プチプラヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 髪質にあわせよう
      →配合されている成分をチェックし、自分の髪質に適しているかどうか確認する。
    • 好みの香りで選ぶ
      →製品によってはヘアコロン代わりになるほど香りが広がるものもあるため、好みや使うシーンにあうかどうかを考えて購入する。
    髪

    シャンプー後にコンディショナーやトリートメントでしっかりケアしているのに、髪がパサついてまとまらない……そんな悩みを抱えているなら、気軽に試せるプチプラヘアオイルがおすすめです。
    本記事では、乾燥によるパサつきやダメージから髪を守り、しっとりツヤ髪に導いてくれる話題のプチプラヘアオイルをランキングで紹介。
    ヘアオイルの正しい使い方もマスターして、毎日のヘアケアをもっと充実させましょう!



    ヘアオイルの基礎知識

    オイル 浸透

    髪のパサつきを抑えて潤いを与える保湿剤は、ミルク(乳液)やクリームなどさまざまな種類があります。
    そのなかでも特に人気で、ドラッグストアやバラエティストアなどでの取り扱いが多いのがヘアオイルです。
    オイルはミルクやクリームとどんな違いがあるのか、どんな役割を持つのかを解説します。

    【こちらもCHECK】ヘアオイルに関連するおすすめ記事はこちら

    オーガニックヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.20

    メンズ向けヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.26

    【厳選】ヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP15!効果やプレゼントも【2017年最新版】

    2017.12.30

    オイルはミルクやクリームとどう違うの?役割や特徴を紹介

    ヘアケアアイテムを選ぼうとしたけれど、種類がありすぎて結局決めきれない……そう感じたことはありませんか?
    髪質にあったケアをするためには、まずは種類ごとにどのような特徴や違いがあるかを理解しておくことが大切です。

    ヘアオイル:髪をコーティングして保護する・ツヤを出す

    今回のランキングで紹介しているヘアオイルは、髪をコーティングしてダメージから守ってくれるのが大きな特徴です。
    さっとなじませるだけで簡単にツヤ出しができるため、パサついた印象の髪を美しく見せられるのも魅力のひとつ。
    ヘアオイルのなかには熱に反応して髪のダメージをケアしたり、髪内部の傷みをケアする補修成分を配合しているものもあります。

    ヘアミルク:ダメージを補修して髪をやわらかく整える

    乳液のような質感のヘアミルクは、水をベースに作られているのが特徴。
    油分が少ないためツヤ感はあまり出ませんが、傷みをケアするダメージ補修効果に優れています。

    ヘアクリーム:髪のふんわり感を保ちながら保湿する

    クリームタイプは、ふんわり感をキープしながらパサつきを抑えて保湿ケアしたい方に向いています。
    油分を含んでいるためしっとり感を得られますが、ヘアオイルよりも軽く仕上がるのが特徴。
    「ヘアオイルはベタベタしてしまうし、ミルクだと物足りない」「巻き髪のボリューム感を落とさずに保湿したい」という方に適しています。

    ヘアオイルの近年のトレンド

    ここ数年ではノンシリコンタイプのヘアオイルが人気で、ドラッグストアやバラエティストアでも取り扱いが増えています。
    ノンシリコンのヘアオイルとは「ジメチコン」などのシリコーンを配合していない製品のことで、天然オイル100%で作られているのが特徴です。

    ノンシリコンタイプは髪の保湿だけでなく、頭皮のマッサージや保湿に使えることから人気が高まっています。
    「最近頭皮が乾燥してきた」「頭皮をマッサージして環境を整えたい」という方は、ノンシリコンのヘアオイルで頭皮ケアをしてみてください。

    プチプラヘアオイルの人気ブランド

    2,000円以下で購入できるプチプラヘアオイルは、以下のようなブランドが人気です。

    • ナプラ(サロン専売品)
    • ルシードエル
    • ツバキ
    • ボタニスト
    • ウテナ
    • いち髪

    プチプラブランドといえば、ドラッグストアで買える大手化粧品メーカーの製品というイメージを持ちますが、ナプラのようなサロン専売品(美容室で取り扱っている製品のこと)ブランドもあります。

    プチプラヘアオイルを初めて買うならここを必ず押さえよう

    お手ごろな値段で試しやすいプチプラヘアオイルは、数が多くどれから使うべきか迷ってしまいます。
    初めてヘアオイルを選ぶなら知っておきたい2つのポイントをチェックしておきましょう!

