ゲーミングマウスおすすめ人気ランキングTOP9!無線・有線の違いやDPIの調整についても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

藤堂泰寛

元IT管理部

サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • ゲームにあわせた機能を選ぶ
      →ゲームのジャンルによってゲーミングマウスに求められる機能は異なる。自分がプレイしているゲームを基準にして商品を選んでいこう。
    • オンボードメモリの有無に注目
      →オンボードメモリが搭載されているものは、使用するパソコンを変更してもマウスの設定をしなおす必要がないので利便性が高い。
    • 有線と無線の違いにも目を向けよう
      →自分の行った操作が確実に一定のスピードでパソコンに届けられ、接続の不安定要素を排除できるため、ゲーミングマウスとパソコンの接続方法は有線接続がおすすめ。
    マウス

    今回はゲーミングマウスについてご紹介します。
    ゲーミングマウスはその名のとおり、ゲーム専用のマウスですが、製品紹介を見てみると聞いたこともない専門用語の嵐に驚く人も多いはず。
    さらに、市場にある製品数も多く選びづらいといった理由から、ゲーミングマウスを使いたいけれど二の足を踏んでいる人もいるでしょう。
    プロ向けの製品も多いジャンルであるため、パソコン周辺機器としては比較的ハードルが高めであると言えます。

    今回は、そんなわかりにくいゲーミングマウスを基礎的な部分から徹底解説。
    商品の選び方やおすすめの商品も紹介するので、本記事を読めば自分にあったゲーミングマウスがきっと見つかりますよ。

    ゲーミングマウスとは?

    マウス

    一言でいうと、「ゲームを快適にプレイするため」のマウスです。

    PCゲームでは、プレイするためにPlayStation4のような専用のコントローラーを用意する必要はなく、通常のマウスでもプレイが可能ですが、PCゲームに慣れてくると操作性の面でさまざまな不満が出てきます。

    パソコン画面上のポインタの動きが遅い、マウスの反応が遅い、キーボードのキーを複数組み合わせたコマンドをいちいち打つのが大変など、内容はさまざまですが、このような不満は通常のマウスでは解決することができません。

    しかし、ゲーミングマウスなら、ゲームに特化した性能や機能が多数搭載されているため、これらの問題を解決することができるのです。
    ゲーミングマウスがもたらす快適性は素晴らしく、この便利さを一度体験したら二度と通常のマウスには戻れないでしょう。

    【こちらもCHECK】マウスに関連するおすすめ記事はこちら

    トラックボールおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.05

    ワイヤレスマウスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.30

    ゲーミングマウスの機能について

    ゲーミングキーボード

    ゲーミングマウスの主な機能は、「マクロ機能」「豊富なサイドボタン数」「高いポーリングレート」「DPI調整機能」です。
    まずはマクロ機能について見ていきましょう。

    マクロ機能について

    マウス

    PCゲームではキーボードのキーを複数使用し、それらを組み合わせながら自分の分身となるキャラクターなどを操作していきます。
    その操作はキーを1つ押すだけの簡単なものから複数のキーを組み合わせる複雑なものまでさまざまで、特に複雑なキーの操作は咄嗟の場面では使いこなすことが難しく、それが原因で悔しい思いをしてしまうこともあります。
    さらには簡単な組み合わせでも頻繁に使用するキーの組み合わせなどもあり、キー操作が億劫になることも。

    そこで便利なのがマクロ機能です。
    マクロ機能は、これらのキーの組み合わせを記憶し、マウスのボタンに割り当てることができます。

    通常では手間取る動作をボタン1つで使用でき、たとえ複雑なキー操作でも咄嗟の場面でサッと使えるため、プレイが非常に楽になるのです。
    マクロの登録はゲーミングマウスに付属しているソフトウェア上で行う場合が多く、機種ごとに異なります。

    サイドボタンの数が多い!

    Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス 【日本正規代理店保証品】 RZ01-02410100-R3M1
    Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス 【日本正規代理店保証品】 RZ01-02410100-R3M1

    これは上述したマクロ機能とも深く関係する機能です。

    通常のマウスには左クリックと右クリックの2つのボタンが搭載されています。
    ホイールもボタンとして活用できるものもありますが、これをあわせても3個です。

    しかし、ゲーミングマウスのボタンは基本的に5個以上、多いものになると12個ものボタンを搭載している製品もあります。
    左クリックと右クリック、ホイール以外のボタンは、親指付近に配置されており、親指で簡単に操作ができ、このようなボタンを「サイドボタン」と呼びます。

    上述したマクロ機能は便利ですが、割り当てるボタンがなければ実質ないも同じです。
    ゲームの種類によってはマクロ機能を多用したい場合もあるため、親指で簡単に操作できるサイドボタンの数は非常に重要と言えるでしょう。

    ポーリングレートとは?

    https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/close-hand-over-wireless-game-mouse-759645958?src=_ZKpDZwSXq9__CB3VdgKXg-1-17

    ポーリングレートとは、1秒間にマウスからパソコンに送られる情報量を指します。
    「Hz」という単位で表され、数値が大きいほど素早くパソコンに情報を届けることが可能です。
    通常のマウスでは125Hzなのに対し、ゲーミングマウスは1000Hz以上と非常に高く、製品によっては調整できるものもあります。

    通常のマウスをPCゲームに使用すると、ユーザーがマウスで行った素早い動作がパソコンに反映されないことが多々あり、これが非常にストレスになりますが、ポーリングレートが高いマウスであれば、ユーザーの細かい動作が即座にパソコン画面に反映されるため、自分のマウスの動きとパソコン画面に違和感なく快適なゲームプレイが可能なのです。
    素早い動きが要求されるアクションゲームなどでは欠かせない要素となるでしょう。

    DPIの調整が可能

    ゲーム PC キーボード デスクトップ

    DPIというのは、「Dot Per Inch」の略。
    ユーザーが1インチ(2.5cm)マウスを動かすことで、パソコン画面上のポインタが移動するドット数を示しています。

    例えば、マウスのDPIが「1000」である場合は、2.5cmマウスを左に動かせば、1000ドット分ポインタが左に移動することになり、これが2000の場合だと、2000ドット分ポインタが移動するというわけです。

    つまり、マウスを動かした距離が同じでも、DPIが小さいほどポインタの動きは精密になり、大きい程広範囲に動くということです。
    ゲーミングマウスでは、DPI値が大きいことを「ハイセンシ」、小さいことを「ローセンシ」と呼びます。

    ゲームの種類によっては、ポインタをとにかく広範囲に動かす必要のあるものや、細かい動きを必要とするものもあるため、必要に応じてDPIを調整することで快適にプレイできるのです。

    ゲームのジャンルごとに最適なゲーミングマウスを解説!

    ゲーミングキーボード

    PCゲームには主なジャンルとして、「FPS」「MMORPG」「MOBA」があります。
    これらはまったく違うゲーム性を持つため、最適なゲーミングマウスもそれぞれで違うのです。
    これまでゲーミングマウスの機能を見てきましたが、この項ではジャンルごとに必要となるゲーミングマウスの機能について見ていきましょう。

    FPSに求められる機能とは?

    ゲーム FPS

    FPSは「First Person Shooter」の略で、本人視点でゲーム空間を移動し、銃火器などを使用して戦うアクションゲームです。

    アクションゲームなので、いち早く敵を見つけ、素早い動作で倒さなければなりません。
    そこでゲーミングマウスに求められる性能が「ポーリングレート」。

    ポーリングレートは高いほど、マウスの動きを速く正確にパソコンに反映できるため、大げさに聞こえるかもしれませんが、コンマ数秒速いだけで勝敗が変わるFPSでは必須の機能と言えるのです。
    もちろんプレイヤーの技能もありますが、技量で勝っていてもマウスの性能で負けるというのは避けたいところですよね。

    またこの機能にとって重要なのが調整機能の有無で、ポーリングレートが高くなりすぎると、呼吸による手の微細な動きまでも読み取って、逆に扱いづらくなることもあるため、有無は確認したほうがよいでしょう。

    このあたりは本人の好みが出てくる部分なので、高いポーリングレートが悪いとは一概に言えないのですが、使ってみなければわからない部分でもあるので調整機能は必須となります。

    また、FPSではサイドボタンの数も重要です。
    しかし、この場合は「サイドボタンの数が少ない」ことが重要となります。

    FPSではそれほどマクロ機能を使用しないため、サイドボタンは2~3個あれば十分です。
    これより多くなるとボタンの押し間違いにもつながりやすく、数が多いほど邪魔になってしまいます。

    なお、FPSでは有効にしない方がよい機能もあり、代表的なのは直線補正という機能です。

    この機能はFPSの操作の1つである「ヘッドショット(相手の頭を撃ち、一撃で倒す技術)」の動きを補正してくれるのですが、ほかの操作でも無理に補正しようとポインタを勝手に動かしてしまうため、非常にプレイしにくくなってしまうのです。
    現在では上記の理由があるため、直線補正を採用しているゲーミングマウスは少ないのですが、もし搭載されていた場合は有効にしないことをおすすめします。

    MMORPGに求められる機能とは?

