ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • サイズを確認
      →例えば、ダイワとアブガルシアでは4,000番以上、シマノは6,000番以上の中~大型のリールを選択。
    • 強度をチェック
      →多少の重くても強度重視の素材が使われているものを選ぶ。
    • 対応するラインを確認
      →PEラインの3号以上が巻けるリールがおすすめ。
    • ドラグが強く掛けられるものを選択
      →まったくラインが引き出されないと釣り人側の負担も大きくなりがち。
    • ハンドルノブのサイズも大切
      ハンドルの部が大きければ巻き取りの力をしっかりと込められるのでおすすめ。
    リール

    ショアジギングは岸から船で使うような重たいメタルジグを遠投して行う釣りで、大型のフィッシュイーターを狙うことができるのが大きな魅力。
    メタルジグを投げる距離は慣れてくると100メートルに近く投げる人もいるほどショアジギングはダイナミックな釣り方です。

    ショアジギングで使うタックルは岸から使う場合、長さやパワーが最大クラスのものを使いますが、なかでも重要な部分となってくるのがリールでしょう。

    本記事では、釣り歴20年以上となる筆者がその経験を踏まえてショアジギングリールの選び方からおすすめ商品、使うときの注意点にいたるまで入念に解説していきます。



    ショアジギングリールとは

    釣り人

    ショアジギングで対象となるのは、ブリやヒラマサなどの「青物」と言われる大型の魚たちです。
    青物は常に回遊している魚たちであるため、ヒットしたときには強烈な引きを見せてくれます。

    青物は掛かった瞬間から力もスピードも手加減のない「ファーストラン」と呼ばれる引きをしてきますので、巻き取りにパワーがあるリールでないと引き寄せることも難しく、強度のないものでは壊れてしまうことさえあります。

    このような魚の強い引きに対応していくために、ショアジギングで使うリールに関しては、巻き取りの強さ、全体的な強度を重視して選ぶ必要があります。
    具体的な選び方については以下で解説していきますので、参考にしてみてください。

    【こちらもCHECK】ショアジギングに関連するおすすめ記事はこちら

    ショアジギングルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.08

    ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2017年最新版】

    2017.12.08

    ショアジギングリールを選ぶときの5つのポイント

    ①巻き取りにパワーがある大型のリールを選ぶ

    リール

    リールはサイズが大きくなればなるほどパワーがありますので、ショアジギングリールは各メーカーにラインナップされている中型から大型に分類されるものを選ぶとよいでしょう。
    また、ショアジギングリールは重心がロッドの下側にあり、トラブルが起きにくいスピニングリールが使われることも知っておきましょう。

    ショアジギングリールは数字によって大きさが表示されていて、具体的なメーカーごとの適した大きさを挙げると、ダイワとアブガルシアでは4,000番以上、シマノは6,000番以上のものを選ぶとよいです。

    大きくなるにつれて重量も上がっていきますが、使うタックルを考慮すると重めのほうがバランスが取りやすいのであまり気にしなくてよいでしょう。

    ②強度のある素材を使用したリールを選ぶ

    釣り人

    ショアジギングリールを始めとしてリールのボディにはアルミやカーボンが適材適所で使われており、外からは見えない内側のギヤ部においても、さまざまな素材が使用されています。
    ショアジギングリールにおいては、ボディーやギヤに強度の高いアルミや亜鉛が使われたものを選ぶのがおすすめ。

    現在のリールでは軽さを追求したものが多いですが、軽いものだと強い負荷が掛かったときに歪みが生じることがあり、最悪の場合、ロッドとの付け根部分であるリールフットが折れたり、魚が掛かっているときに巻き取りができなかったりということもあります。

    ショアジギングリールにおいては、多少の重さがあっても強度重視の素材が使われているものを選んでみてください。

    ③3号以上のPEラインに対応したものを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) PEライン UVF ソルティガセンサー 8ブレイド+si 300m 3号 40lb マルチカラー
    ダイワ(Daiwa) PEライン UVF ソルティガセンサー 8ブレイド+si 300m 3号 40lb マルチカラー