    ① 髪質にあわせよう

    髪

    ヘアオイルは配合されている成分がなにかによって使用感が異なり、向いている髪質も異なります。
    髪がぺたんとなりやすい猫毛の方が重いオイル(しっとり感が強いもの)を使うとベタついてしまうなど、髪質によってあうあわないがあるのです。
    植物オイル100%でできているものは比較的使用感が重いため、やわらかい髪や細い髪に使うとベタつくことがあります。
    ボリューム感を損なわずにヘアケアするなら、シリコンなどを配合したヘアオイルの方が軽く仕上がるのでおすすめ。

    プチプラヘアオイルを買う前は、配合されている成分をチェックし、自分の髪質に適しているかどうか確認しましょう。

    ② 好みの香りで選ぶ

    アロマ

    ヘアオイルには、香りがついているものと無香料のものがあります。
    製品によってはヘアコロン代わりになるほど香りが広がるものもあるため、好みや使うシーンにあうかどうかを考えて購入しましょう。

    華やかな香りがするヘアオイルはビジネスシーンに向かないため、TPOを考慮して選んでください。
    香りが強めのシャンプーやお気に入りのヘアコロンを使っている場合は、香りが混ざらないよう無香料タイプのヘアオイルを使うのがおすすめです。

    プチプラヘアオイルの上級者目線での選び方

    ヘアオイルは頭皮ケアからスタイリングまでさまざまな用途で使える万能アイテムですが、目的にあわせて選ぶことでもっと満足度がアップします。
    美容師も推奨する上級者目線での選び方を知って、毎日のヘアケアをレベルアップさせましょう!

    ① 頭皮をケアするならノンシリコンタイプがおすすめ

    シャンプー 女性

    頭皮の乾燥をケアするためにヘアオイルを使いたいと考えているなら、先述したようにノンシリコンタイプがおすすめです。
    シリコンは刺激リスクが低く頭皮に付着しても問題はありませんが、髪の根元につくとベタつきやすい傾向にあります。

    シリコン入りタイプのオイルで頭皮ケアをしてしまうと、ドライヤーでしっかり乾かしても濡れたような見た目になってしまうため、ノンシリコンタイプを使いましょう。

    ② 指通りが悪いならシリコン入りタイプを

    女性 髪の毛

    髪がごわごわして指通りが悪く、スタイリングしづらいことで悩んでいるなら、シリコン入りのヘアオイルがおすすめ。
    シリコンで髪をコーティングするとすべりがよくなるため、サラサラ感が出て扱いやすくなります。
    ノンシリコンタイプのヘアオイルは保湿力があってしっとりするものの、きしみや指通りを緩和させる効果は低めです。
    クシが引っかかってしまう、髪が絡まりやすい……と悩んでいるなら、髪同士の摩擦やもつれを軽減するシリコン入りタイプを選びましょう。

    髪のきしみが気になるなら、シリコン入りのへアオイルをなじませてからドライヤーで乾かすのがベスト。
    ドライヤー中の髪の絡まりや摩擦によるダメージをブロックできます。

    プチプラヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5

    「ダメージケアやスタイリングにヘアオイルを使いたいけれど、なるべくお金をかけたくない!」という方のために、今話題のヘアオイル5つを紹介します。
    2,000円以下で手軽に購入できるプチプラヘアオイルを、「ベタつきのなさ」「ダメージケア力」「コストパフォーマンス」の3つの基準で筆者がランクづけしました!

    5位 N. ポリッシュオイル ミニ

    ベタつきのなさ
    補修効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:30mL
    シリコン:なし
    主な成分:ゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、シア脂油
    向いている髪質:ノーマル
    香り:マンダリンオレンジ&ベルガモット(柑橘系)

    天然由来素材だけで作られていることで人気を呼んでいるのが、ヘアサロンでも取り扱いが多いナプラというブランドのこちらのオイル。
    髪だけでなく頭皮や肌のケアにも使える製品で、乾燥が気になる季節はフェイスオイルとしても活躍します!