    ゲーミングキーボード

    MMORPGは「Massively Multiplayer Online Role-Playing Game」の略で、日本語訳では、「大規模多人数オンラインRPG」となります。

    RPGなのでFPSのようなアクション性は基本的になく、ゲームの操作もキーボードが主です。

    このジャンルに必要なゲーミングマウスの機能は「マクロ機能とサイドボタンの数」。
    キーボード操作が多いということは、キーを複数組み合わせる場面も必然的に増えます。
    手動でやると非常に面倒なキーの組み合わせですが、マクロ機能を使い、ボタンに割り振ることで操作が随分快適になるため、マクロ機能を有効活用するためにもサイドボタンの数は多い方がよいでしょう。
    左手でキーボードによる操作、右手で必要に応じてマクロで保存したボタンを操作すれば、両手を有効に使えてMMORPGを快適にプレイできます。

    【こちらもCHECK】ゲーミングキーボードに関連するおすすめ記事はこちら

    ゲーミングキーボードおすすめ人気ランキングTOP10!Logicool&Razerの解説も【2018年最新版】

    2018.08.13

    MOBAに求められる機能とは?

    ゲーム

    MOBAは「Multiplayer Online Battle Arena」の略。
    複数のプレイヤーが2つのチームに分かれ、相手の陣地を支配しながら本拠地を落とすゲームです。
    プレイヤーは1人のキャラクターとなり、全体の戦況を見極めながら相手の本拠地を目指します。

    このゲームで重要なのは「チームの連携」なので、相手キャラクターに戦いを仕掛けるときも、戦況を見ながらチームメイトと息をあわせることが重要です。

    キャラクターを動かしながら戦況を随時確認する必要があるため、とにかくパソコン画面上でポインタを動かすことになります。
    したがって、ゲーミングマウスに求められる性能はDPI調整機能となり、DPIを大きく調整し、通常よりも大きくポインタを動かすことで、スムーズに戦況を確認しながらキャラクターを操作できるでしょう。

    ゲーミングマウスをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    ① ゲームにあわせた機能を選ぶ!

    ゲーム ゲーミング キーボード マウス

    上述したとおり、ゲームのジャンルによってゲーミングマウスに求められる機能は違います。
    FPSのように、通常はメリットとなるサイドボタンの多さが逆にデメリットになるケースもあるため、自分がプレイしているゲームにあわせたゲーミングマウスを選ぶことが最も重要です。

    ② オンボードメモリの有無に注目!

    マウス ゲーミング

    オンボードメモリを搭載したマウスは保存機能を持ちます。
    通常、ユーザーが変更したマウスの設定やボタンの設定はパソコンに保存されるのですが、これをマウス自身に保存できるようになっているのです。

    オンボードメモリの利点は、使用するパソコンを変更しても、マウスを設定しなおす必要がない点です。
    マウスの設定は、一度設定してしまうと元の設定を忘れてしまうため、再設定は非常に面倒。
    元に戻れない場合もあるため、プレイでも違和感を覚えてしまい、ストレスの元となってしまいます。

    しかし、マウスにオンボードメモリが搭載されていれば、そのようなストレスを感じることもなく、他人のパソコンを使用する際でも、わざわざマウスを設定しなおす手間が省けて便利なのです。

    ③ 有線と無線の違いにも目を向けよう!