    ショアジギングでは大型の魚にあわせてとても強度のあるラインが使われ、その素材はPEが主流となっています。
    ショアジギングリールにおいては、スペック表を確認して、PEラインの3号以上が巻けるものを選んでみてください。

    青物は岸から離れた場所で掛かることが多く、そこからラインを簡単に引き出されることも多いので、最低でも200メートルのキャパシティーを持った3号のPEラインが安心です。

    ④ドラグが強く掛けられるものを選ぶ

    釣り人

    ショアジギングリールでは、ドラグが強く掛けられるものがおすすめです。
    ショアジギングの主な対象となる青物は、ヒットすると「根」と言われる岩場に潜り込んでラインを切って逃げようとしますので、そこに行かないように引きを止める必要があります。

    しかしショアジギングで使うロッドは長いものが多く、負荷が掛かると手元への負担はかなり大きく、まったくラインが引き出されないと釣り人側の負担も大きくなります。
    そのため、釣りをする前にタックルをセットしてどれだけの負荷に自分が耐えられるかを確認しておくとよいです。

    タックルをセットしてラインの先を絶対に動かず外れないものに固定して引っ張り、限界よりも緩めにドラグをセットして使ってみてください。
    釣り場では足場が悪いことも多いので、平坦な場所で引っ張る限界点よりも緩めにセットするのがおすすめです。

    ⑤大きなハンドルノブがついたものを選ぶ

    シマノ リール 夢屋 アルミラウンド型 パワーハンドルノブ グレー Mノブ TypeA用 26835 パーツ
    シマノ リール 夢屋 アルミラウンド型 パワーハンドルノブ グレー Mノブ TypeA用 26835 パーツ

    ショアジギングリールでは巻き取りの力をしっかりと込められる大きなハンドルノブがついたものを選んでみてください。
    ショアジギングリールでおすすめのハンドルノブの形状としては、丸い「ラウンドノブ」と卵型の「パワーノブ」があります。

    ラウンドノブは握りこむ方向がどこからでも同じためアクションがしやすく、とっさに手を掛けたときでも掴みやすいのがメリット。
    一方のパワーノブは握りこむ方向が制限されますが、より手にフィットしやすく力を入れやすい利点があります。
    どちらのハンドルノブの形状にもメリットがあり、オプション品や互換性のあるパーツで交換することができるリールも多いので、まずはどちらか決めて購入してみるとよいでしょう。

    ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはショアジギングリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がショアジギングリール選びのポイントを踏まえ、各メーカーからセレクトしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 アブガルシア オーシャンフィールド5000

    自重:381グラム
    ギヤ比:4.8
    ライン巻糸量:PE3号240メートル

    ワンピースボディーで高強度なショアジギングリール。
    ボディーカバーを本体に一体化することで強度を高め、巻き取りの中心となるドライブギヤを1部品でサポートしているので、巻き取りのブレが発生しにくく巻き取りやすいのが特徴です。

    負荷が掛かってきやすいベアリングには高性能耐食性素材を採用して耐久性を高め、快適な巻き心地を実現。
    替えスプールも付いていて、お得感もあります。

    9位 シマノ 16 ステラSW 6000XG

    自重:440グラム
    ギヤ比:6.2
    ライン巻糸量:3号300メートル

    シマノの技術が結集されたハイエンドショアジギングリール。
    ハンドルを回したパワーをしっかりと伝達するギヤは、滑らかな巻き心地を保ちつつも安心できる巻き取りが可能となっています。
    ショアジギング上級者の方にぜひ使ってもらいたいアイテムです。

    8位 ダイワ 14 ソルティガ エクスペディション 5500H

    自重:635グラム
    ギヤ比:5.7
    ライン巻糸量:5号350メートル

    ダイワ独自の流体磁石で防水する「マグシールド」機能を各所に使用したモデル。
    リールの中心軸であるメインシャフト部はもちろんのこと、ラインローラー部やボールベアリングにまでマグシールドを使ってあり、簡単に浸水しないため回転性能が非常に落ちづらいです。