    重たくならない使用感にこだわってブレンドされたオイルで、朝のスタイリング前にも使いやすいのが人気の理由。
    爽やかな柑橘系の香りは嫌味がなく、自然に香るため仕事前でも気にせず使えます。

    傷んだ髪をケアする効果に優れているシアバターを配合しており、毛先の乾燥やパサつきを抑えてしっとりまとまる髪に導いてくれるヘアオイルです。
    しっとり感が強いヘアオイルだとベタついてしまうけれど、まとまり感は欲しい……という髪の悩みを抱えている方に適しています。

    【こちらもCHECK】N. ポリッシュオイル ミニの紹介動画はこちら

    4位 ウテナ ゆず油 無添加ヘアオイル

    ウテナ ゆず油 無添加ヘアオイル
    ベタつきのなさ
    補修効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60mL
    シリコン:なし
    主成分:コメヌカ油、ユズ種子油、グレープフルーツ果皮油、ユズ果皮油、オレンジ油
    向いている髪質:-
    香り:ゆず

    無添加ヘアオイルは、5種類の植物オイル(コメヌカ油、ユズ種子油、グレープフルーツ果皮油、ユズ果皮油、オレンジ油)とビタミンEだけで作られたシンプルな製品。
    シリコンを配合していないため、髪だけでなく頭皮の保湿にも使えることから人気が広がっています。

    香りはナチュラルなゆずの香りで、化粧品特有のにおいが苦手な方でも不快感を覚えにくいヘアオイルです。
    しっとり感が強めの重い使用感で、軽くサラサラしたヘアオイルではまとまらない髪質の方に適しています。
    プチプラヘアオイルのなかでも比較的価格が安く、一度の使用量が数滴でもしっとりするためコストパフォーマンスに優れているのも魅力のひとつ。
    経済的に使い続けられるヘアオイルを探している方にぴったりです。

    【こちらもCHECK】ウテナ ゆず油 無添加ヘアオイルの紹介動画はこちら

    3位 ボタニスト ボタニカルヘアオイル リッチモイスト

    ボタニスト ボタニカルヘアオイル リッチモイスト
    ベタつきのなさ
    補修効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80mL
    シリコン:あり
    主成分:シクロペンタシロキサン、イソノナン酸イソノニル、イソドデカン、ジメチコノール、ジメチコン、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油
    向いている髪質:すべての髪質
    香り:アプリコット&ローズ

    植物エキスの美容効果が楽しめると人気のボタニストのヘアオイルは、保湿力がありながらベタベタしない使い心地のオイルです。
    熱を利用して髪表面に膜を作るヒートリペアリピッド成分を配合しており、ドライヤーによるダメージをケアします。
    この成分は、キューティクル(髪表面を覆っているうろこ状の組織)の代わりをすることで髪の水分蒸発をブロックできるのもポイント。

    サラサラした軽い使用感が好みの方や、しっとり感が強めのオイルだとベタついてしまう細い髪質の方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ボタニスト ボタニカルヘアオイル リッチモイストの使い方動画はこちら

    2位 アメニモ H2O バランスケア ヘアオイル

    ベタつきのなさ
    補修効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80mL
    シリコン:あり
    主成分:水添ポリイソブテン、ジメチコン、ミネラルオイル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、バオバブ種子油、加水分解ケラチン(羊毛)
    向いている髪質:湿気でクセが強くなる髪質
    香り:グリーン&ローズ

    湿気のせいで髪がうねる、広がる……という悩みを抱えているなら、アメニモのヘアオイルがおすすめです。
    アメニモは「たとえ雨の日でも楽しく過ごせるように」というコンセプトを掲げるブランド。
    髪が硬めで雨の日になると広がってごわついてしまう方におすすめです。

    浸透型ケラチンというタンパク質成分がスカスカになった髪に浸透し、潤いを閉じ込めるのが特徴。
    ケラチンとは髪にも含まれているタンパク質で、パーマやカラーなどのダメージが加わると減少してパサつきにつながります。
    アメニモのヘアオイルは失われてしまったタンパク質を補給し、傷みが蓄積した髪をケアしてまとめる効果に優れているのがおすすめポイントです。