    有線 マウス

    ゲーミングマウスとパソコンの接続方法には、有線接続と無線接続の2種類があります。
    結論から言うと、おすすめは有線接続です。

    理由は、自分の行った操作が確実に一定のスピードでパソコンに届けられるためです。
    ワンプレイが勝負を左右するようなFPSなどのゲームにおいては、有線接続の確実性が必須。
    無線接続は稀にパソコンとの通信が不安定になることがあり、これを選ぶことはわざわざ自分から負ける要素を作っているようなものなので有線接続一択です。

    しかし、そのような緊迫したゲームではなく、MMORPGなどのゲームであれば無線接続でも問題ありません。
    ケーブルの煩わしさから解放されるため扱いやすく、持ち運びも簡単です。

    ゲーミングマウスの上級者目線の選び方

    マウス

    より性能に優れたゲーミングマウスを求める場合はセンサーにも注目しましょう。
    このセンサーはゲーミングマウス特有のものではなく、どのようなマウス製品でも必ず搭載されています。

    センサーはマウスの動きを感知する重要な部分で、動きの追従性や止まり方など、基本的な性能を決める部品です。
    しかし、その性能を表す指標がないため、性能がわかりづらい部分でもあります。

    そこで注目したいのがメーカー。
    センサー業界ではトップメーカーのPixart製「PMW」シリーズが非常に優れており、優れたゲーミングマウスには高確率で搭載されています。
    「PMW」シリーズを採用しているゲーミングマウスであれば、センサーでは問題ないと判断して間違いないです。
    センサーにこだわりたい場合は深い知識が必要ですが、この「PMW」シリーズを採用しているかチェックすることで、ある程度のセンサーの優劣を測ることができます。

    ゲーミングマウスの最安値と価格帯の特徴一覧

    電卓

    ゲーミングマウスの価格は、およそ2,000~15,000円。
    売れ筋・人気の価格帯は約5,000~12,000円であり、価格と性能のバランスが優れています。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約2,000円~5,000円~12,000円約15,000円~
    特徴格安ゲーミングマウス。
    売れ筋製品に比べると機能は低く、何よりセンサーの性能が段違いに低いです。
    価格と性能のバランスに優れており、プロも使用するような製品も多いです。機能も豊富でセンサーの性能も高く、快適なゲームプレイができるでしょう。センサーにこだわった製品が多いです。ただし、あまりに高性能すぎて、人間の知覚能力では違いが実感できない製品もあります。

    FPS用ゲーミングマウスおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはおすすめのゲーミングマウスを、以下の3つのランキングに分けてご紹介します。

    • FPS用ゲーミングマウスランキング
    • MMORPG用ゲーミングマウスランキング
    • MOBA用ゲーミングマウスランキング

    まずはFPS用ゲーミングマウスランキングです。
    このランキングでは、筆者が製品の「ゲーム専用機能」「基本性能」「コストパフォーマンス」に着目し、総合的に優れたものをランクインしています。

    「ゲーム専用機能」では、上述したゲームごとに必要な機能について評価したもので、FPSは「ポーリングレート」と「サイドボタンの数」です。
    「基本性能」はセンサーの性能、「コストパフォーマンス」では、ゲーム専用機能と基本性能を加味した価格帯で、コストパフォーマンスに優れている製品を評価しました。

    3位 SteelSeries Rival 600

    ゲーミング マウス SteelSeries Rival 600
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:3
    • センサー:TrueMove 3+デュアルセンサーシステム
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:重量調整、DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載

    ポーリングレートは125、250、500、1000Hzの4段階に変更できるため、ユーザーのお好みにあわせた調整が可能です。
    親指付近にあるサイドボタンは3個と、FPSに最適な数となっています。

    TrueMove 3+デュアルセンサーシステムは、上述で紹介したセンサー業界トップメーカーPixart社とSteelSeries社が共同開発したセンサー。
    マウスの読み取り精度を追及したセンサーで、マウスの動きをパソコンに伝える正確性が非常に優れています。

    さらに、マウスの両脇が取り外し可能な構造となっており、重さを96~128gの範囲で調整できるため、本人の好みにあわせたゲーミングマウスに仕上げることができるでしょう。

    【こちらもCHECK】SteelSeries Rival 600のレビュー動画はこちら

    2位 ロジクール PRO G-PPD-001

    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:2
    • センサー:Pixart製PMW3366
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載

    プロ向けに開発されたFPS用ゲーミングマウス。
    ポーリングレートは125、250、500、1000Hzの4段階に変更可能で、親指付近にあるサイドボタンは2個と、FPSには丁度いい数です。

    センサーはセンサー業界トップメーカーPixart社のPMW3366が搭載されており、ハイクラスのセンサーではないものの、マウスの動きを正確に捉える性能はPixart社ならではです。