    ボディーやギヤ部も最高強度のものが使用されており、安心して釣りができるダイワのハイエンドモデルです。

    7位 シマノ 14 スフェロス SW 8000PG

    自重:750グラム
    ギヤ比:4.9
    ライン巻糸量:3号410メートル

    コストパフォーマンスに優れながら、ボディーはIPX8相当の高い防水性能を備えています。
    ネジ込み式ハンドルを採用することで、ショアジギングで必要となる強いハンドルの固定力を実現。
    エントリーモデルとしておすすめのリールです。

    6位 ダイワ 16 BG 5000H

    自重:625グラム
    ギヤ比:5.7
    ライン巻糸量:4号400メートル

    アルミボディーに大口径のドライブギヤを搭載しているので、歪みが少なく巻き取りのパワーは抜群です。
    コストパフォーマンスが高く、ショアジギング入門者におすすめのリールとなっています。

    5位 シマノ 15 ツインパワーSW 6000PG

    自重:425グラム
    ギヤ比:4.6
    ライン巻糸量:4号240メートル

    シマノのショアジギングリールの中でパワーと耐久性を最も重視したモデル。
    従来品ではハンドル軸に備わっていたワッシャーをなくしてパワー伝達効率を向上させ、ハンドルノブ部分は番手ごとに最適な素材を使用してあります。
    過酷な使用にも耐えてくれるタフなリールです。

    4位 ダイワ 15 ヴァデル 4000

    自重:415グラム
    ギヤ比:4.9
    ライン巻糸量:3号250メートル

    上位モデルと同様のボディーを採用しているショアジギングリール。
    「スーパーメタルボディ」によってボディーの歪みを抑え、ギヤ部にも高強度な亜鉛を採用することでパワー向上を図ってあります。
    ショアジギングに必要な性能を持ちつつ、コストは抑えられているのが魅力的。

    3位 ダイワ 16 キャタリナ 5000

    自重:605グラム
    ギヤ比:4.9
    ライン巻糸量:4号400メートル

    ハイエンドモデルに匹敵する機能が満載のショアジギングリール。
    水が浸入する可能性が高いメインシャフトとラインローラー部にダイワ独自の防水技術「マグシールド」を採用し、防水性とともに回転性能もアップさせてあります。
    スムーズながらしっかり効くドラグも、ファイト時に安心できる仕様となっています。

    2位 シマノ 16 バイオマスターSW 6000HG

    自重:450グラム
    ギヤ比:5.7
    ライン巻糸量:3号300メートル

    人気の高いバイオマスターシリーズをソルトウォーター仕様にしたショアジギングリール。
    高強度ボディーのほか、高い性能を意味する「X」を冠したXプロテクトやXシールドを搭載しています。
    魅力的な機能を数多く搭載した、安心して使えるミドルクラスのリールです。

    1位 ダイワ 16 ブラスト 5000H

    自重:630グラム
    ギヤ比:5.7
    ライン巻糸量:4号400メートル

    ダイワが持つ技術を数多く取り入れたミドルクラスのショアジギングリール。
    「マグシールド」で水や埃の浸入を防ぎ、「エアローター」で立ち上がりが速くブレの少ない巻き取りを実現しています。
    ハンドル1回転あたり最大120センチの巻き取りができるのも大きな魅力です。

    ショアジギングリールを使用するうえでの5つの注意点

    ①指を保護するグローブを使う

    シマノ グローブ XEFO・1.5mmクロロプレンEXS 3カットロンググローブ ブラック XL GL-279P
    シマノ グローブ XEFO・1.5mmクロロプレンEXS 3カットロンググローブ ブラック XL GL-279P

    ショアジギングリールを利用する際はグローブを使うようにしましょう。
    ショアジギングリールはスピニングタイプで、キャストするときには人差し指でラインを拾ってから投げますが、重たいメタルジグを使うため、キャストの瞬間に強い負荷が指に掛かります。