    香りは爽やかなグリーン系とローズがミックスされていて、ほのかに広がる程度。
    出勤・通学前に使っても香りが気になりません。

    1位 ルシードエル オイルトリートメント EXヘアオイル

    ルシードエル オイルトリートメント EXヘアオイル
    ベタつきのなさ
    補修効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60mL
    シリコン:あり
    主成分:水添ポリイソブテン、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、アルガニアスピノサ核油、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
    向いている髪質:すべての髪質
    香り:フローラル&フルーツ(甘い香り)

    レディース用・メンズ用の整髪料を数多く取り扱うブランドとして人気があるルシードエルのヘアオイルは、熱や紫外線によるダメージが気になる方におすすめです。
    ヒートプロテクト処方でドライヤーの熱から髪を守る補修効果があり、パサつきやごわつきにつながるダメージを軽減します。

    ビタミンEを豊富に含むアルガンオイルを配合していて、紫外線から髪を守るUVカット処方であることも高評価ポイント。
    熱や紫外線から髪を守る優れた効果を持ちながら、1本当たり1,000円以下と非常に安価でコストパフォーマンスも合格点。
    軽いタッチで髪質を問わずに使いやすく、特にボリュームが出にくい猫毛・細い髪質の方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ルシードエル オイルトリートメント EXヘアオイルのレビュー動画はこちら

    ヘアオイルの使用上の注意点

    髪のダメージをケアしたりスタイリングに活用したりできるヘアオイルは、正しく使ってこそ効果を感じられます。
    トラブルを避けてヘアケアするためにも、次の3つの注意点を避けて使用しましょう。

    ① 量の使いすぎはNG

    美容品 ヘアオイル

    ヘアオイルは保湿力が高く、少量でも効果をしっかり感じられます。
    パッケージに記載されている量を超えて使用するとベタついてしまうため、使用目安量をしっかり確認しておきましょう。

    髪質によっては使用目安量でもベタつきを感じることがあるため、初めてヘアオイルを使う場合は少量ずつ試してみてください。
    目安量の約半分から使いはじめ、少ないと感じたら足していくのがベスト。
    ヘアオイルは髪の量やダメージ度合いによって必要量が変化するため、調整しながら使いましょう。

    ② 頭皮や肌に異常が現れたら使用をやめる

    頭皮ケア

    新しいヘアオイルを使いはじめて頭皮や肌に異常が現れた場合は、使用を中止しましょう。
    配合されている成分が体質にあわずアレルギー反応を起こしてしまっている可能性があります。
    「せっかく買ったからもったいないし、肌に直接つけるものではないから大丈夫だろう……」と油断するのはNG。

    ヘアオイルは肌に直接塗るものではありませんが、寝ているあいだなどに髪のオイルが肌に移ってしまうことが。
    赤みやかゆみが出ている状態で使い続けると肌トラブルが深刻化し、ただれや水ぶくれに発展することもあります。
    肌にあわないと感じたら思い切って違うヘアオイルに切り替えてください。

    これが正しいヘアオイルの使い方!ケアのコツを紹介

    ヘアオイルは適切に使えば髪のダメージケアやおしゃれにとても役立ちますが、一歩間違えると「髪がベタベタする」「スタイリングが決まらない」と感じてしまいます。
    「ヘアオイルのパッケージを見ただけではイマイチ使い方がわからない……」という方のために、コツを紹介します。

    アウトバストリートメントとして使う場合

    ドライヤー 髪

    ヘアオイルをお風呂上りの塗れ髪にアウトバストリートメントとして使うとき、どうやってなじませていますか?
    ヘアオイルは偏って髪に付着するとベタつきが出やすいため、以下の手順に沿って均一になじませることが大切です。

    1. 髪の水気をタオルなどでよくふき取る
    2. ヘアオイルを適量手の平に出す
    3. 手の平と指にオイルが行き渡るようにこすりあわせる(ここが重要!)
    4. 髪の根元を避け、手ぐしを通すように全体になじませる
    5. ドライヤーで乾かす