    さらに、サイズが非常に小さく、重量も83gと非常に軽量で細かい動きが得意であり、手が小さい方にもおすすめできるゲーミングマウスと言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】ロジクール PRO G-PPD-001のレビュー動画はこちら

    1位 Razer DeathAdder Elite

    Razer DeathAdder Elite エルゴノミック
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:2
    • センサー:Pixart製PMW3389
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能

    FPS用ゲーミングマウスとしては最も売れている製品で、Amazonでも200件以上のレビューがつく人気商品となっています。

    ポーリングレートは125、500、1000Hzの3段階に変更が可能で、親指付近にあるサイドボタンは2個と、FPSをプレイするには丁度いい数が搭載されています。

    センサーにはセンサー業界トップメーカーPixart社のPMW3389を採用。
    Pixart社のセンサー製品ラインナップのなかでもハイクラスに位置するセンサーで、トップクラスの基本性能を持ち、マウスの動きを正確にパソコン画面に反映します。

    さらに本製品は、人体の形や動きにあわせて機械などを設計する学問、エルゴノミクスによってデザインされており、加えて両サイドのラバークリップがマウスの滑りを防止し、長時間でも快適にプレイすることが可能です。

    【こちらもCHECK】Razer DeathAdder Eliteのレビュー動画はこちら

    MMORPG用ゲーミングマウスおすすめ人気ランキングTOP3

    次はMMORPG用ゲーミングマウスランキングです。

    「ゲーム専用機能」では、MMORPGで重要視される「マクロ機能」と「ボタンの数」を評価しています。
    その他の評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 Razer Naga Trinity

    Razer Naga Trinity Razer Naga Trinity
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:最大12
    • センサー:5G光学センサー
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、サイドプレート交換

    最大12個のサイドボタンを持つゲーミングマウス。
    本製品ではサイドパネルが交換でき、サイドボタンの数を2、7、12個の構成に変更が可能です。

    したがって、柔軟性に優れていることから、ゲームのジャンルに限らず使用できるというメリットがあり、DPI調整機能も搭載されているため、MOBAでも問題なく使用できます。

    【こちらもCHECK】Razer Naga Trinityのレビュー動画はこちら

    2位 ロジクール G502RGBd

    ゲーミングマウス ロジクール G502RGBd
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:3
    • センサー:Pixart PMW3366
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能

    本製品はサイドボタンが3個しかありませんが、本体の至るところに割り当て用ボタンが配置されており、その総数は11個です。
    従来のように1か所に密集していないため、ボタンの区別がつきやすく、誤操作を少なくできるでしょう。

    また、センサーにはPixart社製のPMW3366を採用。
    MMORPGにおいてセンサー性能はそれほどゲームに影響しませんが、サイドボタンが少ないことから本製品はFPSにも使用できるため、FPSをプレイする際にはこの優秀なセンサーの能力が光ります。

    【こちらもCHECK】ロジクール G502RGBdのレビュー動画はこちら

    1位 ロジクール G600t

    MMO ゲーミングマウス ロジクール G600t
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:12
    • センサー:Pixart ADNS9800
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載、プロファイル切り替え機能

    マクロ機能の割り当てボタンが非常に多いゲーミングマウス。
    サイドボタンが12個あるほか、左クリックと右クリックに加え、薬指でクリックできるボタンにもマクロを割り当てることができます。

    さらにはホイールの隣にもボタンが2つあり、マクロを割り当てられるボタンの総数は20個と、ゲーミングマウス全製品のなかでも最大です。

    また本製品はオンボードメモリを搭載していて、マウス自身に設定を複数保存でき、さらにこの保存設定を切り替える「プロファイル切り替え機能」もあるため、ゲーム以外のシーンでも利用できるでしょう。

    【こちらもCHECK】ロジクール G600のレビュー動画はこちら

    MOBA用ゲーミングマウスおすすめ人気ランキングTOP3

    最後はMOBA用ゲーミングマウスランキングです。

    「ゲーム専用機能」では、MOBAで重要視される「DPI調整機能」を評価しています。
    その他の評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 HORI EDGE 101

    EDGE 101 オプティカルゲーミングマウス
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:3
    • センサー:Pixart SDNS3988
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載、プロファイル切り替え機能

    日本国内メーカーのゲーミングマウス。
    DPI調整機能は50~6400ですが、50刻みでの調整が可能です。
    他社の製品では100刻みの調整しかできないため、より自分にあったDPIに調整できるでしょう。