    繰り返し指を保護せずキャストしていると指が途中から擦れて釣りが難しくなってしまいます。
    また、ショアジギングをするときには岩場を移動したりすることも多く、そういった移動中の怪我もグローブをしておくと防ぐことが可能。

    指を保護するツールにはフィンガーガードというものもありますが、ショアジギングにおいては手全体を保護できるグローブをおすすめします。

    【こちらもCHECK】釣り用グローブに関連するおすすめ動画はこちら

    ②ベールの向きに注意

    リール

    ショアジギングリールでキャストするときには、ベールの向きに注意しましょう。
    ベールとはスピニングリールでラインを巻き取るためのパーツで、キャストするときにはこれを起こしてラインが放出されるのですが、向きが悪いと投げたときの衝撃でベールが戻ってしまうことがあります。

    ベールが戻ってしまうとラインの放出が止まるので、衝撃でラインが切れてしまったり、重たいメタルジグが自分に向かって飛んできたりして、非常に危険です。

    キャストするときのベールの向きは「ラインローラー」がリールの上側にある状態で起こして投げるのが基本。
    また、価格が安いショアジギングリールになるほどベールのストッパーが弱く、キャストの衝撃で戻ってしまう傾向があるので、できるだけ予算内で収まる高価なモデルの購入をおすすめします。

    ③ハンドルはしっかり固定しておく

    リール

    ショアジギングリールではハンドルをギヤに直接固定するものが多いですが、ハンドルの締め込みは1度行ってからもう1度行って、しっかりと固定するようにしましょう。

    実際に釣りをしていて起きがちなのが、魚がルアーに喰い付いた瞬間にロッドをあおって自分に引き寄せたときに、リールのハンドルが緩む方向に力が掛かってハンドルが外れてしまうことです。

    ハンドルをしっかりと締めこんでおくとともに、ロッドを自分に引き寄せた際にハンドルが緩む方向に力が掛からないように意識するとよいでしょう。

    ④リールのパワーに見合うロッドを使う

    リール

    ショアジギングではリールのパワーが重要であるとともに、それに見合うロッドを使うことも大切です。
    ロッドは魚の引きを受け止めたり、手の延長として重たいルアーを投げたりする役割があり、リールとのバランスが取れていないとどこかで不都合が生じます。

    ショアジギングにおいては9~11フィートの長さがあり、ヘビー以上のパワーを持ったロッドを使うようにしましょう。

    ⑤ラインブレーカーを用意しておく

    第一精工 ラインブレーカー10cm
    第一精工 ラインブレーカー10cm

    釣りをしているとどうしても底の岩などに引っ掛かってしまうことがあります。
    引っ掛かったときにはロッドであおると折れる可能性があるほか、最も力が集中するようにラインを真っ直ぐ引っ張ると自分に向かって重たいルアーが容赦なく飛んでくることもあり、大変危険です。

    そのため、ルアーが引っ掛かることを想定して「ラインブレーカー」と呼ばれるツールを持っておくことをおすすめします。
    ラインブレーカーを使うことによってゆっくりと力を掛けやすくなり、ルアーの針を伸ばして回収しやすくなりますので、一つ持っておくとよいでしょう。

    ショアジギングリールで大型魚を手にしよう

    魚

    ショアジギングリールを使った釣りでは、ときに1メートル以上、重さにして10キロを越えるような大物が掛かることもあります。
    船からではなく岸から大物が掛かったときは嬉しさもひとしおですが、キャッチするまで気が抜けないので少しでも有利にやり取りができるよう、パワーのあるショアジギングリールを使うことが大切。

    リールは価格が上がるとともに耐久性や性能が上がるものなので、予算内ぎりぎりの高価なモデルがおすすめです。
    本記事を参考にショアジギングリールを選び、大物を狙って釣行してみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り具に関連するおすすめ記事はこちら

    エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

    ショアジギングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.19

    釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

    2018.03.16

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15

    電動リール用バッテリーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.08