    このように、手の平全体にオイルを広げてから髪になじませてください。
    ヘアオイルは髪の根元からしっかりつけてしまうと、頭頂部のボリュームが減りすぎてアンバランスな印象を与えてしまいます。

    髪の根元も保湿したい場合は、1~5までの手順を行ったあとに目の粗いくしで髪全体を優しくとかすといいでしょう。
    目の細いくしで濡れた髪をとかすと切れ毛・枝毛の原因となるため、下の写真のようなものを使ってください。

    コーム ヘアブラシ

    【こちらもCHECK】アウトバストリートメントに関連するおすすめ記事はこちら

    アウトバストリートメントおすすめ人気ランキングTOP25!ミルクタイプやオイルタイプも【2018年最新版】

    2018.03.23

    頭皮の保湿に使う場合

    ヘッドマッサージ

    乾燥をケアしたり頭皮環境を整えたりする目的でヘアオイルを使う場合は、シャンプー前の乾いた髪になじませてマッサージしましょう。
    頭皮に直接ヘアオイルを塗る場合は、ベタつきを抑えるためのコツがあります。
    以下の手順に沿って頭皮ケアをしてみてください。

    1. 髪全体をブラッシングし、絡まりを取る
    2. 500円玉大のオイルを手に取り、指先で頭皮にもみこむ
    3. 頭皮全体を指の腹でやさしくマッサージする
    4. 5~10分時間を置く
    5. お湯で丁寧に洗い流し、シャンプーを行う
    6. コンディショナーやリンスを少量なじませて洗い流す

    頭皮のオイルケアはこの手順で行い、お風呂上がりはタオルでよく髪の水気をふき取ってドライヤーで乾かしましょう。
    頭皮に水分が残っていると雑菌が繁殖しやすいため、地肌からしっかり乾かしてください。

    オイルケアを行ったあとは髪が保湿されてしっとりしているので、コンディショナーやリンスは少量でOK。
    たっぷり使うとベタつきやすいため、普段の3分の1程度に減らすといいでしょう。

    スタイリングに使う場合

    髪 ヘアケア ヘアブラシ

    ヘアオイルは髪のパサつきや広がりを抑えるスタイリング剤としても使えます。
    乾いた髪にスタイリング剤としてヘアオイルを使用する場合は、ごく少量のオイルを手に取って使いましょう。
    髪の長さと適したヘアオイルの量の目安は以下の通りです。

    • ショート……1~2滴
    • セミロング……2~3滴
    • ロング……3~4滴

    アウトバストリートメントとして使うときと同じく、手の平と指によくヘアオイルをこすりあわせてから髪になじませましょう。
    スタイリングをする際は、髪の傷みや乾燥が気になる毛先を中心にヘアオイルを塗るのがポイントです。

    パサつきやすい毛先を中心にヘアオイルを塗ると、パサつきや広がりを抑えつつ、髪の根元のボリュームはキープできます。

    【こちらもCHECK】スタイリングに関連するおすすめ記事はこちら

    ヘアカッターおすすめ人気ランキングTOP15!使い方の解説も【2018年最新版】

    2018.10.01

    ヘアスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方についても【2018年最新版】

    2018.07.29

    ヘアアイロンと相性抜群のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.17

    Amazonヘアオイル人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    プチプラヘアオイルでツヤ髪を手に入れよう!

    ヘアケア 美髪

    乾燥やダメージで髪がパサつく……そんな悩みを抱えているなら、手軽な値段で購入できるプチプラヘアオイルを使ってみてください。
    ヘアオイルは配合成分によって使用感や向いている髪質が異なるため、特徴をしっかり把握して選びましょう。

    広がりやごわつきを抑えるプチプラヘアオイルを毎日のケアに投入して、ツヤ髪をゲットしてください!

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ヘアケアに関連するおすすめ記事はこちら

    香油おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.18

    頭皮マッサージグッズおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.10

    パドルブラシおすすめ人気ランキングTOP10!選び方や使い方も【2018年最新版】

    2018.07.30

    ノンシリコンとは?その意味についても

    2018.07.28

    ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.29

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。