    またシンメトリー(左右対称)デザインであるため利き手を選ばず、サイドボタンも左右に3個配置されています。

    さらに左クリックが非常に軽いことから、左クリックを連打する機会の多いMOBAでも、本製品の軽さがあれば疲れにくいでしょう。

    【こちらもCHECK】HORI EDGE 101のレビュー動画はこちら

    2位 SteelSeries Sensei 310

    ゲーミングマウス SteelSeries Sensei 310 Black 62432
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:2
    • センサー:TrueMove3
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載、プロファイル切り替え機能

    DPIを100~12000の範囲で調整できるゲーミングマウスで、MOBAをプレイするうえでは十分なDPI性能を持っていると言えます。

    センサーにはPixart社とSteelSeries社が共同開発した「TrueMove 3」を採用。
    最高峰の性能を持っているわけではありませんが、こちらもMOBAをプレイするうえでは十分すぎる基本性能と言えるでしょう。

    また本製品はシンメトリー(左右対称)デザインで、サイドボタンも左右に2つずつ搭載されているため、左手でも同じ感覚で使用できます。

    【こちらもCHECK】SteelSeries Sensei 310のレビュー動画はこちら

    1位 ロジクール G403

    ゲーミングマウス ロジクール G403 エルゴノミクスデザイン
    ゲーム専用機能
    基本性能
    コストパフォーマンス
    総合
    • ポーリングレート:最大1000Hz
    • サイドボタンの数:2
    • センサー:Pixart PMW3366
    • 接続方式:有線
    • 電源:USBケーブルから供給
    • 付加機能:DPI調整機能、マクロ機能、オンボードメモリ搭載、プロファイル切り替え機能

    DPIを200~12000の間で調整することができるゲーミングマウス。
    ポインタを広く移動させる必要があるMOBAですが、本製品のDPIはそれを十分カバーできるほどの性能を持っており、また、MOBAで多用する傾向がある右クリックが押しやすいのもポイントです。

    センサーにはPixart社製のPMW3366を採用していることから、マウスの動きを優れた精度で読み取り、細かなマウスの動きを感知して、ユーザーが想定したとおりの動きをパソコン画面に表示できます。

    【こちらもCHECK】ロジクール G403のレビュー動画はこちら

    ゲーミングマウスの使用上の注意点

    ゲーム ゲーマー 少年

    ゲーミングマウスを購入する前に覚えておきたい注意点が1つあります。
    それは、ゲーミングマウスはゲームプレイを快適にしてくれるものですが、使い始めた途端、成績が上がるものではないということです。

    もし、これまで通常のマウスを使用しており、それがネックとなって成績が伸び悩んでいた場合は、途端に成績が向上する可能性は高いでしょう。
    しかし、初心者がゲーミングマウスを購入したからといって、すぐさま成績が伸びるというわけではありません。

    成績に反映されるのはあくまで本人の技量です。
    ゲーミングマウスはその技量を最大限に発揮できるように、補助してくれる道具というわけです。

    Amazon&楽天のゲーミングマウス人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    ゲーミングマウスで快適なゲームプレイを!

    ゲーム ゲーマー

    今回はゲーミングマウスについて説明してきました。
    とにかく慣れない専門用語が並ぶゲーミングマウスですが、自分がプレイするゲームジャンルにあわせれば見るべき点は多くありません。
    候補を絞るのも比較的簡単にできます。

    予算に余裕があるのであれば、センサーにも目を向けるとよいでしょう。
    基本性能を支える部分とはいえ、優れたセンサーを持ったゲーミングマウスは、ユーザーの思い通りにパソコン画面上のポインタを動かすことができるため、非常に快適です。
    あとは本記事のおすすめ商品などを参考にすれば、ゲームが快適にできる自分にあったゲーミングマウスを、簡単に選ぶことができるでしょう。

    【あわせて読みたい】パソコン周辺機器に関連するおすすめ記事はこちら

    タイプ別モニターアームおすすめ人気ランキングTOP15!デュアルモニターから27インチ以上対応品も【2018年最新版】

    2018.08.24

    ネットワークハブおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.02

    SSDおすすめ人気ランキングTOP10!外付け用も【2018年最新版】

    2018.07.27

    HDMI-USB変換アダプタおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.22

    HDDおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.23

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤堂泰寛

    元IT管理部

    サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
    パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。