葉などの葉もの野菜に偏っていて、飲むのに溶かして作る手間が必要なのに対し、野菜サプリはさまざまな種類の野菜成分を摂取でき、持ち運びも簡単でいつでもすぐに飲めるのがメリットです。

    【こちらもCHECK】青汁に関連するおすすめ記事はこちら

    市販の青汁おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.09.06

    市販のフルーツ青汁おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.01

    Amazon&楽天のサプリメント人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    野菜サプリで野菜不足を補おう!

    サプリメント

    一人暮らしや忙しい毎日を送っていると、どうしても野菜不足になりがちです。
    野菜サプリの活用は、1日の食事の栄養バランスを少しでも整えるのに役立つでしょう。
    時々感じてしまう「野菜を全然食べることができていないんだよね」という罪悪感を解消できる野菜サプリを、今日からぜひ試してみてください。

    【あわせて読みたい】サプリメントに関連するおすすめ記事はこちら

    美容ドリンクおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.15

    BCAAサプリおすすめ人気ランキングTOP10!効果や副作用、飲み方についても【2018年最新版】

    2018.05.07

    アミノ酸サプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用についても【2018年最新版】

    2018.04.30

    HMBサプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用&飲むタイミングについても【2018年最新版】

    2018.04.30

    オルニチンサプリおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    ヨシ ノリハラ

    健康ライター・健康研究家

    糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
    それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
    これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。